FC2ブログ

琵琶湖の水と光と直線美を楽しむ、佐川美術館へ行って来た

s-P1220875.jpg

台風が迫る日曜日、
当初の予定が変わってしまってさてどうしよう、
行きたい場所リストから選択したのは滋賀県、琵琶湖のたもとにある美術館、
佐川美術館へ行って来た。

作品所蔵は彫像と器、平山郁夫の絵画が常設されているが、
その建築と美術館そのものが興味深い作品としてあるのため一見の価値があるところだ。

s-IMG_8044.jpg

早朝にはすっかり秋空が見えた台風前の地元、
少し出遅れたが天気の崩れはなさそうだ。
18きっぷの最後の1回を手に西へ向かった。

s-IMG_8052.jpg

琵琶湖と言えばいつもビワイチ、自転車が目的の場所。
今日は自転車無しの旅で、
昨年のミホ・ミュージアムと同じ一つの場所目的な撮影旅である。
電車で降りるのは初めての守山駅。
ビワイチではここを起点とする事も多いところ。

s-P1220871.jpg

目的地の佐川美術館はビワイチでもすぐそばを通る琵琶湖湖畔辺りなので、
ここからバスに乗って向かう。
距離にしたらせいぜい10kmちょいのところ。
自転車があれば自走で余裕の圏内である。
バス停がいくつかを経由するので30分以上かかって佐川美術館へ到着。

s-IMG_8056.jpg

さすが琵琶湖沿い、ちゃんとサイクルラックもあった。
バイクフライデーが駐輪されている。
観覧者のものだろうか。
隣には野球場や運動場があるのでそれ以外の利用者も多い模様。

s-P1230218.jpg

チケットを購入していざアプローチ。
入り口ゲートをくぐっただけでもう感動のひとこと。
目の前に広がるのは大きな屋根で長大の建物とそれと同じくらいの水場である。

s-P1220899.jpg

ずっと続く水場と外の長い廊下に並ぶ柱を日陰に、
入り口へのアプローチを進む。
水場にはこの美術館の象徴である何か像が見える。

s-P1220905.jpg

鹿だった。
妙にリアルで仕方ない。
当館の常設展示作品の佐藤忠良、蝦夷鹿。
これのおかげでただの広場水場がビシッとして見える。

s-P1220922.jpg

エントランスホールへ入ると最初は企画展から。
今の期間は”名刀は語る”であった。
刀剣、流行ってるのかな?
地元でも岡崎城で展示があったけれどここもか。
道理で女性が多いわけだ。

特に刀剣に興味は無いが、
真剣を真剣に見る機会も無いのでじっくり眺めた。
本物はちょいっ手を触れただけで落ちてしまいそうな切っ先の鋭さが見えた。
こんなものが帯刀された時代があったわけだから凄い歴史である。

s-P1220930.jpg

館内は展示室以外であれば、
撮影OKなのでそれ以外の部分で撮影している。
ただの平屋構造かと思ったが休憩できる椅子があって、
ミュージアムショップとカフェが真ん中にあった。

s-P1220950.jpg

静寂の中で、
平山郁夫の砂漠の風景や彫像を眺めてぐるっと巡った。

s-P1220960.jpg

建物はぐるっと水場で囲われており、
今日の様な青空の日には、水陽炎がそこら中に見て取れる。
木とコンクリートで作られている建物にはそれが反射して非常に美しい。

s-P1220963.jpg

さて、
あと残り一箇所見ていないところがあるな。
あんなところに下って行く場所がある。
残るは器の展示室である地下だ。

s-P1230044.jpg

s-P1220999.jpg

s-P1230012.jpg

s-P1230011.jpg

階段を降りた先は、
圧巻の静寂。
樹齢いくばくかの木の長椅子、暗闇と光芒だけの世界。
これは作品だろうか。
ただそこに座って光の波を見続けるのみ。


s-P1220996.jpg

樂吉左衞門の器展示室。
この空間そのものが作品であると言う。
こんな空間が存在するのに驚いた。
(実は一切下調べせず知らずに来た)

その先にさらに暗闇に作品だけが浮かび上がる様にライティングされた、
器の作品展示がある。
器と空間と光だけの世界、空間を描くと言うのはこう言う事なんだろうなあ。

s-P1230048.jpg

器を見て回って、
そしてまたあの空間で一呼吸、
しばし時間を忘れることができた。
季節や天気でもその表情は変わるだろうから、
また来てみてもいい。

s-P1220980.jpg

今日の空はまぶしいくらいに青空。
光の強さは一番強い季節の表情であった。

s-P1230089.jpg

外へ出てまた水の張られたアプローチを歩く。
日陰が大きく出来て抜ける風が心地よい。

s-P1230143.jpg

少しだけ反対側の通りから、
先の小さい建物の茶室も眺めてみた。
ここはイベントがある時か会員にならないと入れないらしい。
水場の中にある茶室、どんなものだろうか。

s-P1230186.jpg

茶室の先にコンクリートの建屋があって、
そこはトイレだった。
これまたしっかりした作りで本館から離れていて静かで誰も居ないところ、
独り占め感がすごかった。

s-P1230202.jpg

特に暑い日であったので、
このアングルで見る人は自分ひとり。
意外と面白い表情が見られる。

そろそろバスの時間、
こう言う建物自体が表現されているところが好きだ。
展示に興味なくても楽しめる、
心落ち着くのでぜひ来てみてもらいたい。

当初の目的地と違って思いつきで来た佐川美術館だが、
こんなに素晴らしいところとは思いもよらず、いい体験ができた。
おすすめな場所である。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター