ロングライドの準備は出来たが

DSC05285.jpg

明日はBRM425名古屋600kmですね。

富山にはまた行きたい。
さてどうなるかどう走るか。
気分次第。

今回残念ながらお見送りは無い模様…応援はします(謎)
お見送りSRは断念。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

PBPジャージ注文、出ないけど。明日(4/5)まで。

pbp.jpg

今年はPBP(パリ・ブレスト・パリ)開催年って事で、
■オダックス・ジャパン2015 パリ・ブレスト・パリ・ランドヌール記念ウエア予約開始のお知らせ。

PBP記念ジャージ発売される。
実際にこれ着て走る人も多いんだろうなあ。
残念ながら自分は参加予定は無い。
でもジャージのデザイン見てなかなかいいじゃんと思って迷って迷ってギリギリ注文。

記念って言葉に相変わらず弱い。
普通に普段ジャージ?やロングライド用に着て走ろう。
いつかのPBPを夢見て。

迷ったのはサイズ感が分からないって事なんだが、
いつも通りにレーシングシルエットのMサイズで。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

最後の一葉、SRメダル届く。これにてメダルコレクター完結。

DSC05180_201504011657270d7.jpg

2014年のSRメダル届く。
これでやっと2014年もメダルが揃った事になる。

”同一年内(1月~12月)にBRMの200km, 300km, 400km, 600kmを完走すると、
Super Randonneur (SR)と呼ばれます(Audax Japan)”

日本人はメダル購入希望者が多いんだってね。
特有のコレクター基質ってやつか。
記念とか好きだもんね。

DSC05182_20150401165729867.jpg

かくいう自分もそうやって記念にメダル飾ってるし。
2014年のブルベはどうだったかと言うと天気に恵まれて良かったと言える。
自分が参加したブルベに限っての話しだけど。
夏は冷夏で雨が多かったからその時期開催のブルベは大変だった模様。

日程が決まっているブルベはそれこそ天気の運次第と言えよう。
こればかりはシャーマン呪っても仕方ない。
過去の自分の参加実績を見てもきつい富山往復は2回とも半分が雨だった訳だし。
そう思うと天気の良い時の富山往復も走ってみたい気もするが…

DSC05183_201504011657308b0.jpg

とりあえず、
自分の中での認定欲はこれで収まるところに収まった。
なので2015年は自由に勝手に走っている。
当然日程に縛られるわけじゃないから雨なら走らないよ。

さあ次はどこへ走ろうか。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

BRM328名古屋400kmのお見送りの後ライド

DSC05156.jpg

先日のブルベBRM328名古屋400kmお見送りの後に、
なぜかコースをトレースフリー走行に行った。
単にコース考えるのが面倒だったのとコース上に行きたいところがあったから。
それと最近ロングライドして居ないのでその練習と夜間走行のライトテストを兼ねて。

ウエアは冬ジャケット、インナーおたふく、下も冬アウターレーパン。
靴下二重でシューズカバー無し。
夏グローブの上に冬グローブ重ね。

DSC05121.jpg

家を出て川沿いをスタート地点まで向かっていたところ、
おや?
見たこと有るLOOKだぞと思ったら…
めばる君さんだった。
なんと自走とか。これから400km走るのに。

DSC05123.jpg

柳川瀬公園の桜は蕾ほとんど開花ちょびっと。
満開は来週か。
今回は参加者60人くらい。
300kmや200kmに比べてかなり少ないな。

DSC05125.jpg

ブリーフィング中。
今回のコースはやはりPBPの年にあったコースで、
後半新野峠越え。
あのアップダウンか。

DSC05129.jpg

今日のマヨ橋。
曇空。
早朝やはり寒かった。

ブリーフィング後は、
スタッフとしばらくだべってスタートクローズ7時半、
さらに少しだべって7時40分に自分もスタートした。
走者と重なると迷惑になるからね。それを意識して今回はアンカー走行をしようと思って。
と言う事でトヨタ本社前を通らずにいつものコースで小渡まで。

DSC05130.jpg

ダム坂~
今日も沢山放流していた。
さすがに40分遅れスタートだったので誰もランドナーに遭遇しなかった。
集団のが早いだろうしね。

DSC05131.jpg

小渡K到着。
なんかここまできつかったぞ。
どうやら向かい風がゆるくずっと吹いていたらしい。
ここで走者は一人?
と思ったが走者かどうか分からん。Raphaのジレ着てただけで違ったかも。

DSC05132.jpg

矢作ダムへ向かう上りで一人だけ追い抜いた。
まさかここまでで会うものか。
今日はゆるく行くので矢作ダムで撮影。

DSC05134.jpg

ダムカードもゲッツ。
直前の小渡で土日も貰えると言う情報を仕入れていたので、
迷わず事務所の門のインターホンをポチッと。
事務所のおじさんもお話好きで、どっから来たの?桜咲いてた?などなど。

DSC05135.jpg

奥矢作湖から青空が見え始めて来た。
暑くなったので冬グローブはしまって、
ジャージジッパー空け気味で。
カナイさん車に追い越された。
序盤だけ追走?

DSC05136.jpg

奥矢作湖から上矢作へ北上。
ここも若干の向かい風かな。
どうも予報と違う風向きに負荷がかかる。
前方にブルベストと思ったら写楽さんだった。
心配していたリヤのライトがやはり吹っ飛んだみたいで時間ロス?
ちなみに自分も横向き取り付け出来る様に改造してるのでご参考に↓

■キャットアイ リフレックスオート TL-LD570R再び、オルトリーブのサドルバッグ取り付け改造した話

あと注意喚起。
上矢作へ抜けるトンネルで、
平岩トンネルだったかな?
車道左端の側溝はコンクリート蓋なのだが、
一箇所蓋が抜けて無かった。
絶対に側溝の蓋上を走行しないように。ほんとびびった。

DSC05159.jpg

ライト調整に停車した写楽さんを置いて先へ。
上矢作へのカーブした先でケンイチさんと遭遇。
羊羹補給中であった。

私はそこから本日のメイン?オプションヒルクライムへ。
この看板のあるところで左奥の上り道へ。
大船山の風車郡を見に行こうと言うわけ。
看板もずばり風車なので分かりやすい。

DSC05158.jpg

上って行くと川沿いの土砂工場を通過してきれいな橋を渡る。
あれ?橋に車両止めの柵があったけど通過して良かったのかな?
そう思って渡った後に地元の方に風車はどちらですか?と聞いた。
橋は何と明日渡り初め式がある、出来たてホヤホヤだそうで。
渡り初め前に渡ってしまった~と言ったけど、どうぞどうぞと言われて安心。
風車への坂はこのカーブミラーの横、大船神社 弁慶杉↑の看板の方へ。

DSC05138.jpg

いきなり激坂できっつい。
だいたい元気村への上りと同じくらい。

DSC05139_20150329115339ca9.jpg

さらに激坂だけじゃなくてガレてて、
砂利が多い。
路面を良く見て走らないとスリップするしパンク注意。
そして脇の斜面でガサガサすると思ったら大きなカモシカと遭遇。
びっくりして逃げて行った。

DSC05140.jpg

上り口からは6kmくらいで第一風車発見。

DSC05143_20150329115803629.jpg

左手は眺望良い。
右手は恵那山かな。
まだ積雪があって今が見応えある山脈。

IMG_0991.jpg

いい風景だ。いい風車だ。
標高が高くて少し肌寒い。
BGMはVOICESだ。

IMG_0990.jpg

こうやって自転車を立てかけてあると大きさ分かる。
近くに居るとぐおんぐおん風車の回る音が響く。
まだ時期としては早いので独り占め出来る状況に満足。

IMG_0992.jpg

しばらくたそがれていたら、
バイクが一台上がって来た。
静寂は終わり寒くなって来たので戻ろう。

IMG_0993.jpg

下りで眺望の良い場所でもう一度止まって撮影。
この抜ける様な景色最高だ。
山脈の輪郭がこうやって見える景色って見ていて飽きない。

下りは上りよりさらに慎重に。
下り途中でもまたカモシカ遭遇。
看板もあったけどこの辺多いのね。

DSC05160.jpg

下って元のルートに合流して時計確認したらちょっとやばい。
1時間もロスしてしまった。
PC1クローズまで貯金ゼロだ。

ちょっとアップ目に平谷目指す。
しかしドリンク枯渇したのでプールのところでドリンク補充。
ここからも結構上ってたのね。
普通に体力削られるなこれ。

何とか平谷の交差点看板まで来た。
この時点で貯金マイナスだ。
平均時速15kmってのは意外とシビアだね。

DSC05161.jpg

本当は平谷の道の駅でご飯と思ったけど、
時間かつかつだったのでスルー。残念。
ここまでの補給が小渡のサークルKでチョコファッションとブラックサンダーのみ。
腹減った。

DSC05162.jpg

およそ自転車で走る場所じゃないところをぐるっと廻る。
手前でランドヌーズの方を追い抜く。がんばってー。

DSC05163.jpg

治部坂峠到着。
思ってたよりあっさり?
平谷から上り始めると距離短くてあっさり終わるな。

DSC05165.jpg

まだ営業中のスキー場を横目に、
高速ダウンヒル開始。

なるほど、この下りで借金返済ってわけだ。
このコースは上り多めだけど下りも多め。
あっと言う間に飯田市内に下れる。

遠く南アルプスを眺めながらどんどん下る。
なかなか止まれないから写真撮りたいけど難しい。
飯田市内のこの正面に山を望む景色は圧巻。

DSC05169.jpg

PC1到着。
さすがに人少ないね。
2人居たかな。
貯金は30分。こんなところだろう。
腹が減ったのでカレーライスとシュークリーム補給。
ケンイチさんは先着していて先へ出て行った。
ここで食事してたら女性の方ぎりで到着。
間に合って良かった。下りで挽回出来るコースだ。

DSC05172.jpg

おなじみ下條村出身の方の看板。
ここを走る自転車乗りにはテンション下がる看板。
そばの城を通過してアップダウンの連続。
前回通過した時は中部600kmで真夜中だったが今回は昼間、
この時間だと先の道路が見えるのでアップとダウンの感覚が分かるのがいいのか悪いのか。

途中でまたケンイチさんと写楽さんをループトンネル手前で追い越して先に行く。
後少しって言ったけど実際もうちょっとあったか。

DSC05173.jpg

信州新野千石平にて水分補給。
峠としては中間点でもう一上りだからここで一息。

ここからさらに上りなんだけど道路状況が悪いし
狭いところがあって余り良い道では無い。

DSC05174.jpg

新野峠攻略。
何とか明るいうちに。
大きい看板あるとテンション上がるんだけどね。
手前のところに小さくあるだけだ。

ここからもさらに高速ダウンヒル区間。
上りは確かに長く感じるが、
ここからの下りも長く感じる。
特にカーブも多いので暗くなってからはちゃんとライトが無いと厳しいね。
今回は日が暮れてからのライトの装備テストには良かった。

DSC05175.jpg

PC2に到着。
おや?ランドナーが多いな。
まさか名古屋参加者じゃないよな。静岡かなと思って調べたら違って名古屋の人だった。
18時半到着で何だか早く着き過ぎた。
最初の貯金マイナス、PC1で貯金10分でリスタート、
ここで2時間以上稼いでしまった。

当初どこかの店で食事をと思ったが面倒になって結局これ。
ブルベっぽいな。
でもこのラーメンが美味しいのだ。
ほんといつもこんな感じ。

ここで食事中にクマさんと遭遇。
いつの間にか追い抜いたと思ったら手前のパン屋さんに寄っていたそうだ。
しばらくして写楽さんも追いついた。
やはりこのコースはサービスコース。下りでいくらでも挽回出来る。
下ってこれだけマージン稼げるなら厳しい前半も何とかなるもんだ。

自分の中でここまで来たら目的達成なので後はどう帰るかだけ。
マップを確認して小坂井から200kmのコーストレースで帰宅が無難だ。
と言ってもここからまだ80km弱あるんだけど。

ウィンドブレーカーを着込んでライト全灯してスタート。
今回は身震いするほど寒く感じなかった。
これにはちょっと助かった反面ドリンクが無くなってきつかったけど。
小坂井バイパスまでで2人ほど追い抜いてサークルKからの旧道へ。
今思えば旧道走る必要なかったけど。
結局旧道走って時間食っただけだったので、
本宿からはずっと国道1号で帰宅。
21時過ぎると週末は国1が走りやすい。
風向きが南東だったので非常に楽に走行できた。

DSC05176.jpg

予定していた通りに22時頃帰宅。
スタート地点までを一度リセットしたので概ね300km。
14時間20分でフィニッシュ。獲得標高は4116mと思った程は無く。

300kmブルベと考えれば上出来じゃないだろうか。

久しぶりにオーバー200km走ってくったくた。
と言うかここ最近の最長が150kmだったし、
ロングライド力?落ちたな。この程度でこれでは駄目だ。
ロングライドもやはり練習って必要かね。

寝る時は非常に心地よい疲労感でいっぱいだった。
400kmまで走ったランドナーの皆さんもお疲れ様。

今回300km。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

BRM328名古屋400kmのお見送り

DSC05124.jpg

本日はBRM328名古屋400kmのお見送り
に行って来た。
と思ったら走ってた。

走ってる皆さんお気をつけて頑張って。
疲れたので詳細は後日。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター