FC2ブログ

三重県のローカル線三岐鉄道で貨物と工場に萌える、夏休み撮影紀行その1

s-P1190392.jpg

2019年夏休みは一泊二日で電車に乗ってカメラ撮影旅。
超有名どころからちょっとマイナーなスポットを沿線から巡ってみた。
初日のレポート第一弾からどうぞ。

あゝ黒タキさん。
まずは昨年に四日市工場萌えの際に気になっていた、
同じ三重県の員弁周辺に二本東西へ伸びるローカル線、三岐鉄道沿線である。
二本の路線のうち南側は地域の足であると同時に太平洋セメントの工場がある。
そのためそれを運ぶ貨物列車が走っている。
それが上記の様な貨物。

鉄の人には知られているんだろうけど、自分みたいな人間には珍しい光景。
これはぜひ見たい。
そしてこの鉄道はそのセメント工場の敷地内を通過する。
それが気になって仕方がない。

s-IMG_7879.jpg

まずはその三岐鉄道へ乗るための始発駅、
近鉄富田駅を目指す。
地元から名鉄、近鉄を乗り継ぐ。
今回の旅のメインは近鉄沿線で計画したので近鉄は前出のブログ記事通り、
3日週末フリーパスを購入してある。

s-P1190368.jpg

富田駅には名古屋から割と近い。
木曽三川を渡ったら少し南下してすぐだ。
丁度四日市の北部で、員弁界隈の辺りである。

s-P1190369.jpg

ダイヤを余り確認しておらず、
当初は何度か駅を降りて、鉄道博物館がある丹生川駅も見たかった。
博物館は開館していないが貨物が展示してあったはず。

s-P1190374.jpg

横を近鉄特急が通過する。
やはり近鉄はダイヤが過密でどんどん来るなあ。
逆にローカル線な三岐鉄道はなんと1時間に2本あるか無いか。
とりあえず改札で近鉄フリーパスを掲示して一旦出て三岐鉄道の1日フリーパス(1100円)を購入した。

s-P1190378.jpg

しばし待ってやっと来た。
ナローな電車は2両編成でまさにローカル線。
地元の人くらいしか乗らないから乗車率は低く人はまばらだった。

s-P1190379.jpg

いやあ田舎だなあ。
見える景色は山と田んぼばかり。
そしてこの車両、めっちゃ揺れる。
ぐわんぐわん揺れるので列車のつなぎ目がめっちゃ波打つのが見える。

s-P1190381.jpg

いくつか駅を通過して開いた扉の先にこの貨物が見えた。
おおお、なんかテンション上がる。
ほんとはこれが何十両と連結して走行している姿が見たいんだけどねえ。

s-P1190393.jpg

そして次の駅では白い貨物もいた。
ほう、白ホキって言うのか。
ほんと何も知らないので適当なことを書いている。
形も違って積載する材料も違うんだろう。

そうやって見ていると途中からいかにも鉄な人々が数人乗って来た。
同じく手には1日乗車券を持っている。
ここへ来てライバル?同乗で雲行きが怪しい。
しかし手にはスマホかタブレットしか持っていないから撮り鉄では無い模様。

s-P1190479.jpg

車両内のエンブレムを見て、西武鉄道だよとか話してた。
昭和39年の車両が今はここ三重で走っているのかあ。

s-P1190390.jpg

そしていよいよ太平洋セメントの工場内を抜ける駅が目前に迫って来た。
東藤原駅を通過したところがその場所だ。
その鉄の人たちとテンション上がって来た。

s-P1190394.jpg

おお通過してる。
なかなか良い造形だ。

s-P1190401.jpg

まともに撮影できんかった。
時々ワンマンのプレートにフォーカス行ってしまうし、
そもそも高速で走行している列車が前述の様にめっちゃ揺れる。
揺れて揺れて手ブレ補正とかあっても厳しい。
ぎりぎり黒タキが連なって停車しているのが分かる程度だった。

s-P1190405.jpg

過ぎるのはあっと言う間。
時間があれば先の西野尻駅ですぐ折り返してまた上り列車で再チャレンジと行きたいところだった。
しかしダイヤは1時間2本、降りたら次が良くて30分後なのだ。
これは難しい。

s-P1190410.jpg

結局その先のスケジュールもあるので、
途中下車はせず終点の西藤原駅に到着した。

s-P1190436.jpg

次の下りはまた30分後なので改札を出て周囲を散策。
ここって駅舎が列車風になっててかわいい。
トイレも含めてこんなだった。

s-P1190448.jpg

そして反対車線にはこんなのが展示されていた。
いくつかの駅がこうやって旧車両を展示しているんだな。

s-P1190443.jpg

暇なので水分補給しながら鉄分も補給していくのである。

s-P1190452.jpg

自分の鉄分なんて森博嗣が自作しているHOゲージの鉄道模型程度なので、
こう言う形を確か見たなと思いながら眺めていた。

s-P1190472.jpg

そう言えば同乗したもうひとりのおじさんは、
藤原岳に登山に行くと行っていた。
駅舎の奥に見えるのがその藤原岳。
1000m程度の山だけどちょっと雲が覆って来て大丈夫だろうか。

s-P1190482.jpg

帰りも運転席辺りに張り付きつつ、
運転手も大変だなと。
その先輩鉄さんとまた帰りも同乗してまた富田駅へ向かう。
やはり山側へ走って来ていたので勾配が結構ある様だ。
帰りは下っているのが良く分かる。

s-P1190488.jpg

そして再度工場地帯通過。
帰り側はそんなに迫力無さそう。
やはり上りからの景色のが良いのか。

すごく揺れる車両、
乗り合わせるライバル鉄、
割と速度のある車両、
1時間2本か1本の薄いダイヤ、
三岐鉄道は難易度が高い。

s-IMG_7888.jpg

気がつけば昼近い時間になってしまって、
ただ往復しただけの乗車賃は1日乗車券の元を取れなかっった。
若干消化不良ながらも最初はこんなもんだなと近鉄に再び乗って次の事を考えていたのだった。

続く。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター