FC2ブログ

お帰り、ろんぐらいだぁす改め、ろんぐらいだぁすとーりーず!1巻

s-81YI1v74XxS.jpg

三宅大志 ろんぐらいだぁすとーりーず! (1)(Amazon)

久しぶり、
お帰りろんぐらいだぁす。
前巻を読んでから随分時間が経過して、
どうなったんだろうと思っていたらレーベル(出版社)を移籍して、
タイトル一新して再スタートとなって1巻が出た。

(その間にレーベル変更とリニューアル版が出ていたのは知っている、
「せーのっ一迅社!」も好きではあったけどね。)

前回の10巻まででどうだったかなと、
10巻を読み返してみると、
そうか直江津までナイトライド含むロングライドを完走したところまでだったか。
そして前フリで佐伯美弥ちゃんがヤビツ峠を登っていると言うところ。

ろんぐらいだぁすとーりーず!1巻からは、
その美弥ちゃんを軸に、
あちこちへサイクリングへ行く話だ。

今まで立ち位置的に初心者の亜美ちゃんを、
優しく沼へエスコートして行く雛子たちってところが、
360kmも走りきって成長した彼女が新しく仲間として受け入れる美弥ちゃんを楽しませる側に変わって行く。

初心者をうまく楽しませる、
それでいて達成感を得てもらう、
この難しい舵取りって自転車に限らず多くの趣味であるあるだ。
とかく自転車におけるロングライドの幅の広さは人それぞれで力に技術も違うから難しい。
そんな舵取りを亜美ちゃんがやる側になる事が成長をひしひしと感じられる。

そして雛子たちと合流した茨城サイクリングではブルベにおける運営側の苦労話も。
いつもどやって表情が多い雛子が、
ちょっと心配顔連発している姿はなかなかその苦労が忍ばれる。
そして、、
「いいコースになるように頑張っただけだよ」
このセリフにおける表情にすべてが集約されている。
ほんといい顔だ。

そんなこんなで、
宿泊先でエントリーしようと思っていた亜美たちのブルベ初参加は、
エントリー峠に上がれず、
そのコースは雛子たちプロデュースになるって流れが、
いよいよだなと言う展開。

これでついにブルベ参戦編に突入かあと思うと感慨深い。
そしてあらたなロングライドが始まるのです。
次巻も楽しみ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村 写真ブログへ








   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター