膝痛の原因?パワー値にも影響?膝の内転を正すトレーニングとキューファクターについて

DSC01641.jpg

ローラートレーニングをやっている時と、
実走している時にちょっと気になった事。

自分の癖なのだが、
ペダリング時に右膝が内転する癖がある。

過去に膝を痛めて全く乗れなくなった経験があり、
これはちょっと良く無いと気になっていた。

過去に記事にした解決策のためにやった事は以下の通り。

■膝痛を克服するのにやった事、その1、乗る前のストレッチしてますか?
■膝痛を克服するのにやった事、その2、乗った後のケアしてますか?
■膝痛を克服するのにやった事、その3、体幹を鍛えてますか?

これらは今でも気にしてやっているし、
あれから膝痛は再発していない。

それでも長年の癖って言うのは中々直らないもので、
疲れてくると気がつけば膝がトップチューブに擦る様に
内転してペダリングしてしまう。

それでローラーの時には上の様にタオルを三角に張っておくと都合が良い。
そもそも汗受けのために付けているが、
この配置で扇風機の風で膨らむと膝に擦る位置に来る。
それでペダリング時にタオルに振れない様に意識して回す。
そうすると内転を意識して防げる。

ちょっとした意識付けだけでも違うもんだ。
さらにあくまで自分の場合だが、
少し膝を開き気味の方がパワーが出るみたいだ。

DSC01642.jpg

私のクリート位置を見ると、
こんな感じで大外に振っている。(クランクから外へ一番離した状態)

世間的にキューファクターは狭いが正義みたいに言われているが、
それは人による。
自分はなるべくキューファクターを広げ気味のが調子が良い。
あのカベンディッシュは特注ペダルで大きく外に広げた状態にしていたのを見た記憶がある。

□カヴェンディッシュバイク(BIKE BIND自転車日記ブログより)

”その人にあったキューファクター”と言うのが重要と思うけれど、
膝に違和感がある場合、
広げてみると言うのも考えてみるのも手だと思う。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター