モンベル ジオラインL.W.よりもベターな冬インナーはおたふく手袋インナーか?

DSC02174.jpg

基本的に流行っていれば乗ってみる。
それが自転車乗り。

今回は
おたふく手袋 ボディータフネス BTパワーストレッチ ハイネックシャツ(楽天)
を買ってみた。

巷では少し前に
ユニクロのヒートテックよりモンベルジオラインがおすすめって記事が凄く拡散されてた。
確かにモンベル製品は山関連の製品で良いもの多いし、
性能も良い。

それで昨年の今頃はそれに倣って自分も買って来ていた。
■インナーインナーどっちかな?モンベル ジオラインを試す

これはこれで良かったのだけど、
今年は買い足すかと思うところで新たな伏兵登場。

凄くベタ褒めされてて、
なおかつ安いときたら買って試してみようと思う。

おたふく手袋と言うところは
手袋と書いてあるが、
主に作業用の衣類、作業着を全般に扱っているところ。
商品としてはおしゃれやアウトドアってよりワークマンで扱ってる感じのもの主体。

過去にも夏にはアームカバーをここの製品で買っている。
■焼かない選択、ゴールドウィンのグローブとおたふくアームカバー

DSC02287.jpg

それで本題のパワーストレッチインナーシャツ。
サイズはMを購入。
国内ジャージサイズがMでタイトにインナー着るならMで良いかと。

裏地は毛足の短いフリース素材。
フリースって言うと汗をかくとべたついて気持ち悪い印象があるが、
このフリース素材は毛足が短いから、
それなりに汗をかいてもベタつきを感じない。
むしろこれのおかげで暖か。

DSC02286.jpg

タグは上記の腰部分にあるだけで、
首周りには無い。
首タグ嫌い党には良いんだけど、
着る時にどっちが前だか後ろだかぱっと見分からんのがちょいと面倒か。
よく見ると縫い合わせの縦筋がある方が首側と覚えておこう。

DSC02285.jpg

マイナス点と言われてる腕の長さ。
自分が買ったのがMでタイトにしたせいかと思ったけれど、
どれも全体的に腕は短めみたい。
上着から出ない様に配慮した九分袖かと思うくらいだが、
これはそう言う仕様だろうか。

肝心の性能と着心地だが、
結論からしてこの価格でこの着心地はありだ。

着心地は非常に暖かで、
気温の高い冬場だとちょっと暑いかと思うくらいに暖か。
ヒルクライム中はちょっと汗かくくらい。
そこら辺はアウターで要調整を。

肝心の汗をかいてからの汗冷えだが、
やはり下りでは若干冷える。
冷えるけれどモンベルと差があるかと言うと生地の厚みが若干あるおたふくインナーのが優位かも。

汗で結構濡れる状態になるのだが、
それが肌に着かないので来ている時は汗ベタを感じさせないのが優秀。

冷えるのはこれの上に着るアウター次第なので、
下りはウィンドブレーカーを着るなど工夫、防衛は必要。

それはどの高級インナーでも同じと思う。

それでもこれを薦められるのは、
この価格でこの性能に尽きる。
だからちょっと試してみる価値はある。
試してみてぴったりなら、
それはめっけもんである。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター