FC2ブログ

my new gear... カメラ、富士フイルム X100Vを買いました

s-IMG_1405.jpg

my new gear...
富士フイルム X100V
を購入した。

s-IMG_1407.jpg

X100Vは富士フイルムのデジタルカメラの中でも、
いわゆるデジイチでは無くてコンパクトデジカメの部類に入る。
レンズは交換できない一体型なので、
もうこれで完成形である。

APS-Cセンサーに23mmの単焦点レンズだけ。
(35mm換算35mm)

たぶんいわゆるコンデジのイメージを持ってる人には、
うわでっか、重いと思われるかもしれない。
そしてこれ、コンデジの中では高い。
意外と値崩れしなくて今でも16万円前後の価格である。

なぜ、
これを買ったのかは後日語るとして早速外観を眺めてみる。

s-IMG_1410.jpg

付属しているレンズは、
35mmレンズなんだけれど、
交換レンズのXF35mmF2ともまた違う出で立ちに見える。
むしろ小さくて良くこの大きさに収めたなと関心する。

s-IMG_1408.jpg

軍艦部を見ると富士フイルムのデジカメらしく、
それぞれのダイヤルが個別に変更できる。
このX100シリーズで共通しているのだけれど、
ISOダイヤルとSSダイヤルが同一円状にある。
今回でもブラッシュアップされており、
通常はSSダイヤルが回って、持ち上げるとISOダイヤルが回る。

s-IMG_1409.jpg

背面はシンプルになった。
画面モニターはタッチパネルであり、
チルト液晶になっている。

面白いのはファイダーがEVFとOVFの切替式になっているところ。
フロントの赤いスイッチをカシャッとやるごとに切り替わる。

s-IMG_1411.jpg

これ些細なところだけれど、
コンデジのバッテリーとSDカード収納部が同じ場合、
蓋の開きがこうであって欲しい。
ヒンジがSDカード側にあるX-E3はカードが出しづらいったらありゃしない。

s-IMG_1418.jpg

そして一緒に購入したもの。
防塵防滴にするためのもの。

アダプターリングと、富士フイルム純正のレンズフィルターを付けてやっとそれが叶う。
ついで購入はペンタックスフジツボレンズフード。
この3つで1万円。
オプションにしてはこれまた高い。

本体にオプション品を追加したら全部で20万円になってしまうと言うのは確かにその通り。

s-IMG_1419.jpg

元から本体のレンズ部に付属しているレンズフロントカバーを外す。
そこへアダプターリングをねじ込む。

そのアダプターリングがあって初めてフィルターが付けられる。
富士フイルムの専用保護フィルターを付ける。

s-IMG_1420.jpg

ここまでやってやっと全体が防塵防滴になった。

s-IMG_1421.jpg

最後にフジツボフードを付けて完了。
こんなにすぼまっててケラれないの?
と思うけれど問題無かった。
先人の知恵。

s-IMG_1422.jpg

横から。

s-IMG_1423.jpg

上から。
アダプターリングにレンズプロテクターにレンズフードと連ねてしまうと、
結構出っ張ってしまうのは仕方なし。

すでに装着済みになっているけれど、
ホットシューカバーとシャッターボタンも木製の物を装着。
そしてストラップも付けてこれで完全体。

s-IMG_1424.jpg

電池、SDカードを入れて総重量が505gとなった。
サブカメラとしてはこれでも軽い。
今までのX-T4が1327gだったからね。

富士フイルムのX100シリーズはちょうど10周年、
5世代目にして買ったからにはしばらく使い倒すぞ。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター