DAHON用の普段使いサイコンを新調した、CC-VT210W

DSC09748.jpg

とりあえずシンプルな安いのでワイヤレスって事で、

キャットアイ(CAT EYE) VELO WIRELESS+ サイクルコンピュータ CC-VT210W(Amazon)
を購入した。


先々週の話、
エヴァQ見に行った時に駐輪して
古い何年物?なキャットアイのサイコンCC-MC100Wを使ってて
確か外した記憶はあったのだが、
その後のキャノボDNFを経て翌週の月曜にサイコンが無いのに気づいた。

あ、外してポケットに入れたまま洗濯してしまったかなと思って探すも無い。
もしかして帰りに寄ったホームセンターで盗まれたか?

結局始めて買ったサイコンは無くなった。
自転車始めると同時に買ったものだけになんだか寂しいわ。
思えば一番長持ちした物だったな。6年くらい使ったんじゃないだろうか。

DSC09749.jpg

こう言う単機能のものって何年経ってもそう変わらないものだね。
セッティングも特に変わりなく時計とタイヤ周長を入力するだけ。

消費カロリーとCO2削減量計測可能とあるがまあ参考程度の数値。
あくまで速度と走行距離が分かればいいんでその他の項目は要らないや。

自分が使ってるタイヤはSchwalbe Duranoの20インチ(406)サイズで、
実測してみたところ
約147cmだったのでそれで設定。
ミリ単位ではずれはあるが空気圧と乗る人や車体重量で変わるのでその辺は適当に。


古いタイプと変わってタイヤ側のセンサーが一体式になったので、
ちょっとフォークによってはクリアランスが厳しいかもしれない。
距離が遠いのでぎりぎり内側に向けて取り付けてやっと認識する。

DSC09751.jpg

新しくして見やすくすっきりした画面は良い。
機能を求めていないので普段使いにも問題は無い。


但しこれはちょっとと思うところをいくつか上げておく。

上記のマニュアルにあるとおり、

・TM約27時間、またはDST999.99kmを超えると.Eが表示されます。

あれ?こんな制限あったかなと。
1000kmを超えるブルベやなんかには使えません。1000kmなんて出ないよってあなた、
1ヶ月なら1000km走るでしょ?
つまりそこそこ走る人で1ヶ月単位で記録に使う人は注意した方がよろし。

27時間制限も又、これはブルベだと600kmで関係してくる。
厳密には計測時間で27時間だけど600kmの走行時間が27時間超える人は普通に居るでしょ?
33時間以上かかるなら多分その制限に引っかかる。
気が付けばサイコンがエラーのまま走行距離が記録されていないなんて自体があり得る。

ついでに言えば1ヶ月の積算だったら27時間もすぐだな。
シンプルだけどこの制限ってちょっとどうかなあと思った次第。
走行時間に関しては他の機種のが短かったりするのね。10時間のもある。
そう言うものなのかな?

もう一つ6年越しの古い機種にあったのに出来なくなった機能は

・リセット時のODOメーターの設定ができない。

電池交換したらODOメーターがリセットされます。
総走行距離を記録してる人は電池交換時にも注意。
使い出す時はまたゼロからになってしまう。

・タイヤ周長登録が1台分だけ。
ロードとミニベロで共有できません。
いちいちタイヤ周長の変更が必要。

あ、あと使わないけどバックライトも無いよ。



うーんこうやって羅列すると
6年前の機種より退化してるみたいな。
高いやつ買ってよねって事だろうか。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター