FC2ブログ

あいちトリエンナーレ2019情の時代を実際に見た感じた、名古屋市美術館

s-P1220155.jpg

あいちトリエンナーレ2019 情の時代、
一部が話題になってしまったが実際に見て来た、撮影して来た話し。

ニュースでやってたような表現の不自由展その後に関しては全く触れていないのであしからず。
そもそも行ったのは、それが展示中止された後の展示である。

s-P1220152.jpg

ビターン。
まずは名古屋市美術館からスタート。
午前9時半と他より開館時間が早いのと名古屋の入り口的な場所にあるので、
ここから回るのがセオリー通りだろう。
ここに来るのはかなり久しぶりで、
アンディ・ウォーホル展以来じゃなかろうか。

s-P1220156.jpg

チケットは事前にWEB購入していて、
それを近所のセブンイレブンにて発券しておいた。
あれこれ考えるのが面倒だったので最初からフリーパスを購入。
会期中に有料展示が何度でも見放題である。
果たしてその価値があるのかどうか。

s-P1220160.jpg

そもそもあいちトリエンナーレってなんだ?
って話になってしまうが、
芸術、美術祭の総合展示でいいのかな?
国内外問わず芸術家からそのテーマに沿って作品を募集、展示する場所ってことで、
いわゆる美術展と違って現代芸術やインスタレーション作品がメインの様だ。
なので、
これはこう意味のメッセージがあってこうでとか難しい話は書いてはあるが、
そこは自由に受け取って感じればいい。
形や音を感じてみればいい。
難しく考えるのも、ただ被写体とするのも自由だ。

s-P1220169.jpg

ALIVE!
カラフルだけどちょっと好戦的な感じだったり、
後ろに何かありそうな。

s-P1220177.jpg

そうそう、
この展示の面白いところは撮影OKなところ。
だからカメラ映えみたいなそう言う目的で来るのもOKと言うところ。
自分もほぼそう言う目的なので。

s-P1220184.jpg

横長のスクリーンと正面には戦時中っぽい記録映画。
両方の登場人物がリンクして動作している。
日本人じゃない?台湾なのかな。

s-P1220187.jpg

連帯行動、メッセージがある。

s-P1220194.jpg

沢山のとある質問に関してメッセージカードがあった場所。
しかし全て床に散りばめられている。
本来は洗濯バサミで全て留められていたはず。

s-P1220190.jpg

つまり、この作品は当初と今とで違うメッセージになっているわけか。
会期中に変遷してしまうのも作品のうちか。

s-P1220195.jpg

メッセージカードは落とされ床に散乱している。

s-P1220202.jpg

メッセージ性の強い作品の横には、
普通?の作品もあって何か不思議な感じ。

s-P1220232.jpg

ステッチで覆われた部屋とゾートローブ。
羊のドリーが居て何かを伝えようとしている。

s-P1220244.jpg

スマホやタブレット内の動画作品が、
実際のスマホを貼り付けて展示。

s-P1220246.jpg

この横にQRコードが貼ってあって実際にアクセスして見られる。
なるほどね。
映像はなんかシュールで怖い。

s-P1220251.jpg

2階の展示室から出るとさっきの入り口にあった大きな絵画の裏側が見えた。
こうやって違う視点で見られるのも考えているのかな。

s-P1220270.jpg

さて、
さらりと見て出てきたまずは1つ目の会場。
それぞれの作品にはメッセージがあって、
詳細は公開されてるパンフレットを目に通すと良いかも。
それを見た上で考えるのか、ただ何も知識を入れず感じるか、
好きな様に楽しめば良いかと思う。

s-P1220274.jpg

少しだけ科学館のロケットとプラネタリウムの団子を眺めて次へと向かった。

つづく。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター