ダムダムパトロール、岐阜県へ、阿木川ダムまでなるべくTTペースで

DSC00939_20130630182812.jpg

本日も、
なるべく早めに帰宅すべく
ささっと行って帰って来れるコースで。
ダムの超水量が気になる?
と言うのは嘘で、カードをもらいに阿木川ダムまで行ってみた。

DSC00925.jpg

何とか予定通り5時起き、
どうも、最近眠りが浅い。
空腹なのだろうか。
3時半頃に目が一回覚めた。

その後一回うとうとして起きた。
準備をいそいそして6時10分頃にスタート。

本日のマヨ橋。
今日は朝から曇り空。
どうも、予報より天気が崩れそうな予感。
なので兎に角早く帰ろうと気分的にもTTペースで。

DSC00927.jpg

ダム坂も全力ダンシング。
矢作川沿いに出てからが本番。
ここから信号の少いコースなのでなるべく全力で巡航する。
往路は若干の上り基調だが、
できるだけ下ハンで頑張る。

DSC00928.jpg

高速巡航できる基本県道11号にて。
小渡のサークルK横を通過。
自宅からここまでアベレージ29.6km/h
惜しい、0.4km/hが足らなかった。
まあその足らなかった差も信号停止とかのタイミングくらいの違いだろうけど。

DSC00929.jpg

休憩は入れずにさらに北を目指す。
ここで水入り。
片側交互通行に捕まった。
正直自転車で前方も見えるので止まる意味も無いのだが。
ここは律儀に待つべし。
(疲れて休憩できたと内心思っていたのだが)

DSC00930_20130630183503.jpg

しばらく緩い上りが続いて
明智の浄水施設の先の大岩のところでまた停止。
これまた良い休憩になった。
ただ岩を写真に撮りたかったと言う話。

DSC00933_20130630184235.jpg


大正村を抜けて、
明知鉄道沿いの快適路をひた走る。
前半の小渡までを頑張り過ぎてか、
弱上り基調がきつい。
でもここの道は走るのに気持ちよくて気分は高揚。

岩村を抜けて小沢山トンネルの1kmを超えたらもうすぐそこは阿木川湖。

DSC00941.jpg

管理事務所の玄関でピンポーンとして、
2階事務所でカードゲット。
ここは8時半から空いてるみたいで、
早めに来てもゲットできるのが助かる。
到着は目論見通り午前9時。

DSC00937.jpg

ダム湖側。
噴水も上がっているし貯水量は概ね回復傾向か。
ちょっと雲行きが怪しいな。

DSC00936.jpg

ここからダムを見上げる位置まで降りられる様だ。
しかしロードシューズでここを降りる気にはならず。
しかし目が眩む階段だ。

DSC00938_20130630185153.jpg


反対側の恵那市街が見渡せる。

DSC00940.jpg

もうちょっと天気が良ければ御嶽山の綺麗な山肌が見えたのだが。
夏場に来た時に聞いたが、
恵那は雷横丁と言われている。
夏は夏であっと言う間に雷雨に見舞われる事がある。
ここらへ来るなら覚悟した方が良い。

DSC00942_20130630185155.jpg

ダムダムパトロールも終了。
雨も心配なのでさっさと帰る。

明智方面は上り返しが少しあるが基本下り。
ここからスピードアップ区間。
あんなところに茅葺きの家と言うか門?
なんか地主みたいな凄い家だな。

DSC00943.jpg

帰りは下りだから快走区間、
なのだが、
往路でもあった2箇所の停止区間でまた停止。
4台くらい車が停止してたけど、
10秒くらいフライングして行っちゃった。

DSC00944_20130630185709.jpg

休憩は必要無かったが、
ドリンクの枯渇は無理だったので、
小渡Kで給水。
青い変なドリンクを。
コカ・コーラのだけど凄く青い。
甘すぎて駄目だな。アクスパ復活して。

帰りも頑張って走って、
前に反省会前ライドで会った速い集団のジャージの人との二人パックに食いつく。

無賃乗車はいかんので、
10m離れて付かず離れずで。
やっぱりトレーニングで走ってる人は速い。
おかげで良いペーサーになった。
信号で切れたのでそこからまたソロで。

ダム徘徊と補給で落ちたアベレージを徐々に回復して、
26kmから27km/hに乗った。

このまま行けばこれを維持できそう。
そう思って市内に戻っても頑張ってみた。

ぎりぎり午前中に帰宅。
何とか維持して、
アベレージは27.6km/hだった。

DSC00947.jpg

シャワーってアイス。
今日もいいトレーニングになった。
やはりソロで走る時はある程度負荷かけて走るのがいい。


本日158km。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター