とりあえず分解する、DAHONカスタム2017その2

DSC09446_2017111009475028f.jpg

前回の開封、撮影の続き。
カスタムベースとして最適か、DAHON Vitesse D8、DAHONカスタム2017その1

さて完成車なのでこれでそのまま乗れるけれど、
そのまま乗るわけが無い。

まずは分解しよう。
クランクから。

DSC09448_201711100947527f8.jpg

久しぶりにコッタレス抜き工具を使う。
この手のスクエアテーパークランクを取り外す時しか使わない工具。
使用頻度少ないのに専用工具が必要なのはめんどいね。


DSC09449.jpg

締め込むと外れるって言う構造。
良く理解してないけど不思議な感覚。

DSC09450.jpg

外れた。

DSC09451.jpg

ドライブ側も固定ボルトを外してからクランクを抜く。

DSC09452_20171110095211939.jpg

こちらも問題無く外れた。

DSC09453.jpg

難しいのはここからかね。
BBがこのタイプは、中々うまく外れない場合が多い。
特に古いものだと固着してたり、逆に新しいものは無駄にきつく締まっている場合が多い。
これもスプロケット外しに使う工具の反対側のカギ爪で左回りで緩む。

DSC09454_20171110095353b26.jpg

ここは簡単だった。
マイナスドライバ-とかでこじっても外れるかも。

DSC09455_20171110095354533.jpg

問題はドライブ側のBBだ。
この楕円の薄いBB受け。
なんでこんなもんが未だに使われてるのか疑問だわ。
外しにくいことこの上無い。
これも専用工具を使うのが一番良い。


DSC09456_201711100953565fa.jpg

ちょっと写真が悪い。
実際は右上に工具の手が来てる様に固定するといい。
ドライブ側のBBが緩むのは時計回りなので逆ネジだから。

この手の硬いけどかかりが薄い部分のネジを外すポイント、
それはしっかり固定と瞬間のインパクトな力とテコの原理。
今回は養生テープでしっかり工具を固定しつつ、
トンカチを使った。

取っ手部分を右上になるように固定して、
養生テープの上から手でしっかり外れない様に抑えておき、
右手でトンカチを使って取っ手部分をコツコツ程度に叩く。
決してドッカンドッカン叩く必要は無い。
微振動を与える感じでコツコツコツって感じ。

DSC09458.jpg

これで外れる。
細かい振動ってインパクトドライバーやドリルと同じ原理だけど、
フォローテックBBなどでも硬くしまったものもこの方法で大体外れる。

まずはクランクとBBを分解出来た。
さて、
続く…



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ROSWHEELの激安大型サドルバッグも買ってみた

IMG_2799.jpg

夏前に通常サイズのサドルバッグを買って使っている。
夏はツーボトル携帯したいので、ROSWHEELのサドルバッグ

それと同じく、
流行りのバイクパッキング向けな大型サドルバッグもあったので、
買ってみた。
ROSWHEEL 131414 Water-resistant 8L Bicycle Tail Bag - BLACK(.gearbest.com)

これもフードポーチと同じでいつの間にか湯水の様に各メーカーが出し始め、
安いものから高いものまでいろいろ。
これは安い方のものだ。

IMG_2798.jpg

黒いビニール袋の中に、
透明なビニール袋に入っただけで届く。
まあそんなもんよね。

IMG_2800.jpg

50cm定規を充ててみる。
ロールアップ式なのでそれを考えると収納分の長さがそれくらい。

IMG_2801.jpg

後方にはクリップ式の尾灯を付けられる部分あり。
その上にジッパー収納がある。
カードなどの小物入れ向き。

IMG_2803.jpg

中はブルーの布で、
中身が見えやすくなっている。

IMG_2804.jpg

完全にロールアップを最大にするとこんな感じ。
中身が入って無い状態だと、
やはりこの手のバッグは不格好だな。
つまりそう言う使い方が前提とされている。
(ある程度中身を入れて成形して取り付ける)

IMG_2805.jpg

底側から見ると、
U字に厚手の支えがあるので、
そこまで完璧にパッキングはしなくても大雑把でも大丈夫そう。
泥除け代わりになる様な素材が張られている。

IMG_2806.jpg

オルトリーブのサドルバッグLと並べる。
ロールアップいっぱいにしたら同じくらい。
なので後方にさらに詰め込める分容量が大きい。

IMG_2807.jpg

重量は344g
思ったより軽い。
全てベルトで固定するだけなので、
ブラケットを必要とするオルトリーブのサドルバッグより簡単かもしれない。
少し荷物がかさむ、
オルトリーブのじゃちょっと足りないくらいならこれでも行けそうだ。

問題は…
何となく衝動買いしたので、
今のところ使う機会が無いところか。
これが2000円しないんだからまあいいけどね。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

Z会、Zwiftグループワークアウトで別府史之と

2017-11-08_1953471.jpg

久々の2部練でZwift。
なかなか開催されてもタイミング合わなかったフミとのグループライド、
今回は参加出来るのでやってみた。

今回は新しく実装されたグループワークアウト機能を使ったグループライド。
てっきり通常のグループライドかと思ったらしっかりインターバルも設定されてて気合が要る。

出走前ですでに300人近く待機中。
左上にワークアウトメニューが出ているんだけど、
FTPを基準にしてるから赤ラインがきつい。
10秒600Wとか?
リカバリーの気分で居たから90%に下げた。

humi.jpg

今回もYouTubeでライブしてるけど、
例によってタイムラグがあり過ぎて見てると出遅れる。
実際はスタートしてからYouTubeの方は1分遅れてスタートしている。

2017-11-08_2002465.jpg

こんな密集してると処理落ちも酷いな。


2017-11-08_2003006.jpg

最初はウォームアップだから余裕過ぎるんだけど…
上限を考えると下限はこうなってしまう。

2017-11-08_20114716.jpg

登り区間でワークアウト開始。
ちょっといきなり上げ過ぎなんだけど。
当然こっちは270W程度の区間だけど、
フミは確か400W設定でそうするとどんどん先行される。

2017-11-08_20361821.jpg

遺跡区間に入る前に、
もうフミグループからかなり遅れてしまって諦めた。
ターゲットがミドルで100W台だけどちょっと頑張って200W維持を続けてみた。

2017-11-08_20465322.jpg

そうすると遺跡区間を抜けて滝を通過した辺りで、
イエローの柱が見えて来た。
多少下がってくれたみたいで無理かと思っていたフミグループに追いつく。

2017-11-08_20532823.jpg

最後は追い抜いてしまって、
火山区間内でワークアウトメニューは終了。
フミからありがとうのメッセージ。

2017-11-08_21224025.jpg

リカバリー程度で参加するつもりが、
がっつりトレーニングになってしまった。
スタートする時に扇風機回すの忘れて汗の水たまりがすごい。
片付けが大変だった。
レースとかグループライドは一度遅れると復帰はほぼ無理なんで、
次からは準備をもうちょっと余裕持ってやらんと駄目だね。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

Z会、Zwift ロンドンコースのペイントマークって?

2017-11-08_1123395.jpg

今朝は雨のためZ会。
Zwiftコースのロンドンってテムズ川沿いに走るとこんな感じでブルーラインがある。
自転車通行帯って言うのね。

ふと、おやっと思ったのはマークが人のマークな事。
実際の場所を見るとちゃんと自転車マークだった。



これってどう言う意味なんだろう。
Zwift世界では当然自転車しか走らないから、これは歩道って事?
確かにランしてる人は居るけど。

2017-11-08_1056553.jpg

ぐるーっと走って上って下りはフルーム乗り。
上ってる時は土砂降りだった。

2017-11-08_1124226.jpg

ロンドンコースの時ってルートの重なり具合と言うか、
山岳部分が短いから他の走者と重なって人が多く感じるね。

本日はデッドプール。
マーブルだけどギャグ?より。アメリカン・ジョークと言うか、
結局最後は肉弾戦かよって。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

2着目のキャノンボールジャージを注文した

IMG_3647.jpg

キャノンボール、
それは東京-大阪間を24時間以内に自転車で走破するチャレンジ。
そんなチャレンを知ったのは、
2011年くらいの頃だったか。
そして実際に走って達成したのが2013年の話。

その2013年に着て走ろうと思ったのがこの1着目。
しかしぎりぎり挑戦日に間に合わず受け取ったが達成した月末だったかな。
そのジャージがついに再販される。

Cannonball Jersey Purchase Form
購入応募フォームはこちらから。(犬速さんによる)

IMG_3648.jpg

実はこのジャージ結構気に入っていて、
着用率高いから結構へたって来てしまったので今回も購入させて頂こうと思う。
このバックプリントを見ると、
ルートは京都廻りなんだよねえ。550kmだし。

正直な話、
過去の自分は今は昔、
それでも何か気合入れて走りたい時にはこのジャージ。
そんな風に着用するのもありよ。
巻きますか巻かれますか?

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター