DAHONのシートクランプが勝手に開いて来る件について

DSC00909.jpg

昨年末にDAHONをカスタムした際に、
差し色としてブルーのヘッドパーツとシートクランプを付けた。
ヘッドパーツはLitepro製のもので、
クランプはノーブランドのもの。
見た目はDAHON純正にそっくりだがロゴは無い。

DSC00910_201804191045062a1.jpg

シートポストもLitepro製何だけど、
これがずり落ちない程度のクランプ力で締めておくと、
じわーと開いて来てしまう。
カム形状が何か良く無いのかな。
緩めに締めると開いて来ないけれど、今度はシートポストがずり落ちて来る始末。

DSC00911_20180419104508559.jpg

切り欠き部分を移動させてみたけど、
状況変わらず。
やっぱりコピー品は駄目かな。

DSC00917_2018041910451046d.jpg

純正のブラックと比較してみて、
ぱっと見ても同じに見える。
アルミフレーム用は41mmタイプ。
カムのレバー側の厚みが若干違うか?

DSC00919_20180419104511c62.jpg

仕方ないので元から付属していたブラックに付け替えた。
変えてみて実感したが、
締め込んで行って最後にパチンと締まる感覚がDAHONオリジナル品にはある。
なるほど、
これは安心感がある。
やはり基幹部品は、オリジナル品に限るか。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

DAHONカスタム後に初めてチェーンラインの掃除

DSC00884_20180411232833edc.jpg

実はチェーンライン掃除するのが初。
今年でと言うより組んでから初。
12月始めから乗り始めているので4ヶ月くらいかな。

そもそもこの通勤DAHON、
変速を捨てたシングルフリー仕様。
ある程度のメンテナンス頻度を減らすためもある。
だから掃除頻度も余り多く無い。

DSC00886_201804112328293f1.jpg

先日桜を撮影した時にポートレートを撮影したが、
チェーン伸びてるかもと思ってチェック。
まだ大丈夫そう。
これを見るに、
先代のビテスとほんとうに数mmだがチェーンラインの長さが違うのかもしれない。
若干だが短くなってチェーンの張りが少ない様だ。
テンショナーを使わないシングル仕様なのでここは仕方ない。

DSC00885_20180411232832d7d.jpg

ところでSHIMANOのクイック、
この手のスタンドが使えない。
今回は無理やり引っ掛けているだけ。
しかしすぐ外れてイラつく。
やはりメンテナンススタンドが欲しいなあ。

DSC00887_20180411232830f67.jpg

注油して終了。
久しぶりにすっきりした。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ゆるキャン△でなでしこが乗ってる自転車買いました、DAHON boardwalk

IMG_4734.jpg

んん、なんか来た。
でかい箱が玄関通過でちょっと厳しかった。

P1000241.jpg

でん、
DAHON boardwalk D7を買っちった。
絶賛?再放開始の、
ゆるキャン△の影響か?って違うけど。
元からずっとちょい乗り用の折り畳み自転車が欲しくてあれこれ考えてて、
カメラを買ったのと同じ用途?ちょい乗りとカメラってイメージがあったからの購入。

ゆるキャン△の?はこれ。

DAHON_2018040609554252a.jpg

オープニングと、最初の1話と最終回くらいにしか登場せんけど。
最初は志摩リンが乗ってるのもDAHONかな?と思ったけど、
折り畳み機構が作画から見えないし、
そうそうに原付きに乗り換えてしまったし、
言うなれば各務ヶ原なでしこモデルがこれか。
カラーは違うけど、なでしこ髪のカラーだよねこれ。(2,017年モデルのプラム)

P1000244.jpg

折り畳めばこんな感じ。

IMG_4737.jpg

オリジナルの重量は12.37㎏(ペダルとか込)

そもそものDAHON boardwalkは、
私が自転車趣味始めるきっかけの車種なので思い入れが高いのだ。

2972608_org.jpg

2006年のDAHON boardwalk
あれから12年越しの再会であった。

で、
今の自分がこのまま乗ると思うか?
もちろんカスタムするのである。
カラーも自分色に。

完成予定は……梅雨入り前くらい^^;

なでしこカラーなら2018年のボルドーが近い。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

パンクしたら記事にする、原因が分かりづらい2連続パンク

IMG_4639.jpg

半年振りのパンクか。
今回もDAHONのパンクだが今回は原因が分かりづらかった。
朝の忙しい時に出かけようと思ったら後輪がパンクしてた。

急いでチューブ交換して復帰、
タイヤ外周をぐるっと見ても全く異物刺さりが見当たらない。
あー、何だよーと思いつつ新品チューブに交換だけしてその日は出た。

そして帰宅時、
何か後輪の空気圧が低い。
本当にごくわずかだが手で触った感じが朝充填した空気圧より落ちている。
ただ乗車は可能な程度だったのでその日はそのまま乗って帰宅。

さらに翌日、
新品交換したチューブの後輪が二度目のパンク。
これは原因がタイヤ側にあるのは間違い無い。

IMG_4642.jpg

タイヤ外周を念入りに確認しても異物刺さりが見つからない。
どう言う事だろう?

IMG_4641.jpg

裏返してさらによーく確認して行く。
チューブの穴の箇所は水張りしてわかったので、
タイヤセットした時と合わせてその場所を確認。
光に反射する異物らしき物を発見。これか?

ほんの1mm出るか出ないかくらいの細い針状の物が刺さっている。

IMG_4643.jpg

ペンチで摘出。
こんな物が貫通していたとは。
これは外周からではわからない。
針穴程度だからチューブ側の穴もごくわずかだったため、
スローパンクになっていた。
24時間かけてぺちゃんこになる程度。
だから分からなかった。

IMG_4644.jpg

検証のためにパンクしたチューブの穴にマーキングして合わせてみた。
ビンゴ。
これかあ。

IMG_4645.jpg

ついでだったのでタイヤを前後ローテーション。
4ヶ月で1300kmくらい。
後輪は真ん中のリブが消えるくらい。

IMG_4646.jpg

前輪を後輪へ。

SCHWALBE マラソンレーサーは丈夫だが、
細い針には負ける。
そして、
パンク原因は究明しないとチューブを無駄にすると言う教訓。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

バーミッツ風のハンドルカバーをキャストオフと防水性は?

IMG_4517.jpg

さすがにそろそろハンドルカバーを外した。
いやほんとこれ買って良かった。
冬の手周り防寒はこれしか無い、バーミッツ風ハンドルカバー導入

買おうとしたきっかけは、
今年の冬が余りに寒かったから。
そう考えるとここ数年は暖冬だったんだなあと言うことか。
それとも年を取って寒さ耐性が無くなったか。
これを使う前は、
手がかじかんで30分程度の走行でしばらく何もできないくらいだった。

IMG_4518.jpg

ところでこれ、
メリットはここにもあった。
雨天走行時に手が濡れない。
防水性はどうなの?って思ったが全く防水性は無い。

IMG_4519.jpg

ネオプレーンなので、
こんな感じで最初ははらっと水を弾くかと思ったら
じわーとしみて来た。
それでも中間では浸水して来ていない。
30分くらいなら全く問題無いのだ。

これにはちょっと助かった。
真冬での雨は手の冷たさが厳しいからね。
今年は使う期間が少なかったので、
また来年活躍してくれそうだ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター