FC2ブログ

富士フイルム X-T4のフィルムシュミレーション全部

s-DSCF0536.jpg
PROVIA(プロビア)/スタンダード

X-T4を買ってから、
結局好みの色調は撮影状況やお天気によって合う合わないがあるので、
1個か2個しか試していなかった。
先日試したのが銀残しと言われる、
ブリーチバイパス。
最初はちょっと極端過ぎだろうと思ってみたものの、
少し調整して全部統一するといい味があるのが分かった。
食わず嫌いの前に一回並べてみる。

s-DSCF0537.jpg
Velvia(ベルビア)/ビビッド

とても分かりやすい。
iPhoneなんかで撮影するとこの感じのHDR気味に補正される。
鮮やか補正は今のスマホの見た目に近いかも。
晴天下で緑の多い風景だと映える。

s-DSCF0538.jpg
ASTIA(アスティア)/ソフト

軟調でふんわり。
ポートレート向き?
そう言う機会が無いのでどうかな?


s-DSCF0539.jpg
CLASSIC CHROME(クラシック クローム)

渋い、
この感じは富士フイルムを使っている人の写真で多く見る。
それくらいフジカラーって感じ。


s-DSCF0540.jpg
PRO Neg.Std(プロネガ スタンダード)

上記クラシッククロームよりもうちょっと硬質。
無機物、建物のスナップに良い。


s-DSCF0541.jpg
PRO Neg.Hi(プロネガ ハイ)

実はこの辺から使い分けが難しい部類。
下記のクラシックネガも含めて、
色調を抑えた具合は同じ何だけど、どこでどう使うのか。

s-DSCF0542.jpg
クラシック ネガ

ただ、
これはより黒を落とし込んでくっきりしている。
なので硬め表現のシリーズの中で一番わかりやすい。

s-DSCF0543.jpg
エテルナ

昔のフィルム調で、
懐かしい感じが出せる。
フィルムカメラっぽい印象が出せる。


s-DSCF0544.jpg
エテルナブリーチバイパス

上記さらに色調を抑えたもの。
極端なので若干調整が必要で、
色彩の鮮やかな自然風景だと微妙に感じる。
使い方次第で化けるけれど、それが難しい。

s-DSCF0545.jpg
アクロス(ACROS)

いわゆるモノクロの少しはっきりしたもの。
モノクロ表現をきっちりやりたい時に。

s-DSCF0546.jpg
モノクロ

ごく普通のモノクロ。

s-DSCF0547.jpg
セピア

うん、セピアだね。
作られたセピアって感じなので、
もっといじって退色した感じを出せれば使い所がある?かもしれない。

ざーと一通り試してみたけれど、
あっちこっち横断してみても統一感なくなってしまう。
当初の通り、
撮影被写体に合わせて一つか2つに絞るか、
その日はこれと決め打ちする方がいいのかもしれない。
選択肢があり過ぎるのも困りもの。

参考
色調や階調をコントロールしてみませんか?(富士フイルム)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター