BRM323名古屋300kmの当日編

DSC00326.jpg

それでは先日の名古屋ブルベ300kmの模様をどうぞ。


昨年の暴風雨と変わって今年はいい天気。
ちょっと風が心配だけど雨よりはいいよね。

今朝の気温は7度くらい。
普段の春のウエアではちょっと寒い。
そんな中スタートの会場にはこれから300km走ろうと言うランドヌールが続々と集まる。

DSC00324.jpg

おっと御なじみめばる君さんと秀さん。
定番ライトと飛ぶライトですな。

DSC00325.jpg

なんか京都ナンバーの車の人が。

DSC00329_20130324154953.jpg

西から黒い雲を背負ってやって来たhimajinさん。

DSC00327_20130324154932.jpg

電アルのスコット、随分軽量軽装備な、そんな装備で大丈夫か?
そう思ったらお見送りに来てくれたざわこさん。

DSC00328.jpg

なんか飛んでるぞ、久しぶりのとりっくさん。
これに乗ってかっとびます。

それに前回は200kmの時のお見送りだけだった、
がくさんと写楽さん、いつも通りコーヒー飲んでたちょいメタさんも居た。
向かいのところでりょうさんも準備中であった。

東屋その向こうには三舟さんも準備して居るのが目に入る。

今年も知った顔が多いブルベのスタート。

ブリーフィング始まるところである。
先週試走もしたし、
ルートは頭に入っている。
300kmはファストランと決めていたので気合が入る。

DSC00330.jpg

まずは弁天島まで前回の200kmと同じコース。
最初の岡崎大橋の袂にて温度計を見ると13℃だったか。
朝、じっとしていると寒かったが走り出すと既に暑い。

最初は先陣を切ってりょうさんとスタートした。
市内を抜けるまでは信号が多くていつも渋滞になる。
できれば最初は先に出ておいた方が良いと思ったので。

市街地を抜けるまでは信号に毎回ひっかかる。
アベレージ18km程度。
そんなもんで全く進まない。

DSC00331.jpg

やっと市街地を抜けたところがかっ飛びスタート。
いきなりペースが上がってきっつい。
前には同じベストの人ら4人と三船さん。
とりあえずこのペースに着いて行く事にした。

DSC00332.jpg

高速側道に突入。
アップダウンがある通りでちょっと離れた。
随分と早いペースだったので
これは心拍上げ過ぎと思ってあえて見送る。
前方のピンクのベストの三船さん。

途中まではりょうさんが後ろに居たはずだが、
気が付くと見えなくなっていた。

前方の4人パックも気が付くと先に行っており早速一人旅。
丁度高速側道から離れて東海理化の坂の信号タイミング一つ逃した。
少しヒルクライムしてゴルフ場からのダウンヒル。
左折タイミングの信号で4人パックに追いついた。

ここから自分のペースで若干後ろ側から着いて行く。
三船さんパックのが若干速度が速いのだが、
信号停止で毎回追いつくくらい。
意図せず追いつこうと思わなくても大丈夫だったので楽だった。

新城バイパスに入って風を感じ始めた。

DSC00333.jpg
PC1:8:58

先頭で数回交代トレインになり、
PC1手前で最後自分が先頭に出てすぐPC1到着。

ここでは多分長居しないだろうと思って、
ブラックサンダーのみ購入してほおばって即リスタート。

気が付いたら前方に居るのは三船さんのみ。
一緒に居たメンバーはすぐ着いて来なかった。

長篠城跡のところで三船さんに
「今日はどれくらい目標ですか?」と聴かれて
「12時間台ですかね~」と素直に返答した。
そう12時間切りするだろう三船さんに対して自分はまあその後の12時間台だろうなと。

引佐へ右折するところでは大型ダンプが行き交う中、
道路工事で歩道へ行くはめになる。
さらにこの後も片側交互通行も結構あり。
土曜だからか工事が多い。トラックも多い。
いつもは走りやすい道が若干ストレス。

弱上り基調の区間で速度はだいたい35km/h巡航。
少し上り出したところで先頭交代。
炭焼田トンネルを抜けてダウンヒル区間に入ったら
又三船さんが先へ出た。

やっぱり上手い人の後ろを走るのは非常に安心できる。
かなり速度が出ていたが全く恐怖感が無い。
良い塩梅で引佐を下る。

気賀からのちょいアップダウンでまた先に出る。
しかし浜名湖が見えたところでかなりの爆風区間に。
きつくて速度が落ちるとまた三船さんと先頭交代。

まさかこんな状況で走る日が来るとは。

DSC00334_20130324162441.jpg

浜名湖畔を下って大橋を渡る。
この区間は追い風区間。
今回も楽に速度が出る。

DSC00335_20130324162441.jpg

なんだかあっと言う間にここまで来てしまった。
後ろに着いて来る人は居ない。
二人でここまで来れたのは夢見心地。

DSC00336.jpg
PC2:10:27

弁天島サークルK到着。
正直時間を見て疑った。
ここまでの予定を当初4時間超えるくらいと算段していたから。
まさに高速列車。
100km地点で3時間半を切っての到着って。

DSC00337.jpg

今日も弁天島は風が強い。
ここでの補給はウィダーインゼリーとブラックサンダー。
ぐいっとゼリー飲んでブラックサンダーをほおばったら即スタート。

が、しかし余計な写真撮ったりつぶやいてたら三船さん既に先に行ってしまった。
ここで市道へ向かう歩道信号で遅れた。

そう言うわけで本当にここから一人旅。

DSC00338.jpg

中田島砂丘沿いの直線路に来たら見えるかと思ったが、
前方数kmも全く誰も見えない。
普通のサイクリストが2人居ただけだった。
まさに嵐の様なひと時であった。

DSC00339.jpg

一人になったら自分に聞くしかない。
ペースを一定に戻して無理もする事無くいつもの走りで。
心地よい追い風に乗ってペダルは軽い。

DSC00341_20130324163003.jpg

前方に風車が笑う、
あれを見るに随分追い風が吹いているのが分かる。
遠州大橋を渡るために歩道がある側へ渡る。

そう言えばこのルートは一回静岡200kmで走ったのを思い出す。
当時は自転車も小銭が必要な有料だった気がしたが、
今は自転車も歩行者も無料な様だ。

DSC00342_20130324163815.jpg

150号の単調な道が続く。
たまにトラックが追い越しするので若干気を使う。

DSC00343.jpg
PC3:11:38

見覚えのあるコンビニだった。
この辺のルートは静岡200と同じだな。
丁度お昼時って事で地元の野球だかスポーツ関連の子らでにぎわっていた。
気温がだいぶ上がったおかげで暑い。
喉が乾いたのでここでレッドブル補給。
ちゃんと食べるにはまだ早いと思ってまたウィダーぎゅっと。

ここでタバコ吸ってたおじちゃんから定番質問来たー。
これいくらくらいするの?50万くらいです。
どれくらい走るの?今日は佐久間ダム方面へ300kmくらいですかね。

へー車と同じだなあ
なんて。

DSC00344_20130324163815.jpg

北へ進路を取ったら、
あれ?なんか進まない。
凄い向かい風やんか。

アップダウンも多少あって進まない感じがひどい。
見渡せる道路なんだが思わずインナーに入れて走ってた。

エコパへの坂を暑い暑いと思いながら、
ここを昼間に走るのって無かったなと上ってトンネルくぐって見えて来た。

今回のタイトル、スタジアムツアーの一つ目、
エコパスタジアムを横目に下る。

DSC00345.jpg
通過チェック:12:05

愛野駅も学生でごった返し。
エコパや運動場が多いところなので混みあうコンビニだ。
会計にちょっと時間くった。
ここも通過だけなので水とブラックサンダー。

DSC00347.jpg

さあやっと先週のスタート地点だった袋井駅まで来た。
当初の目論見だとここから6時間半。
現在、
12時15分、概算で18時45分?無理無理。この向かい風に+ここまで既に150km走行だぞ。
やはり12時間台がぎりってところだ。

そして駅前がなぜかこのにぎわい。
歩行者天国になっとる。
仕方が無いので歩道をゆっくり徐行。

DSC00349.jpg

今日の橋脚。
新東名を通過。

DSC00348_20130324164753.jpg

天竜浜名湖線も見えて来る川沿い、
気温がぐんぐん上がって暑い。
フロントジップを下げて入って来る風が涼しい。
グローブは冬用しか着けていなかったので、
外してノーグローブライド。
これもまたダイレクトで気持ちよかった。

今週はもう咲いているだろうと思った川沿いの桜は開花寸前くらい。
まだ、ここの地域でも早いのだな。

DSC00350.jpg
PC4:13:18

なんか先週はあっと言う間だと思った袋井駅~PC4区間。
今日は長く感じた。
やっぱり向かい風きつい。
この時期になんでこんな北西風吹いているんだ。
ここから先は補給しないだろうと思ってここで初めて大休憩。

スパゲッティを食べる。
しかしここまで固形物はブラックサンダーだけ。
どうにもスパゲッティが上手く感じ無い。
と言うか食欲が無い。
無理に口へ押し込む作業。

食べていたら原付バイクのあんちゃんが話しかけて来た。
今日は何かのイベントですか?
自分もたまに自転車乗るんですよ、伊那から来たそうで。
それはまたはるばる、この時期気温差があって難しいですねって感じ。

スパゲッティを食べるのだが全く進まない、
残して捨てちゃうかとさえ思った。
これがファストライドの功罪か。

食べないと絶対この後持たないと思って無理にでも完食した。

DSC00351_20130324165516.jpg

走り出してしばらくは吐き気までは行かないが
気持ち悪い。
胃から吸収されるまでの我慢だと思って兎に角足を回す。

風の影響もあったが、
この区間疲労も感じて余り進む感じがしなかった。
先週はフレッシュな足だったからぐいぐい回してたのに。

段々山深くなって来て大きなダムが見えて来た。秋葉ダム。
ダムカードは佐久間ダムでダブルゲットしたが寄っては居ない。
いつかちゃんと寄らないとね。
後は秋葉山ヒルクラもあるし。

DSC00352.jpg

秋葉ダムからトンネルを通過して、
大井橋を渡るともうすぐ佐久間ダムの下。
こんな辺鄙なところでもサイクリストって結構居る。

DSC00355_20130324170801.jpg

ここら辺からの何にも無い感じがちょっと怖い。
確かにダム周辺には民家とちょっとした商店はあるが営業時間短いだろうし、
ここら辺で夜走る気にはならないところだ。

DSC00353.jpg

右へ上ると佐久間ダム。
ダムへ寄り道した人居るんだろうか?
地図で見ると意外と近く見える佐久間ダム。
でもここから結構上らされるし寄るにはきついのだが。
今日はスルーできる安心感。

何にも無い感と言ったが、
ここは一応誰向けは分からないが宿もあるし、
飯田線沿いなのだ。
駅寝すれば何とか生還も可能と言う事か。

国道473から上り。
こんなところでなぜかランしてる人が居たり。
前からはニュークラウンとすれ違った、実車初めて見た。ピンクじゃなかったけど。

東栄町を抜けるところで、
一番疲労感を感じ始めていた。
ちょっとお尻も痛い。
たまにダンシング入れたりぐいっと背中伸ばしてストレッチ。
速度域も一番伸びない段階になった。

DSC00356_20130324171702.jpg

今週も月にタッチ。
この辺でもまだ明るいってのは予想してなかった。
結局同じ様に明るいうちに走ったわけで。

そしてここから林道アップアップコース。
ここの上りがやっぱりきつい。
堤石トンネルまでそれなりに勾配がありつつ上り続ける。
一番疲労しているし補給もしばらく無い状態で上りは堪える。

何とか補給ドリンクで持たせて来た。
設楽に戻って来て高速ダウンヒル。
やっと開放された。
この区間があるから頑張れる。
距離が稼げて下るだけって何で楽なんだ。


DSC00358.jpg
PC5:16:34

ラストPC到着。
気が付けばスパゲッティは吸収され空腹感も特に無し。
やっぱり無理にでも食べないと駄目なんだとここまでで実感。

そしてラスボスの新段戸トンネルまでのヒルクラを考えてここでもしっかり補給。
まずは甘いものが必要だ。

シュークリームにコーラ投入。
おそらくゴールまでに水分も居るだろうと水、
速攻エネルギーにウィダー、おにぎり
筋肉回復に持参のアミノバイタルゼリーと一気食い飲み。

ちょっとげっぷと採り過ぎかと思った。

日が落ちて来てじっとしてると寒いなと感じ始めた。
ここでグローブを着用してフロントジッパー上げて、
後方の赤色灯を全灯。

さああと一息。
16:50に走り出した。
確か先週は3時間かかった。
これはぎりぎり12時間台が厳しいなと思った。


DSC00359_20130324171703.jpg

焦っても上りは早くならない。
先週の時も実感したが、
ロングライドではむしろ負荷を掛けない上りのが結果的に良い。
きつくなったらギヤは軽くする。
ファイナルローでずっとでいいと思いつつ上る。

赤沢弁財天から9km程度、
途中平坦もあるからそんなにきつく無いはずと思って淡々と上る。

上りはやっぱり暑くてフロントジップを少し下ろして、
コーラをぐびぐび飲みつつヒルクライム。

メーターを見てしまうときついので、
無心でメーターを見ない様に走った。

DSC00360.jpg

街灯が見えて来たぞ。
と言う事は先はもう直ぐだ。
あのカーブを曲がったら終わりだ。
予想通りトンネルがある頂点到着。
何回か走って道路状況を覚えると途端に楽になる。
やっぱり見えている時間のが楽だ。

そう言えば日のあるうちにここをブルベで走るのって初めてかも。

さあここから高速ダウンヒルの始まりだ。
まだ日の入り前、
道路面ははっきり見える。
これが時間短縮になったのは間違いない。
先週よりもアドバンテージになったのは、
タイヤが新品でかなり安心して下れた事。
さらに記憶の新しいうちに同じ道を下るのでカーブ状況が良く分かる事。

その2点のためにおそらく2割増しくらい速く下っていたであろう。

そして直前の補給がここでも良い方に働いた。
食べ過ぎと思ったが速攻性のある補給で足は良く回る。
上りでコーラは飲みきっていた。
水を余分に買っておいて良かった。
水分もやはり欲していてそれも余裕あって飲める。

下山生コンを通過して日の入り時刻。
ライトを点灯してここから夜間走行。

下山のサークルKから301号をアップダウン。
車通りが増えて来たので慎重に。
松平橋を渡ると豊田市特有の細かいアップがあるのが最後の辛抱か。

DSC00361.jpg

右手に明るい建物が見えて来た。
スタジアムツアー完遂。
トヨタスタジアムを通過。

直前で名前を呼ばれた。
シイナさんに声をかけられてちょっと驚き。

矢作川を渡って248へ。
国道248は土曜の夜もあってか交通量が多い。
1車線規制のため歩道をゆっくり通過する。
明らかに嫌がらせ的な急発進左折車とかあった。
車の町だがろくでも無いドライバーも多いから注意が必要だ。
工事区間抜けるまで時間かかった。


トヨタ本社前を抜けてからは速度アップ。
時間を見たら19時は回っていたが、
この時間なら12時間台は間違いない。

思っていたよりかなり短時間で戻って来れた。
残りがわずかと感じるとどんどんスピードもアップする。

248を逸れてさあラストスパート。
明るい柳川瀬公園グランドが見えた。
そのままの勢いを保ってダンシングで坂を上って左折してゴール。


12時間19分であった。

三船さんは既に居なかったが30分差、
思っていた程は差が付いていなかった模様。
東栄町辺りの失速を考えても上出来か。

暖かいココアを頂いて認定完了。
しばらく話して後続の2人が来たところで帰宅した。


ファストランはきつい、でも達成感はある。
風呂に入って一息着く瞬間は幸せの瞬間である。これがあるから辞められない。


まだ走っている知り合いを応援しつつ眠りについた。

スタッフ、走者お疲れ様でした。


今回合計322km。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター