FC2ブログ

ねこ目線の映画、岩合光昭のねことじいちゃん

s-IMG_8115.jpg

今年のにゃんにゃんにゃん、2月22日公開された映画、
ねことじいちゃんをやっと見た。
岩合光昭の初監督作品とのことで、
当然のねこ映画だ。

映画が公開するより前の昨年に、
佐久島へ行ったのだが、この映画のロケ地がその佐久島である。
そのため映画とその舞台に少し期待して見た。

DAHONで行く、サクサク佐久島、フォトポタ周遊記

s-IMG_8111.jpg

この映画、
原作はねこまきさんのコミックエッセイである。
コミックの雰囲気そのままに、
まったり島生活、大吉じいちゃんとたまのゆったりした感じが映画化された感じである。
岩合光昭と言えばNHKBSでやっているねこ歩きなのだが、
あの感じがそのまま映画になったとも言える。

主役猫のたまがとにかく、へちゃむくれでかわいい。
良くぞここまでと言える役者である。
おじいちゃんになついたり、離れたり、好きに行きている感じがすごく見てとれる。

肝心の映画のストーリーについてはあんまり深く考えない方が良い。
おじいちゃんとその周りのおばあちゃんズ、高齢者の昔話に喧嘩にその後の展開、
時々挿入さえる若いカップルのその後は……、
お話として収めるためのダンスホールを作ろうイベントなど、
映画として仕立てるための小道具に過ぎない。

なのでお話や人間の役者演技にあれこれ深く考えると粗が目立っていけない。
(おばあちゃんズの演技には少々んんんと思ってしまうところもありで)
見るべきは猫の演技である。
猫の演技はアカデミー賞ものである。
そこだけが見る価値のある映画だからだ。

s-IMG_8128.jpg

エンドロールと言えば役者の一覧である。
(猫役者!)

ひとつだけ注意点は、
ここに登場する猫たちはプロフェッショナルだ。
(いわゆる役者猫)
そもそも佐久島にこんなに猫は居ない。
ちょっとのっけから不都合な真実ではあるが、
期待して訪れると肩透かしを食うかもしれない。
自分が行った時も見たのは2匹か3匹くらい。
いわゆる飼い猫はそれぞれの民家に居るので、
島民じゃないゲストが行っても会える可能性は低い。

お話は二の次、
猫のあざとい演技が見たい人向けのほんわかムービーであった。

原作コミックエッセイはこちら↓
ねことじいちゃん(コミックエッセイ劇場)

映画の元のイメージコミックがこちら↓
ねことじいちゃん(ダヴィンチ連載)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター