FC2ブログ

寝汗がひどい、冬でも寝汗をかく場合の対策はおたふく手袋のインナーで解決

s-IMG_9544.jpg

最近冬なのに、
寝汗をひどくかくのである。
昨年まではそんな事が無かったのに体質の変化なのか?
もしかして暖冬の影響か?
理由が良く分からず数日は未明に汗びっしょりで起きて、
着替えしてまた寝るを繰り返していた。

まず最初に疑ったのは、
風邪をひいてから、
寝る直前にお風呂、湯船にしっかり浸かって身体を温めた状態で布団に入っていた事。
これは結局身体の中心を温かいまま保ってしまって逆効果だった。
シャワーだけに戻した。

そして布団の枚数、
寝る前日に気温予報を見て、
3℃を下回るなら真冬の枚数、
それ以上なら1枚減らすなどで調整してみた。

しかし、
それでもまだ寝汗をかいた冷たさで起きてしまった。
じゃあどうすれば良いのかと調べてみると、
人間は結局どうしても寝汗をそれなりにかくものであると言う結論だった。

だからコットンなど吸水性の良いパジャマや敷ふとんを使うしか無い。
これまでは上記写真の様な普通のジャージとTシャツで寝ていた。
このシャツはローラーする時など普段着に使っているが、
汗を吸うとめちゃくちゃ汗冷えするタイプのTシャツである。
ユニクロの一番安いTシャツで綿67%、ポリエステル33%だそうな。
これ駄目なのか。

s-IMG_9543.jpg

そしてまたまた登場、
おたふく手袋のボディータフネス、
いわゆるおたふくインナーだ。
今回は下のパンツタイプも用意した。

運動の時に着用すると汗冷えを抑えてくれて快適だが、
寝る時に着用する事は無かった。

そして……

朝起きると、寝汗かいていた様な気がする?
頭や髪の毛が若干汗っぽいと感じたのだが身体はそう感じていない。
つまり汗をしっかり吸っても汗冷えしない。
これはいい!
結局寝汗はどうやってもかくので汗冷えを感じない様に着衣で対策するしか無い。
それがおたふく手袋であっさり解決したのである。

自転車や運動時におたふくインナー、
寒いから普段着にもおたふくインナー、
そして寝汗対策に就寝時にもおたふくインナー、
もはやおたふく手袋さまさまの生活になってしまった。

そんなわけで寝汗に悩んでいる方は一度このインナーを着用してみてはどうか?
高いパジャマや高いシーツよりよほど効果を期待できるぞ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ





   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター