インナーインナーどっちかな?モンベル ジオラインを試す

DSC00055.jpg


最近早朝の走り出しが寒い、
走り出して汗かいた後の下りが寒い。



高機能インナーで安いのでって事でこれを購入してみた。

元々冬のインナーで愛用しているのは、
これでは無くてクラフトのプロゼロエクストリームのモックジップタイプ。
それなりに安い価格で汗吸いが良いのでここ数年はずっとこれ。

しかし厳冬期はクラフトとアウターのジャケットだけではちょっと寒い。
特に止まった後の走り出しと下りで冷える冷える。

やっぱりインナーで汗を吸った後の水分をさらに外に追い出すための
インナーのインナーと言うかミドルレイヤーが必要かなと。


それで適当に普段着にあったユニクロのヒートテックを
クラフトの上に重ね着してみた。
ところがこれが大失敗。
ユニクロのヒートテックは運動着としては全く駄目。
汗吸いした後の冷えと乾きが最悪だ。
むしろ着ている方がマイナスに働く始末。

ヒートテックは汗をかかない時の普段着としては良い品だが
運動着としては最悪の品である。

DSC00050.jpg

そこでモンベルのジオラインである。
困った時のモンベル。
山で生き残るにはモンベル。
安物買いのモンベル。

インナーのジオラインには3種類の厚さがある様で運動強度によって、
または気温で選択する。
その中で一番薄手のライトウエイトを購入した。
そしてその3種の中でもさらにネック部分にも種類があり、
もちろんジッパーのあるハイネックを選択。

エクスペディション

ミドルウエイト

ライトウエイト

クラフトのもそうだが、
自転車着においてこのジッパーである事は非常に重要。
上りはやはり暑い時があるのでジッパーを開けて調整、
寒い時にまたジッパーを上げて調整できる。



さて前置きが長いがこれをどこに着るのか?
それは結局個人個人の汗のかき具合によるのかもしれない。
自分は5回6回程度の実走をしてみて比較した結果、


クラフト→モンベル→アウター

と言う結果に落ち着いた。
なぜこうなったかと言うと
ライトウエイトなので汗吸い量に限界がある。
確かに汗吸いは非常に良いがローラーでこれだけ着て回してみたら
汗吸いの上限にあっと言う間に達してしまった。
汗冷えを防ぐにはそこから汗を外にさらに吸い上げるミドルが必要。

と言う事で汗吸い量がある程度多めにある方のクラフトをインナーに、
それを即座に吸い上げるミドルにモンベルにしてみたら良い具合になった。

とりあえずこれでよほどの厳冬で無い限り大丈夫と言える。
余り高い金額かけずにそれなりに機能性のある自転車ウエアで行くとなかなか良い選択かと思った。




tenki_20130223103431.jpg

ところで明日の天気予報 (2013年2月23日Yahoo天気予報より)

はてこの風~~~~~~~

あと名古屋は誓約書の捺印と記入忘れない様にね。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター