FC2ブログ

Z会、Zwiftで世界選手権2018年コースのオーストリア・インスブルックのんベー滝

2018-08-12_10431340.jpg

やっとこないだ、
Zwiftの新コースであるオーストリア・インスブルックを走れた。
今年の世界選手権のコースを先取りって言うコース。

Zwiftは中々面白いことやってくれる。
多少値上がりもやむなしと言う感じか。

2018-08-12_10064511_clean.jpg

スタートは市内中心部から。
町中をパレード的に走って徐々に郊外へ。

2018-08-12_10074114.jpg

山に向かう境目で高速道路と鉄道が走っていて、
丁度その高架下を抜ける。

2018-08-12_10075716.jpg

高速道路沿いと言えばそこそこ上っているか下っているか。
アップダウンもある感じ。
ちゃんと高速道路を車やトラックが走っている。
車種は似たようなののループだけど。

2018-08-12_10172122.jpg

高速側道から離れて山岳区間へ。
そうするといっきに山の地域って感じに変わるね。

2018-08-12_10245125.jpg

10%超えの区間が後半になると続くので結構きつい。
実際の世界選手権ではこれを何周?7周とかだっけ。
上れる選手じゃないと厳しいね。

2018-08-12_10415333.jpg

そしてKOM地点の手前にんべーの滝。
これはZwiftのお遊びか?と思ったら実際にあるものらしい。
(と言ってもここには無い。市内のスワロフスキー記念館みたいなところのエントランスにある。)


2018-08-12_10422938.jpg

まず、
記念撮影するよねー。

2018-08-12_10451542.jpg

そして下って行く。
また市内に戻る。

2018-08-12_10521547.jpg

そして鉄道の上を通過。
ちょっとした鉄分補給スポットもある。

2018-08-12_11020757.jpg

山岳鉄道の下も通過するぞ。
こんなネオンもあるのかな?

2018-08-12_11062562.jpg

そして市内に戻ってフィニッシュ。
撮影したりしてて結構時間かかった。
頑張って走れば1時間以内?
速い人なら50分は切るのかな。

これを7周?いやー無理だわ。
実際に走る世界選手権はまた過酷そうである。
Zwift上ではやる人居そうだけど。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

奥琵琶湖のメタセコイア並木と南草津でDNF、DAHON輪行サイクリング

IMG_5458.jpg

今年の夏休みは、
完成したDAHON boardwalkでどっか行きたい。
暑いから乗鞍かーと思ったが天気予報が芳しくない。
そうだ琵琶湖方面で行きたいところがあった。
琵琶湖も久しぶりなので晴れ予報の初日に行こう。

始発が全てと思ったが乗り換えが少なくて済むので1時間後の列車で。
ミニベロならそこまで気を使わなくていいからね。

P1040762.jpg

2時間半電車に揺られてここからスタート。
米原発。

P1040764.jpg

まずは琵琶湖に向かって西へ。
結構路肩に自転車ナビラインがあって快適に走れる。
車も少ないし思ったより暑く無い?

P1040766.jpg

わー琵琶湖めっちゃ広い。
晴れているとこんなにすっくり見えるんだ。

P1040770.jpg

さあてとここからスタート。
と写真を撮影していたらちびっこがたくさん自転車で通過していった。
何か自然体験何とかの会で琵琶湖を北上しているみたい。

P1040779.jpg

とりあえず邪魔にならない様にこちらは車道をささっとしばらく北上する。

P1040781.jpg

お、大仏が。
反対側だったのでうーんとなったが気になる。

P1040786.jpg

まだ序盤で元気なので気になるスポットは見ておきたくなる
びわこ大仏。
大仏と言う割には小ぶりな方ね。

P1040789.jpg

さっきのちびっこ達に追い越されて長浜城。
今日は遠方に雲が多いな。
こんな日はずっと日が出て暑くなる。

P1040792.jpg

しかしこの時点では湿度が思ったほど無くて、
暑いけれどすっきりしていた。
景色が最高過ぎて中々進まない。

P1040797.jpg

琵琶湖周辺は広い敷地もあって工場も多め。
ひときわ煙突が目に入って止まってしまった。
まぶし。

P1040801.jpg

この辺からは自歩道が快適に続く。
桜が咲いている季節だと最高に良いロケーションの小道。

P1040806.jpg

琵琶湖側ばかり目が行ってしまうが、
反対側の田んぼ風景も好み。
この広がっている風景はいい。

P1040811.jpg

みずどりステーションの手前、
ピンクの花が目に入った。
何と蓮の花が見頃になっていた。
こんなところにあったんだ。
しかも季節的に今でも見られるとは。
反対車線でここはちょっと無理かと先へ進む。

P1040815.jpg

すると、歩道側にもあった。
丁度琵琶湖を背に蓮が入ってこっちのが最高のロケーションじゃん。

P1040819.jpg

これは素晴らしい。
同じく写真撮っている人も居た。
真夏に琵琶湖に来た事が無かったのでこれは知らなかったなあ。

P1040824.jpg

しばらく走ると歩道が終了。
そうだ思い出した、この旅館で途切れるんだった。
手前に車道へ気をつけてと看板案内があったのに、
毎回先端まで来てしまって自転車持ち上げる羽目にはるのも同じ。

P1040808.jpg

そして、
ここで最初の失敗。
あ、尾灯が無い。
ここまでの間で落としたらしい。
ついさっきかと思って数Km戻ってみたが見つからず。ああもったいない。

P1040830.jpg

その先のトンネルがあるのだが、
当然尾灯が無いんじゃ反対側の歩道を行くしか無い。
ビワイチナビにも歩道推奨と案内あるけどね。

P1040831.jpg

しばらくは余呉川沿いを走って、
交通量が増して来た。
さていつもの賤ヶ岳トンネル回避ルートの交差点まで来た。
が、
ここで失敗その2。
うううん?看板が気になる。
ビワイチサイクリストは国道8号を行って下さいだと?

P1040834.jpg

何と賤ヶ岳の旧道トンネルが土砂崩れで通行止め。
定番の旧道からの景色を見ながらのトンネル回避が出来ない。
昨年のブルベでは国道8号の賤ヶ岳トンネルを通過したが、
反射ベストも明るい尾灯も無い状況であのトンネルを通過しろと言うのは無理な話。

さてどうするか。

IMG_5465.jpg

とりあえず東へ踵を返す。
木ノ本のこちらへ。
サラダパンとドリンクをゲットしておいた。

IMG_5466.jpg

そして木ノ本駅へ。
何のためのミニベロだ。
輪行が気軽に出来るからこそだ。

IMG_5467.jpg

電車待ちでサラダパンを補給。
実は初めて食べたけど、これいけるね。
たくわんってどうなの?て思ったがうまい。

IMG_5470.jpg

マキノ駅までワープ。
余呉湖もちょっと気になったけれど少し疲れたのでさっさとこちらへ。

P1040844.jpg

さてマキノ駅から北上、
川沿いにサイクリングロード?
気になるけどここから少し先へ。

P1040845.jpg

なるほど、
ここがメタセコイア並木か。
ひっきりなしに車に自転車にバイクが行き交う。

P1040848.jpg

遠くの山並みもいい。
こちら側に歩道もある。

P1040854.jpg

個人的には歩道の方が良さそうだな。
誰も走っていないし静かだし。

P1040858.jpg

ちょっと反対車線の歩道側から。
このアングルなら安全か。

P1040893.jpg

メタセコイア並木ばかり目が行くが、
遠くの山脈も気になる。
琵琶湖大回りなんてのもあったな。
こうやってみると高原とあったしマキノ高原も良さそう。

P1040902.jpg

凸凹だから歩道は走りにくい。
レストランがある辺りから少し先に行くと下っている並木が。
ここが良く見るスポットか。
でも普通に車道で危ないな。

P1040915.jpg

やっぱり自分はこっちの田んぼ風景に癒やされる。
写真映えは分かるがさすがに車道を行ったり来たりは危ないな。
正直あれを見てしまうと気持ちも冷める。

P1040933.jpg

さてメインのメタセコイア並木を後に、
そこを通過して行くか?と言うともう結構と言う気持ちなので、
一本横の道を戻って行く。
地元民は多分こっちを走るんだろうね。

P1040935.jpg

お寺の横を通過して川がある方へ行くと、
ここにも並木道があった。

P1040939.jpg

何ここ、凄く好みだ。
静かで誰も居なくて涼しい風だけが抜けて行く。
川では釣りと川遊びをする人が居る。

P1040955.jpg

ああ、
ここで椅子でも置いて読書したい。
そんな静かな場所が目と鼻の先にあったのだ。

P1040972.jpg

そして川沿いがさっき橋から見たサイクリングロードか。
ここを走る方が絶対楽しい。

P1040966.jpg

さすがに遮るものが無いので暑いけど。
こっちを走ってまたマキノ駅へ戻る。

P1040974.jpg

またマキノ駅に戻って来た。
さてまた輪行するかと思ったが、
時刻表を見てまた失敗だ。
片隅に覚えていたはずだったが1時間に1本しか無いんだった。
毎時51分初、到着したのが53分。あー1時間待ち。

待ちぼうけはもったいないと思ってしまったので、
なぜかここから自走して戻る。

P1040976.jpg

マキノビーチから奥琵琶湖沿いを走る。
逆走になるので、
すれ違う自転車ばかりだ。
そして金の門のお寺?

P1040980.jpg

奥琵琶湖らしい風景。
しかし気温がかなり高くなって来て暑い。

P1040985.jpg

めっちゃ雲がもくもくしている。
そしてドリンク枯渇。
奥琵琶湖パークウェイは行けないからトンネル方面へ行かないといけないが、
そこからそもそも旧道を超えられないのでは?
だから輪行したのに。
だんだん暑さで思考もおかしくなって来た。
やばいと思ったら駅が見えて来た。

P1040992.jpg

こんだけ走って永原駅だと。
1駅走っただけじゃん。
結局時間を見ると20分待ちで次の電車が来る。
マキノ駅で1時間待つのも、ここまで走ったのも同じだったわけか。

IMG_5477.jpg

さて電車に乗って、
しばし考えた。
ちゃんぽん食べたかったが食べてると次の目的地までの時間が無い。
直通で行けばギリギリか?
それを狙ってとりあえず行ってみるか。
到着したのが南草津駅。
時間は既に14時半を回っていた。

もう一つのメインに据えていたのは、
ミホ・ミュージアムへ行きたかった。
しかしこの暑さと山岳コースの片道24km。
どうなんだ?

P1040993.jpg

結構な町の南草津を抜けて立命館大学方面へ。
高速道路沿いに見慣れたフォントを見た。
パインアメの工場だ。

P1040995.jpg

さらにイサム塗料の工場も。
この車体の塗装でお世話になっています。

P1040994.jpg

大学があるだけに歩道は広い。
自歩道だけど、
交通量の多い車道を避けてこっちを行く。

IMG_5479.jpg

体力的にきつくなって来て、
しかも上り貴重な方向へ。
走っていると何か後輪付近からカタカタ音が。
まさかホイールがあかんのかと思ったらスタンドが緩んでいた。
締めようにもこのサイズの工具無い。
外すしか無いか。
結構きつめの締めたはずなのにまた失敗。
バックパックで来ておいて良かった。しまう場所が無いと困るところだ。

P1040998.jpg

田舎道に入って川沿いをまた微妙に上って行く。
路肩が余り広く無い上に地元やらトラックやら抜け道らしく交通量が多い。
スタンド外れとかトラブルもあったし補給もまともにして居なくて、
ドリンクもすでに無くなりつつあった。
対岸にレトロ発電所が見えて来たので橋で止まる。

IMG_5480.jpg

地図で確認。
時間も15時22分。
まだ半分も来てねえ。
左上のフラッグがミホ・ミュージアム。
閉館が17時で16時半が入館リミット。
ここからさらにヒルクライムコース。
この暑さ、補給無し、しばし考えた。
潮時か。

P1050002.jpg

ミュージアムを諦めた。
ここで戻る事にした。
真夏に前半をそこそこ走った上に道も厳しい。
これは無理だった。

当初の計画通りに進まないのも旅の醍醐味。
真夏の暑さもまた無理出来ないし撤退も仕方ない。

IMG_5482.jpg

大学の通りの前から見える入道雲は少し夏の終わりが垣間見えた。
ミニベロでロードみたいなイメージで走っては駄目だ。
全く進まないし、今年の暑さはさらに異常だしトラブル続きだったし。

IMG_5486.jpg

南草津駅に戻った。
今回の目的は未達だったが今日のサイクリングはこれにて終了。

IMG_5487.jpg

電車待ちで飲んだマッチは最高にうまかった。
長い長い電車移動に疲れながらも今回はこれにて終わり。

P1050014.jpg

帰宅の時に見えた夕日がやっぱりきれいだった。
行きたかった場所はまたの機会に。

本日71km。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

DAHON boardwalkカスタムでシフターとディレイラーはアルテグラR8000、DAHONカスタム2018その10

DSC01033.jpg

さて、
長く続けて来たDAHON boardwalkカスタムも大詰め、
残るはドライブトレインの組み立てのみ。

前にスプロケを11-30Tにしたと書いたが、
それがRDをアルテグラR8000のRD-R8000-SSにしたので。
11-32TだとGSにしないといけないが30TまでならSSで行ける。
ロングケージだと擦りそうだしそこまで要らんだろうねと。

DSC01027_20180810001300b33.jpg

そして実際にワイヤー張る前にはこれ。
boardwalkはハンガー一体だが、
念の為にハンガーの曲がりを修正。実際ほんのわずかだが修正した。

DSC01029.jpg

そう言えばシャドータイプって初めて使うかな。
リンクが2つあってぶらんぶらんしてる。
ミニベロ的には出っ張りが少なくてメリットと言えそう。

DSC01011_201808100012570d6.jpg

シフターはフラットバーなので11速フラットバー用。
SL-RS700の右のみ。
実測124g

IMG_4808_20180810001259cab.jpg

チェーンは代わり映え、
ウィッパーマンのブラックな11速用。
11速用のリンクだけ欲しかったが、
単体リンクだけ買ってもそれなりにするので結局チェーンごと買った。
そしたらこんなのがあったのでつい。

DSC01062_20180810001306267.jpg

ローで張るとこんなくらいか。
フロントシングルの時のチェーン長はいつも悩む。
ローで張り過ぎない程度でこれくらい。

DSC01059_2018081000130339d.jpg

チェーンラインはどうか。
ローでこのくらい。

DSC01060_20180810001305f8e.jpg

トップでこれくらい。
まあ許容範囲かね。

DSC01056_201808100013020c9.jpg

意外なところがギリギリ。
クランクがトップギヤでこんなところ。
大丈夫かな。

IMG_4998.jpg

ブレーキレバーの話。
テクトロ、FL750
前回には、
ブレーキ本体をTRPのCX9にした。
これは元々デュアルコントロールレバーとの組み合わせで使う引き代なので、
ブレーキレバーはロード用のこれで。
ロゴは要らんので磨いて消しておいた。

DSC01041.jpg

組み合わせてみた。
しかしこのタッチは微妙だなあ。
ぐにゃっと引き切ってしまう。
これは慣れなのか。
ショートアームのブレーキだし普通のロングアームなガツンブレーキでは無いか。

DSC01006.jpg

グリップもファブリック。
サドルと同じカラーのブルー。
そう言えばエルゴタイプのファブリックグリップ、国内で売っていないのね。
eBayにて入手。

DSC01007_20180810002435e65.jpg

ハンドルバーは前まで使っていたイーストンの軽量なもの。EC90SL
実測100g

DSC01018_20180810002436b22.jpg

ペダルはACEの着脱式に。
実はこれ軽いけど後で変えるはめに。
軽量化命ならこれはこれでありだけど。

P1020341.jpg

やっぱり最後は駆け足になった。
と言っても組み付けは一気にやっているから、
記事上では分けただけなんだけど。

さあ、
これで外は走れる状態になった。
とりあえずの完成!?


DAHON boardwalkカスタムで超軽量クランクとシートポスト&サドル&ブレーキ、DAHONカスタム2018その9
DAHON boardwalkカスタムでやばい軽量ホイールとタイヤ装着、DAHONカスタム2018その8
DAHON boardwalkカスタムでヘッドパーツ圧入とステム組み立て、DAHONカスタム2018その7
DAHON boardwalkカスタムでロゴ貼りとクリア塗装、DAHONカスタム2018その6
DAHON boardwalkカスタムでウレタン塗装!DAHONカスタム2018その5
DAHON boardwalkカスタムで塗装剥離!DAHONカスタム2018その4
DAHON boardwalkカスタムでえ?それ取っちゃうの!DAHONカスタム2018その3
DAHON boardwalkカスタムでアレも分解してしまう、DAHONカスタム2018その2
DAHON boardwalkカスタム初めが分解から、DAHONカスタム2018その1



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

20インチ折り畳み自転車用輪行袋、GIZA輪行袋16インチ用

IMG_5275.jpg

既に1回使ってみたが、
改めてこの輪行袋を紹介してみる。
もはやお馴染み過ぎて今更感が高い。

ミニベロ用の輪行袋と言えばこれである。
安いし軽いしコンパクトだから。

実は最初、
折り畳みサイズを測定して、ちょうどいい大型トートバッグを検索していた。
しかしピッタリサイズは中々無いもので、
そう言えばこれがあったと思い出す。

IMG_5274.jpg

収納袋込みで
実測281g
まあまあ軽量だ。

IMG_5271.jpg

広げると分かる特徴として、
持ちてが縫い付けられている構造。
袋式でジッパーで閉じる。

IMG_5272.jpg

横幅80cmくらい。

IMG_5273.jpg

縦幅は60cmくらい。

くらいと言うのは結構余裕がある収納が出来るので、
多少のサイズオーバーは許容出来てしまうのだ。
そこで表題のサイズである。

20インチ折り畳み自転車を入れるのに16インチ用を購入。
レビューにもある通り、
ドロップハンドルとかでも無い限り20インチ車が16インチ用に入ってしまう。
むしろ丁度いい。

じゃあ20インチ用は何用だ?となる。
つまりそれなりに大きめに作られているって事ね。

IMG_5264.jpg

電車内での収まり具合はこんな感じ。
2列シートの幅に当然収まる。
座席後列ならそのまま後ろに余裕で置ける。
やっぱり輪行はこれくらいのが心情的に楽である。
ロードは大きいから気を使うのよね。

とりあえずのミニベロ輪行にはこれでOKと言えそう。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

例のポンプが入る丁度いい大きさのポーチ、エレコムBMA-GP10BK

IMG_5077.jpg

普段の通勤DAHONでは、
サドルバッグを使わない仕様にしている。
そうするとポンプやチューブの携行は適当な袋に突っ込んで、
バックパックの奥底に入れていた。

何かしっくりくるものが無いかなあと眺めていたら、
AC電源収納ポーチが目に入った。
どうかなと……

IMG_5076.jpg

重量46gと軽量。

IMG_5078.jpg

表側は半分がメッシュ構造だった。
てっきりメッシュ地で透明な密閉されたケースかと思っていた。
濡れると当然浸水するかなこれ。

IMG_5079.jpg

外には半分の収納がある。

IMG_5082.jpg

長さはチェックしていたが、
内寸20cmあるので例のポンプも入る。

IMG_5081.jpg

IMG_5080.jpg

安定の中国製。
出来はどうかと言うと至って普通。
100均って言ってもそうかもと言える。
収納箇所はメッシュ側と反対側の両面式になっている。

IMG_5099.jpg

ジップロックの携行品をポーチへ。

IMG_5100.jpg

中身はポンプ、チューブ、携帯工具、タイヤレバー、お助けチューブ

IMG_5101.jpg

余裕で収納可能。
メッシュ側にポンプ、反対側にチューブ類を入れた。
これをそのままバックパックの一番底に入れて持ち歩いているだけ。
もともとのジップロックと何が違うかと言うと、
何も違わない。
ただ、
底に入れているので別の荷物とぶつかって袋が破れて来ていたとか、
ポーチに入ってしっくり感じるとか、
そんな感覚的、気分的なしっくりがある、、気がする。
これはこれでまあいいか。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター