FC2ブログ

iPhone 11 Proのカメラ機能を試す、広角レンズは解像度が低い?

s-IMG_8373.jpg

先日のブログ記事を書く際に、
iPhone 11 Proでも何枚か撮影していて、
超広角レンズで展望台からの風景を撮影してみた。

HDRの処理もあって、
普通に撮影するだけで青が濃い。
SNS何かでアップロードしたら見映えするとも言える。
その時に遠い風景だから拡大して見たりしてデジタル一眼カメラと比較したりなんかもしていた。

上の写真みたいに広大な風景を広く写してそこまで大きな画像を張らなければ見分けはつかない。
ぱっと見できれいには見えるよね。

s-P1250897 (1)

さてこちらがLUMIX GX8にパナライカ12-60mmの12mm。
未加工なJPG撮って出しってやつなのであっさり目の絵だ。
そしてiPhoneの13mm超広角と比較したらこれでも狭く感じてしまう。

それでわかり安いところで、
真ん中に某薬局の看板が見えるので拡大してみた。

s-IMG_8373 (1)

iPhone 11 Proの超広角中央部。

s-P1250897.jpg

LUMIX GX8+12-60mmの12mmの中央部。

s-IMG_8373 (3)

iPhone 11 Proの超広角中央部をさらに拡大。

s-P1250897 (2)

LUMIX GX8+12-60mmの12mmの中央部をさらに拡大。

そもそも同じ13mm(マクロフォーサーズなら6.5mm)レンズの比較じゃないとフェアじゃないんだけど、
何となく違和感があったのはこれの事だったか。
とにかく建物が1個1個貼り絵っぽくなっちゃう。
解像度が全く違うのは仕方ないとは言え、この貼り絵っぽさが全体で見るとちょっと塗り絵に見えた。

これってどうなんだろう。
コンデジ要らんとか超広角レンズ無くてもいいかなと思ったりしたが、
それなりの大きさの画像を貼って楽しむと、
このハリボテ感が違和感がある。
細かい建物とかは画像処理が苦手なところなんだろうか。
お花とか面一な空や山の風景だといいのかもしれない。

裏技で、
通常の1倍画角の中央部と合成するってのもあるけれど、
一発撮影で超広角が撮れる利便性のがいいんだよね。

もう一つ気になったのが、
iPhone独自の圧縮フォーマット
.HEIC
って言う拡張子。
JPGに変わる画像圧縮だそうで、
いまのところApple独自仕様なフォーマット。

s-IMG_H8386.jpg

.HEIC

s-IMG_8385.jpg

JPG

分かる?
微妙に色味が違う気がする。
容量はHEICのが2割くらい少ない。
上記の風景は特に変更があるのを知らずにHEICで撮影圧縮してある画像を、
GoogleフォトからJPGに変換ダウンロードしている。
この辺も影響しているのかなあ。

普通のコンデジは要らんかなと思ったけれど、
1インチセンサーくらいのコンデジ、SONYのRX100とかCANONのG7Xとかには、
やはりまだ勝てない部分があるよなあとも感じるところだった。

写真にどこまで求めるのか、何を求めるのか、
それは人それぞれなので、それを含めて選択してみると良いだろうね。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ






   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター