暑さ寒さも、いやもう暑いでしょ、自転車ウエア衣替え

IMG_2507.jpg

もう冬物ジャケットは仕舞って良いだろう。
夜間に平野部ではシャツ一枚、手袋も必要無くなった。
さらにカーボンヒーターが稼働しなくなった。
この辺りが衣替えの目安。

IMG_2509.jpg

冬物ってここ数年買い替えしていなくて、
ずっとこの組み合わせで来てしまった。
着用回数が多くないのもあるがまだ何シーズンか冬を越せるだろうか。
このクラフトのインナーとか一体何年もの?

IMG_2508.jpg

夏ジャージは何着かあるが、
よくよく見ると選り好みがあるので着用バリエーションは多くない。
もうちょっとレトロな落ち着いたデザインのが欲しい様な気がする。

IMG_2510.jpg

今年の冬場もこのカーボンヒーターのみで過ごした。
しかし後半スイッチが若干おかしくて付いたり消えたりだった。
来シーズンは新調が必要かもしれない。

冬物ウエアは圧縮袋で圧縮して収納ボックスと共に押入れへ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

エアロ?なグローブ、OGKカブト PRG-6 指切りグローブ

IMG_2467.jpg

もう、
冬グローブはさすがに暑い。
少し早めにこれからの季節用のグローブを調達しよう。
と言う事で少し前から目星を付けておいたグローブを購入。

OGKカブト PRG-6 指切りグローブにした。
自転車始めた時に最初に買った用品がOGkのグローブだった。
久しぶりにOGKに返り咲き。

IMG_2468_2017041112440135c.jpg

サイズに迷ったが、
前回パールイズミの冬グローブで失敗したので、
今回は上のサイズのLにした。
手のひら周りはMサイズとLサイズの中間な205mmである。
カタログサイズには、M:195-205、L:205-215と書いてある。
エアロをうたうくらいだからきつめだろうと想像。

IMG_2469_20170411124403935.jpg

結果としてLサイズで丁度良かった。
Mサイズだとちょっとつっぱるかもね。
それよりも、
エアロ設計である事は自分にはどうでも良くて、
この状態になる事が重要である。

そう、
手首周りのガードが出来る様に長めである事。
アームカバーと合わせた時に手首が露出しないグローブが条件なのである。
夏場にアームカバー使わない人は分かると思うが、
自転車乗り特有のグローブとの境目で出来てしまう輪っか日焼けがある。
あれを防止するためにもこの状態が重要である。
これならばっちり日焼けを防げる。

IMG_2470.jpg

おまけ機能だが、
OGKの良いところがここ。
素早く脱げるクイックリリースリング採用なところ。

ちなみに手のひら側にはパッド類は一切無いので、
その辺は好みが分かれるだろう。
自分はパッドが少ない方が良いのでこれはいい。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

道路の凹みに突っ込んでブレーキがロックしたワケと修正

IMG_2447.jpg

ブルベ300kmは無事完走して、
めでたしめでたし。
だが最後は雨天走行して帰って来たのとブレーキのズレを直さないといけない。

この写真で分かるかな。
300kmの復路である塩津街道の下り坂、
アスファルトの路面がぽっかり穴が空いて凹んだところがあった。
下りでそこに前輪が突っ込んで危うく落車しそうな衝撃を受けた。

すると何が起きたか?
前後のホイールがロックして止まってしまった。
完全にロックはしなかったので、
ゆっくり路肩に寄って止まれたのは不幸中の幸い。

IMG_2446.jpg

あらためてハンドル周りをチェックしてみよう。
明らかに右側ブラケットが内側に寄っている。
ホイールがロックした原因はこれ。
つまりブラケットが内側に曲がる→ブレーキケーブルがそれに寄って引っ張られる
→ブレーキを引いた状態になりブレーキシューが擦った状態となる。
→ホイールがロックする。

IMG_2448.jpg

路面の凸凹に突っ込んで衝撃を受ける事は、
日本のきれいな路面であっても稀にある事。
その時にどこが衝撃を受ける(吸収する)かはやはり状況次第。
今回はハンドルに締め付けてあるブラケット部がズレた。
ホイールが衝撃を受けてスポークが飛ぶ事もあるから、そうじゃなくて良かった。
またハンドルとステムの締め付けがズレたらハンドルごと前につんのめっていただろう。

IMG_2449.jpg

左側も若干ずれた。
それを元に戻した。
左後ろブレーキなので後輪は少しケーブルの張りを緩めるだけで対処出来た。
右前のブレーキはかなり内側に入っていたので張りの調整で対処出来ずに完全に開放状態で使えるくらいだった。

IMG_2450.jpg

ブレーキワイヤーの固定を外してブラケットを元に戻して増し締め。
その後にまたブレーキワイヤーの張りを調整して完了。
分かってしまえば何と言う事の無い状況だが、
どうしてこうなったか?
を知るにはある程度自分でいじる経験があった方が良いのだなあ。
出先で何があるか分からないものだ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

最短距離でEdgeに電源供給するUSBケーブル

IMG_2384.jpg

短いUSBケーブルが欲しい。
ブルベで長時間走行する時にGPSを外部電源で給電しながら利用する。

ステム直下に配置するために、外部バッテリーをAnker Astro Miniにした

そのためにモバイルバッテリーをステム下に配置すると、
そこからUSBケーブルでGPSへ接続するのだが、
適当な長さのケーブルが必要。
Amazonで適当に短いUSBケーブルで検索。
BigBlueと言うメーカーが15cmのものを出していたのでポチッと。

IMG_2386.jpg

こんな感じでケーブルが短い上に柔らかいものだ。
これの需要が生まれたのはやはりポケモンGoだろうか。
スマホと重ねて使うモバイルバッテリーを接続するのにスマートに出来る。

IMG_2385.jpg

長さがどこからどこで15cmかと言うと、
ご覧の通りに接続端子を含む長さが15cmだった。
なのでケーブル部分はもうちょっと短い。

IMG_2393.jpg

早速取り付け。
こんな感じ。
まあすっきりしてこれで良いかな。
ところでこのケーブル、
白と黒の2本セット販売なのがちょっと。
アンドロイドスマホならそちらで使えるけど自分iPhoneだし。
ライトニングケーブルの短いのも出ているけど、
なぜかそちらは1本売りなの。
1本ずつを半額で売って欲しいのに。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

キャメルバックボトルを実は初めて分解洗浄する訳だが

IMG_2355.jpg

ネタにするためにあえて、
分解洗浄しないでおいた(嘘)
実は初めて分解して洗浄する。

細かい事は気にしない性格?と言うより面倒だったから。
遠目に見ても黒ずみが見える、気がする。

IMG_2357.jpg

やり方は散々各ブログやYouTubeで動画も公開している人が居るので、
今更教示する立場には無いが。
一番上のシリコン部分(直接口が触れる部分)をこじって外す。
慣れれば素手で外れるね。

IMG_2358.jpg

そして青い弁のシリコン部分を外す。
最初は無理やり菜ばしで引っ張り出していたけれど、
後で戻す時にここの白い溝の蓋も外す必要があるのを理解した。

IMG_2362.jpg

前後するがはめる時の画像で。
番手の小さいマイナスドライバーで溝と溝の丈夫そうなところを、
内側から上へこじってやれば簡単に外れた。

IMG_2359.jpg

あとは歯ブラシなどでごしごし洗ってやるだけだ。
毎日使っていた方は、
それはそれは黒い何かがこびり着いており、
見せられないよ!状態だった。

IMG_2361.jpg

4本ある全部を洗って乾かしたら後は弁から順番に戻すだけ。
しかしてふと弁を見てみると……

IMG_2363.jpg

あー、
これ破れてるな。
十字の元の広がるところからさらに裂けてしまっている。
これだと開放状態でボトルからちょろちょろ漏れるね。
仕方が無いのでメインで使う分の2本は、
裂けてなさそうな弁を戻しておいた。

4本一気に使うわけじゃないからこれでいいか。
ちなみに現在は蓋のパーツ構成と仕様が一部変わっている模様。
新しいのも基本は同じやり方で掃除は出来る様だ。
弁だけ欲しいが、パーツ単体は蓋ごと買えって事みたいだ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター