DEDA ZERO 100ステムってリコールなの?でイメチェン

DSC00512.jpg

このロードを乗り始めてから
ハンドルとステムはこの組み合わせ。
白を基調としたDEDA合わせ。

ハンドルがDeda ELEMENTI PRESAでステムがDeda ZERO 100
そもそもこれまで使って来た中で、
ステムが緩むとかヒビが入ったと言う事は無かった。
あったらそりゃ怖いけど。

そんなわけでどうせならイメチェンついでに交換してしまおうとなった。

DSC00514.jpg

取り付けにとりあえず、
トルク管理必要かなあと思ったのでこれも購入。
トピーク コンボトルク レンチ& ビットセット(Amazon)

レンチにプラ板のトルクメーターが印字されており、
その歪みでトルク測定するというアナログ仕様なトルクレンチ。
それってどうなの?
て事だがカミハギブログにあったのでまあ大丈夫なんじゃないかと。

で、使ってみたところ、
指定トルクにすると少々過トルクな気が・・・
ステムボルトに対して8nmは締め過ぎだ。
コラム側には6nmと指定されいる。
しかしそれも結構きつい。
結局これまでの勘と比較して5nm程度で締めておいた。
(なんか意味無いね)

DSC00513.jpg

そしていざ取り付けようと思ったのだが、
新しく買ったのはこれ。
SUPERLEGGERO

DSC00507_20130423153426.jpg

一番軽量らしいが、
110mmで110gと。
カタログ値の99gと言うのは一番短い80mmの事かね?
軽量化に貢献しているのは、
コラムクランプ部の低さと、ハンドルクランプが2分割なところかな。

DSC00515.jpg

そして取り付けてみた。
上記の写真の様に、
zero100とSUPERLEGGEROはコラムのクランプ高さが4mm違う。
SUPERLEGGEROのが短い。

そんなわけで余計にコラムスペーサーを挟まないといけなくなってしまった。
軽量化の意味が無いよね。

さてどうしたものか。
続く。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター