FC2ブログ

DAHON用のチューブを厚めのSCHWALBE 7SVに変える、とバルブコアツール

s-IMG_7202.jpg

ロードで使っていて良い塩梅だったから、
DAHONのチューブもそれらを探していたが、
どうも入手性が悪いので新しく変えるチューブもSCHWALBEのものを買った。
20インチ406サイズは2種類あって、
細めのものでは無く、1.5~2.4幅の太めのものにした。
使っているタイヤがマラソンレーサー1.5なので許容範囲内の太さ。
通勤用なのでパンクしにくさ、丈夫さ優先のもの。

s-IMG_7203.jpg

新しいパッケージ?
久しぶりに買ったから知らなかったけれどそうなのか。
バルブコアが外せるタイプと。

s-IMG_7208.jpg

重量は実測142gと重め。

s-IMG_7209.jpg

このタイプのバルブコアが外せるタイプは、
余り使った事が無かったがどうなんだろう。
レビューでそれが緩んでいたからエア漏れがある場合があると、
ちゃんと締めておかないとね。

s-IMG_7210.jpg

かなり前に買ってあったパナレーサーのバルブコアツール
試しに使ってみよう。

s-IMG_7211.jpg

楕円になっている側をバルブコアにはめて、
それを回す(反時計回りで緩める)だけとのこと。

s-IMG_7212.jpg

それで最初手でぐいぐいやっても全く回る気配が無い。
結局ペンチで回してみたらあっさり回って外れた。

s-IMG_7213.jpg

外してみたら構造は単純。
なるほど、
いつも空気入れで回している部分は、
緩めると下のゴム弁が開いて空気が入る、
閉めると弁が塞がって空気が留まるわけね。

s-IMG_7215.jpg

またバルブコアをしっかり回して戻す。
緩むと面倒なのでまたちょっとだけきつく締めておいた。
反対側が先端のねじ切りと同じ経になっているので、
キャップ代わりに出来るとあるけれど、
この出っ張りをつけっぱなしにはしないよなあ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター