ポジティブに変化する力、非自転車本読書、諦める力<為末大>

DSC02294.jpg


諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉(Amazon)

今回の読書は為末大のこの本。
欧米選手がほとんど上位を占める競技の中で、陸上選手としては、
世界陸上の400mハードルでメダル獲得した方。

最近はスポーツコメンテーターやテレビの情報番組でのコメンテーターとして良く見る方だ。

表題の本はタイトルからして元アスリートとしてはちょっと後ろ向きなもの。
「諦める力」?

え?

しかしここでの話は、
あきらめる→明らめる→あきらかにする
と言うポジティブな諦めるでそれを人生の糧、力にすると言うお話。

日本の体育会系に限らず、
全ての事に努力し諦めない、やり続ける根性論の支持が根強い事か。

もちろん最初の目標や夢はだれでも持つものだ。
それに向けて練習したり勉強したりする。
しかしながら、
果たしてその努力が報われる人はどれだけ居るだろうか。

著者がそもそも世界のトップ集団まで到達した選手だから、
自分みたいな”普通の人”にどこまで参考になるかは疑問があるが、
ここである、”諦める力”は
追い求める到達点や目標の大小はあれ、とても参考になると思う。

誰しもがボルトの真似をしても意味が無い。
才能がある人は努力をしたから頂点に達したわけでもあるが、
そもそもの才能があって、その上に努力も乗っている。

”憧れの罠”
と書かれていたが、
憧れの存在が自分の延長線上に居ると錯覚がある。

その目標は自分に取って現実的なのか、
そこに諦めて、現実的なシフトをする力が諦める力だ。

為末選手は100メートル短距離選手からそこで400メートルハードルへとシフトした。

”手段は諦めていいけれども、目的を諦めてはいけない”
それでメダルを獲得した。

いわゆる選手って、
外野からのプレッシャーに常に晒されている。
期待値が高いとその選択が厳しいけれど、やめられない。諦める事が出来ない。
結局結果は出ないで終わる。

”「やめてもいい」と「やめてはいけない」の間”
と言う心境。
ノルマがあるとやる事が楽しくなくなる。

やる事の強制力にはなるが結果に結びつく力になるかは難しいところ。
成功報酬はあるとやるにはやるが楽しくない。
そして他社からの評価に敏感になっていく。

何かをやる事は努力が伴うけれど、
それを強いられると思うのは楽しくない。

”「それをやったら何の得になるんですか」”

得にならないとやれないか、
そうでは無い。
別に得を得るためにやってるわけじゃないし。
ただ楽しいからやるだけ。
そこに結果が出ればなお楽しいけれど、
努力する過程も楽しいしやってる事も楽しいからするだけ。


そんな思考は諦める事でもマイナスにはならないし、
むしろその選択もアリと思える。
そこに”諦める力”は積極的な選択できる力になるんじゃないかなと思う。




今回はKindle本で買ってみた。
こう言う本は読みたい時にささっと読み始める事が出来るのは良い。
移動中も出先でもスマホで読めるのはいい時代。

それと読もうと思った為末大氏のTwitterは、
とてもためになる言質が多い。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター