DAHONのハンドルポストラッチが緩む

DSC09278.jpg

久しぶりにDAHONの話題。
乗ってるDAHONはVeloceと言うそこそこ古い型のなんだけど、
基本的に毎日折り畳みしている。

それのハンドルポストの根元に折り畳む箇所がある。
それが毎日折り畳むと段々緩んで来るのだ。

DSC09275.jpg

中の構造はこんな感じ。
多分今のモデルから2世代くらい前のハンドル折り畳み機構。
取っての根元部分が楕円になってて、
それが白いプラスチック部を押し出して
さらにそのボルトの先の半円の爪部分がフォーク側に引っかかって固定する構造。

DSC09276.jpg

それでその稼動部分の押し付け具合をプラスチックの横のボルトで調整している。
それが毎日折り畳むと緩んで来てしまうのだ。

DSC09277.jpg

たまに締めるんだけど、
すぐ緩む。
この構造ってちょっと面倒くさい。
ロックタイトで固めてもいいかなと思ったけど調整不能だと駄目かと思って
ボンドでもちょいちょい付けておいてみた。

多分また緩むんだろうけど。
これはこの時のモデルの構造的問題なんだろうか。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター