ゆ、ゆ、ゆるふわですw自転車本読書、『ろんぐらいだぁす! 』ツーリングガイド

DSC01199.jpg


『ろんぐらいだぁす! 』ツーリングガイド(Amazon)
またまた、まったり詐欺か?
漫画ろんぐらいだぁすの副読本ツーリングガイドが出た。

ろんぐらいだぁす!ってガチな漫画?、自転車本読書にて紹介

これ、
手に取った瞬間、
同人誌のロングライダースじゃねえか!
もっと普通にコースの写真や説明的な文章の旅行誌風に、
ちゃらっと漫画のイラストが挿絵程度に入るくらいと想像していた。

ところがである。
中身は漫画多め、
実際に走ったロングライダースの面々による、
詳細で実用的な情報が満載のツーリングガイドであった。

いわゆる旅行誌じゃないから、
そこは素人らしいレポートなのだが、
これがまたいい。
普通だと適当に車で行っておいて自転車で来ました的に宣伝っぽい写真撮って~
てな具合にごまかした感のあるものが多いが、
何100kmも走って来て、
ここで食べたうどんがうめー、塩分が身に染みるとか、
生の感動がここにある。
これ、
ツーリングガイドって言うべきか、嫌むしろ自転車で走った生の声を集めてた本である。

DSC01200.jpg

まだ漫画は単行本としては1巻しか出ていないので、
漫画のストーリーとしてどうなるのかは知らない。(単行本派なので連載は読んでいない)
しかしいきなり巻頭特集にフレッシュとか。
もう最初からガチじゃないか。

DSC01201.jpg

そして渋峠と来たもんだ。
本の表紙の集合写真から見る通り。
自転車乗りとしては一度は行ってみたいところである。
自転車乗りにとって最北端とか最高点とか最○○って何かここまで来たーーー
って感動が分かりやすいからね。

ヤビツ峠もあるし、木崎湖もあるし、
ブログやなんかでもお馴染みの地名が出てくる辺り
漫画の方の行く末も心配楽しみである。


ロングライダースの方はまじでゆるふわガチなので、
そこまではちょっと・・・
同人誌で一般書店で手に入らないし(Amazonでは一部購入可)敷居が高いと思いの自転車乗りの方々、
別にここに登場する峠道へ都心から自走で行けとは言わない。

車で麓までデポしてもいいし、
輪行で近くまで行って目的の峠だけ走るも良しなのだ。
そらなら本当にゆるふわとまでは行かないまでも、
ガッふわ?くらいで走れる場所だろう。

この夏の休暇でここで紹介されている様なツーリングを体験してみたいものである。


さあ、
夏季休暇どこ走ろう。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター