ジャイアントはいかに巨人になったのか、自転車本読書、銀輪の巨人

DSC02149.jpg

銀輪の巨人(Amazon)

既にラボバンクのチームジャージが懐かしい、
今回は台湾の自転車メーカージャイアントについて書かれた本。


今のジャイアントを表して自転車乗りの皆はどう言うイメージを持つだろうか?
いかにも初心者向け?
安い自転車を売るメーカー。
安いけど良い自転車メーカー。
コスパが良い。

いろいろあるだろうが、
この今となっては世界企業になったジャイアントの歴史をルポした
この本を読んでみた。


ジャイアントと言うと割と多くの自転車乗り、
主に自転車を始めたきっかけを作ってくれたメーカーと言っても過言では無いくらいに
その流れを作って来たと言えるかもしれない。

と言うのも、
スポーツ自転車を始めるにあたって安くて質の良い自転車をいち早く供給してくれた
その立役者がこのジャイアントだから。

今やベストセラーと言えるクロスバイクのジャイアントのエスケープシリーズ。
今は違うメーカーのロードバイクに乗っているけれど、
スポーツ自転車のきっかけを作ってくれたのがエスケープだ
と言う自転車乗りの多い事。


ジャイアント、
その巨大を巨大にのし上げた人物こそ劉金標と言う創業者。
英名をキングリューと称してしまう程に野心と努力の人だ。

創業当時は台湾製=粗悪品の代名詞だった。
それは自転車においても同じで、
世界の工場、ただの労働力としてしか見られていなかった台湾の工業。
自転車においても同じだった。
米国SCHWINNのOEMから始まってその技術を吸収し、
粗悪品しか作れない台湾から技術なら台湾製と言わしめる戦略と歴史が綴られている。

技術に伴っていち早くカーボンと言う素材に目を付けて研究開発して来た
ジャイアントの劉金標の先見の明にも感嘆する。
そしてOEMを続けながらも自社製品の開発に、
そしてツール参戦から自社ブランドの確率。

かつての日本企業が歩んで来た世界への挑戦が台湾にも、
このジャイアントにもあった事が伺えた。

今や冗談ごとの様に語られる、
あの有名メーカーのTやCやなんかのフレームはここが作って~
とかそれだけ製造技術は粗悪の台湾製から信頼の台湾製へと変遷して来た。

日本の自転車企業の没落にも触れられており、
自転車行政のいい加減さも合わせてスポーツ自転車産業から取り残された日本、
対して行政も一緒に成長して来た台湾、
空洞化した日本への懸念も語られる。

劉金標と言う人物、
只者ではない、自分で台湾一周したり、1600km中国で走ったり、
まさに決断と努力の人だ。

このトップが居る今のジャイアント、
さてこの先彼が退いたらどうなるのか。
アップルやかつてのSONYと同じ匂いがするのもまた事実。
ジャイアント乗りでは無いけれど自転車好きとしては見守って行きたい。



私たちは自転車メーカーですけれども、いまは自転車を売るだけではなく、
自転車の文化やライフスタイルの価値を売っているんです。

彼のこの言葉がこの先も生きてくれるといいけれど。

本日再放送↓
NHKBS1(BS Digital) 2013/12/25(水) 23:20:00 ~ 2013/12/25(水) 23:50:00
島耕作のアジア立志伝・選「“オンリーワン”で生き残れ~キング・リュー~」


【送料無料】銀輪の巨人 [ 野嶋剛 ]

【送料無料】銀輪の巨人 [ 野嶋剛 ]
価格:1,680円(税込、送料込)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター