FC2ブログ

久しぶりの長時間ローラー、ダンケルクとシン・エヴァ冒頭

s-IMG_2720.jpg

久しぶりに本降りの雨。
さて映画で何見よう。

そう言えばテネットを見た時に、
クリストファー・ノーラン監督の前作のダンケルク見ていなかったなと。
と言うことで課金してダンケルク視聴。

海岸線での戦争映画と言えば、
やはりスピルバーグのプライベート・ライアンやTVシリーズのバンド・オブ・ブラザース何だけど、
これもイギリス人にとってはおなじみの戦線なのかな。
ダンケルクの戦いと言うより、
撤退戦線を描いたもの。

初っ端からノーラン節が出ていて、
音響が特に痛い。
音量上げ過ぎていたので少し絞ったほど。
やはりハンス・ジマーの音楽は非常に重要な部分を担っている。

戦争映画と言うと上記に上げたみたいに、
プライベート・ライアンみたいなドンパチ、腹ワタ出ちゃう直接表現が衝撃だけれど、
ノーランらしい微妙な静けさ表現が妙だ。

それと、
場面転換が多くて、これもテネットみたいに時間軸が変わっているかの様に感じた。
最初はわかりにくい。
メッサーシュミットでの空戦は迫力あるけれど、
全体的に地味なのは否めないかな。

ノーラン作品としては短めの107分だったので、
さらりと見る事ができる点は自分的に高評価。
あくまで大作を作るまでの鍛錬的な意味の作品だったかもしれない。
現にテネットのメイキングでもダンケルクにおける海での撮影体験が役立ったと言っていた。

話の流れはシンプル、
背景をある程度知っていると良かったかもしれない。
戦争映画って言うのは歴史知識ありきで見ないと駄目だね。

s-IMG_2722.jpg

終わりにエヴァ冒頭の12分もついで見。
パリのユーロネルフ復旧の部分は実は見応えあるシーンなので、
それが自室スクリーンで見られるのは最高だ。
このラスボス感、いいよね。


本日ローラー118min



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村 写真ブログへ





   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター