練習用の鉄下駄ホイール購入、Campagnolo khamsin G3(カンパニョーロ カムシン G3)

DSC02150.jpg

Campagnolo KHAMSIN G3 shimano カムシン シマノ対応(楽天)

練習用と言うか、
気軽に使えるホイール一つ欲しいなと思って
エントリーグレードでどれがいいかなと。

Shimano定番のR500?今だと501?もあるけど、
11速じゃない。
RS21と言う選択肢もあるけど見た目イマイチ。
ディープリムのRS30もあるな。
それならフルクラムのレーシングクワトロか、
カンパニョーロのシロッコか。
しかしちょいっと買うには微妙に高い。

じゃあ、
フルクラムのレーシング7でどうだと傾き出したが、
レッドスポークじゃなくなったしちょっと地味かな。

同じスペックでフルクラムよりカンパニョーロのがちょっと安い。
それでいてあのG3スポーク組みのを一度使ってみたいのとそれの見た目、
と言うことで
あーだこーだと考えた結果、

Campagnolo khamsin G3(カンパニョーロ カムシン G3)
を購入してみた。

DSC02151.jpg

ちゃんと11速フリーが最初から付いている。
当たり前だけど最近のはもう、エントリーグレードから11速前提の時代になったな。
そもそもカンパなんだから早い時期から11速のだし、
これも時代の流れだな。
10速以下用のスペーサーも付属していた。
そしてリムが左右非対称の形状をしている。
バルブ穴が斜めってるかと最初思ってしまった。


”更にリアホイールはリムを非対称に
しスポークホールをオフセットすることで反応性を2%向上。”
と説明されていた。
ふーんへー。
難しい事は自分には分からんけど何となくかっこいい。



DSC02152.jpg

近くで見るとリムの接合部が普通に分かる。
この辺は安いホイールだから仕方ない。
使っていれば削れて目立たなくなるさ。


それでは重量測定を。

DSC02154.jpg

クイックリリース無し、リムテープ込み。

Campagnolo khamsin G3 Front
実測重量:811g

DSC02153.jpg

Campagnolo khamsin G3 Rear
実測重量:1039g


ペアで
実測重量:1850g

※カタログ重量:1750g(810g+940g)
ただしこれはカンパフリーの場合か?あとリムテープ分も含まずだろう。
なので概ねこの程度かと。
1800gを超えるなら練習用ホイールって言えるか。

重いけど来年のブルベはこれで走る事にする。
意外だったのはフリーのラチェット音が爆音じゃなくて、
むしろ非常に静かだった事だろうか。

そして、
買って直ぐ後に下記の限定シルバーバージョンが出てぐぬぬ・・・





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター