FC2ブログ

ママチャリの英式バルブにヒラメポンプアダプターで空気を入れたい

s-IMG_9608.jpg

タイトル通り、
はい、結論から言って駄目だった。
いわゆるママチャリ、軽快車のタイヤ・チューブ空気入れの形式は英式である。

自分が持っているヒラメポンプアダプターはもちろん仏式である。
英式→米式→仏式の変換が必要。
英式→仏式と言う変換方法を探したがどう探しても見つからなかった。

とりあえず英式→米式までの変換が必要か。
そこで購入したのがこちら。

s-IMG_9601.jpg



パナレーサーのエアチェックアダプター、
英式バルブを米式に変換するもの。
エアチェックアダプターとある様に、
通常英式バルブは空気圧を測定できない構造である。
それを米式バルブに変換する事でエアチェック(空気圧測定)ができる様になるもの。

s-IMG_9602.jpg

内容物はこんなもの。
キャップと本体と内部の逆止弁になるパーツ。
米式ってあんまり馴染みが無いのでどうなっているのだろう。
BROMPTONに乗っている人にはおなじみだろうけど。

s-IMG_9603.jpg

交換自体は英式の虫ゴム部分ごと全部取っ払って、
このエアチェックアダプターと交換するだけ。
ママチャリにおける英式→米式変換は、
一番簡単にできる唯一のカスタムだろうか。
虫ゴム式の英式バルブは経年劣化しやすく空気漏れしやすいので、
このカスタムは良く見る。

s-IMG_9604.jpg

米式の構造を見てみると、
空気を入れる先端に突起があって、
それを押し込むとこれが下がって空気の出し入れができる構造になっている。
なるほどと思った。

s-IMG_9605.jpg

そしてまた話が逸れるが、
最初に検討していた3段変換方式のためにこんなアダプターも買っていた。



これを見ると米式→仏式変換パーツがある。
もしかしてこれでヒラメポンプアダプターが使えるかもと。

s-IMG_9611.jpg

早速まずは第一段階、
英式を米式に変換しよう。
英式の外側アダプターを外して中の虫ゴムまで抜く。
一気に空気が抜けてしまうのですっ飛ばしてしまわない様に注意してやろう。

s-IMG_9612.jpg

そして買っておいたパナレーサーのエアチェックアダプターを、
この順番で入れて行く。

s-IMG_9613.jpg

これでとりあえず、
英式→米式に変換完了。
例のポンプがあればとりあえず空気入れができる状態になった。



s-IMG_9614.jpg

そして別に購入していた、
各種変換アダプターを付けて行く。
米式→仏式に変換。

んん?これって本当に仏式か?

s-IMG_9616.jpg

どうみてもヒラメでくわえる事が出来ない。
これ駄目じゃん。

s-IMG_9618.jpg

良く分からんけれど、
余っていたアダプターをさらに足してみた。
もはや何だこれ状態だ。

先端の細いところへ、
ヒラメポンプアダプターをくわえる事は出来たが非常に不安定だ。
やっぱり無理だな。
この時点でヒラメを使うことを諦めた。

s-IMG_9624.jpg

そう言えばむかし、最初に買ったパナレーサーの安いポンプがあったなと思い出した。
かなり劣化しておりまともに使えるか微妙な状態。
実際に英式バルブの状態でうまく入らなかった。

s-IMG_9622.jpg

そう言えばこの手のポンプ、
先端のクリップを外せば米式にできるんだっけ?
クリップを使うのが英式、
中のアダプターの突起がある状態が米式、
中のアダプターをひっくり返して突起が無い状態が仏式だった。

s-IMG_9623.jpg

英式の時はクリップが弱くてうまく使えなかったポンプが、
ねじ込みできる米式ではしっかりくわえてくれて何とか空気を入れる事ができた。

何だ、結局これでいいんじゃん。
余計なアダプターを買ったのは何だったのか。
結局ヒラメポンプアダプターはスポーツ自転車向けだよね。

s-IMG_9619.jpg

そう言えばママチャリの適正空気圧ってどれくらいだろうとタイヤ側面を見てみると、
300kpa、45psiとあった。
つまりだいたい3BARだ。

え?たったの3BARなのか。
うっかり5BARくらいまで入れそうになった。
これなら例のポンプでも楽々適正値まで入れられるな。

結局いろいろ苦労した割には、
大した事をやっていないと言う結論に帰した。
所詮雑に扱う用のママチャリ、実用車だ。
これくらいで良いだろう。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター