雪や雨でのウエット路面を走行するなら低圧で行こう

DSC02440.jpg

まさかの2週連続で雪が降った。
関東地方では積雪してかなりの被害が出て居るようだ。

こちらの地元では午前は少なからず積雪があったが、
気温が上がったせいか雨に変わった。
ある程度解ければほぼ雨走行と変わらない。

慎重に道を選べば、
余程の勾配があるところで無ければ自転車も走行可能。

今年に入ってDAHONで使用しているタイヤは、
パナレーサーMINITS LITE PT(楽天)である。

これの指定空気圧はSchwalbeなんかと違って結構低い指定だ。
タイヤサイドの指定を見ると、
455-700hPa とある。

乗り具合はどうかと言うと、
タイヤの形がトンガリ型なのか少々固いと感じる。
空気圧で凄く変わるところだが、
Schwalbe Duranoと比較して抵抗は低いがグリップが弱いか。

普段の乾いた路面では、
このMINITS LITE PTを6気圧で乗っている。
それなりに固いと感じるくらい。

そして今回の様にウエットと分かっている場合は・・・

DSC02441.jpg

これくらいだろうか。
普通のウエットならそこまで低圧に変える事は無いが、
雪混じりで凍った路面もある場合はもっと低くする。
指で抑えても少し凹むくらい。
今回は指定よりも低い4気圧。

これで乗るとかなりぐにゃっとなる。
それでも割と乗れるもので、
滑りそうと言う感じはだいぶ和らぐ。

余り好き好んで雨の中、雪の中を走る人は居ないだろうが、
路面状況に応じて空気圧は変えてやると多少なりとも安心感を得られる。

ただし、
リム打ちパンクにだけはご注意を。
段差だけは超慎重に超える様にして走ろう。


タイヤを変えれば、、
まあここは数多くない雨天走行なので簡単に出来る対策って事で。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター