FC2ブログ

ブレーキケーブルとバーテープ交換、噂の日泉ケーブルを試す

s-IMG_7368.jpg

やっとこさこれを使う。
日泉ケーブルのブレーキケーブルに交換だ。
余りロードバイクでロングライドしなくなったのと、
変速系はeTapにして無線化してしまったのでケーブル交換と言う作業を忘れかけていた。
シフトケーブルと違って太めなのでブレーキケーブルはそうそう切れたりしないからね。

s-IMG_7369.jpg

とりあえず今まで使っていたのはただのSHIMANOアウターケーブル。
インナーはBBBのテフロンケーブル。

s-IMG_7371.jpg

ブレーキケーブルのアウターとインナーを交換すると言うことは、
必然とバーテープも交換することになる。
バーテープはずっとSRAMのコルクタイプ。
糊残りが無いので剥がすのが簡単だ。

s-IMG_7372.jpg

外したブレーキアウターケーブルを新品の日泉ケーブルに添わせて同じ長さでカット。
先端をヤスリで整えてカットした穴をきれいにしておく。
(実はこの後微妙な失敗を犯すのだった)

s-IMG_7373.jpg

先端のタイコ部分は変わらんね。
黒いのはBBBのテフロン加工タイプ。
日泉ケーブルはぱっと見て普通のステンレスケーブル何だよな。

s-IMG_7374.jpg

アウターケーブル内にはオイルが必要かの見解は、
公式で引きの軽さ重視ならドライ系のスプレーで良いとあったので
クレのドライファストルブを吹いておいた。

s-IMG_7375.jpg

あとはハンドルに沿わせてビニールテープで留めてやって……

s-IMG_7376.jpg

バーテープを巻いた最後の末端処理は、
ビニールテープで巻いた後にシリコンバンドで固定している。


これは今まで使っていたもの。
これを使うにはレバーを外さないと駄目なので面倒くさい。

s-IMG_7377.jpg

インナーワイヤーをブレーキに通して、
キャップをかしめて完了と、
この時点では思った。

s-IMG_7389.jpg

ところが、
吊るしているジェントスのライトを戻してみると明らかにケーブルが短い。
ハンドルを切ると引っかかる。

s-IMG_7391.jpg

アウターケーブルは2mを売っていて、
これはよほどの事で無ければ前後分カットして余裕がある。
問題はインナーケーブルだ。
適正な長さにアウターケーブルをカットし直して、
インナーケーブルを元のまま通すと、
あ……足らん。どう頑張っても足らない。
既にカット済みのインナーケーブルはどうにもならない。

s-IMG_7390.jpg

アウター側で足りなかったのはわずかこの差だ。
2cmくらい?
結局この日は作業打ち切って、
後日Amazonからもう1本追加購入したインナーケーブルが届いた。

s-IMG_7381.jpg

その前に、
リヤケーブルはこれも使った。
トップチューブに使うライナー管。
外通しになる部分に使っておく。

SHIMANOでも出ている。GIZAは廃盤?


s-IMG_7384.jpg

無くても良いけれどサビ防止になるかなと。
リやケーブルのが長くケーブルをカットするが、
こちらは同じ長さでカットして全く問題無く交換完了した。

s-IMG_7392.jpg

そして後日届いたフロント用のインナーケーブル2本目。
フロント用なので使うのは全体のケーブル長の3分の1も無いのに。
タイコがあるからアウターみたいに残りを再利用ってできないのが痛い。

しかし、最初の適正値だと思ったカット長が違った。
元についていたSHIMANOケーブルと同じ長さでは駄目だった。
そこがこの日泉ケーブルのしなやかさのせいだろうか。

それで肝心のケーブルの使い心地はどうだ?
はい、実はブレーキケーブルは特に違いを感じなかった。
確かに滑らかなんだろうけれど、
元々のBBBのテフロンケーブルも評判良いものであるので、
その差は僅か。
そこそこの金額を投資したが、微妙な結果となった。

シフトケーブルならそこそこ違うんだろうけどね。
あえて利点を上げるとしたらアウターのこの柔らかさしなやかさだろう。
フレームによっては取り回しがきつい状況もあるから、
クニャクニャと曲がっても通せるアウターケーブルを使う利点があると思う。

そう、
折り畳み自転車のミニベロには最適かと思う。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター