RIDEAの非真円チェーンリング(楕円チェーンリング)再び、これは矯正器具

DSC02257_20140111134220fd6.jpg

またまた楕円チェーンリングを購入。
だいぶ普及して来た?
RIDEAの非真円チェーンリングことPower ringである。

あれ?
ロードバイクはwolftoothにしたから楕円辞めたんじゃなかったか?

そう、
実走行用に楕円を使うのは辞めた。

しかし楕円の使用はペダリングを効率よくするために有用だと結論付けた。
下記記事参照。

■楕円ギヤを改めて考える、ROTOR Q-RINGSとRIDEA Power ring

こちらはローラーで使うために購入してみた。
そもそもローラー台で自転車を漕ぐ行為は完全にトレーニングなので、
効率よく、より良いトレーニングをしたい。

そしてそれには楕円チェーンリングを使うのが良いと思った。
ローラーでは楕円を使う。
実走では真円を使う。

それでまたおもしろい結果が出たらいいかなと実験。

DSC02258.jpg
真円39Tと重ねてみた場合。


今回購入したRIDEAのチェーンリングは
42Tで楕円率+-3Tとなるもの。

基準が42Tなので、
最小39T~最大45Tまで変化する楕円だ。

■RIDEA 非真円チェーンリング(ギアステーション)
お馴染みギアステーションの説明を見ると
+-3Tはプロトレーニングとある。

見た感じもかなりの楕円具合。
ROTORならQXL相当か。

さすがにこれを実走で使うには厳しそうである。
ローラーなら丁度良い具合に作用してくれそうだ。

さて実際に取り付けてみるとどうなるだろうか。
後日実行してみようと思う。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター