FC2ブログ

DAHONで行く、八橋のかきつばた、思い出は綺麗で30年前の記憶をたどる

s-P1160276.jpg

復活をしつつある、
八橋のかきつばたを見に行って来た。

実は余りここを訪れるのは今まであえて無かった。
なぜと言うほど理由があるわけでは無いが、
ここはかつて私が過ごした生まれ育った地であるのだ。

s-P1160307.jpg

午前9時過ぎスタート。
今週後半は非常に暑く、
この時間でも既に暑さが感じられた。
黒いウエアだとちょっと厳しいかな。
ただ日差しは弱め、霞んでいるのはPM2.5か黄砂か花粉か。

s-P1160215.jpg

県道56号を行く。
国道1号の一本北を東西に走る幹線道路なのだが、
片側1車線で路肩が広く走りやすい。

s-P1160220.jpg

実はこの道が、
途中までしか完成していない。
岡崎市から安城市、知立市と抜ける道なのだがまだ未完成部分がある。
地図上で波線だけど行けるかなと思ったが駄目だった。

s-P1160224 (1)

山田製菓さんのある辺りの住宅街と田んぼ道をあっちへこっちへ迂回しながら、
まだ未完成の道の横を見ながら進んで行く。

s-P1160229.jpg

工事看板があったので見てみると、
工期は9月まで?
この手の工期はあてにならない。
今年中に完成したらいいなくらいの気持ちで。

s-P1160226.jpg

歩道橋や青看板は出来て真新しいまま放置されていた。
これが抜けられると非常に便利になるんだけどね。

s-P1160231.jpg

デンソー工場を抜けて行くと、
新しい自転車屋があった。
かつて安城市に居た時に一度ママチャリを修理してもらった事があるな。

s-P1160235.jpg

八橋町に入ってこのアングルを撮影した。
これは今日の時点、安城市方向を向いて。

s-CIMG0004.jpg

(2001年撮影の写真)
デジカメで一番古いデータがこれ。
ほぼこの地に居た最後の写真だ。
鉄塔の配置は変わらず右側の木立などは当然無い。
周囲の住宅は変わった家も多いが道路はそれほど変わらない場所もある。

s-P1160255.jpg

ここへ来るのは果たして何年ぶりだろうか。
おそらく上記の写真を撮影した当時も、
かきつばたは当たり前の存在でありあえて見に行っていなかった気がする。
そうすると本当に30年ぶりと言えるかもしれない。

s-P1160246.jpg

在原業平像がある。
もちろんこれが出来たのは最近だろうか。

s-P1160247.jpg

からころも
きつつなれにし
つましあれば
はるばるきぬる
たびをしぞおもふ.

s-P1160282.jpg

s-P1160270.jpg

一度全滅してしまった八橋のかきつばた。
水を池を入れ替えて再起を図る。

s-P1160242.jpg

かつて、
早朝にスケッチに来たりした幼少時代、
あの頃は朝露に濡れる花弁がそれはそれは美しく、
厳かで優美な花々だった。
一度は枯れてしまった花だが努力が実って昨年から徐々に復活して来た。

s-P1160286.jpg

俯瞰するとまばらだが、
またかつての思い出の風景を見せて欲しいと願うばかり。

s-P1160289.jpg

場所を移動して大流住宅地へ向かう。
逢妻男川のある方向へ下って行く。
小さい商店が2件あった場所。
すずやさん、もう閉業していた。
そろばん塾に通っていた帰りに毎回駄菓子を買ってだべった場所。
コスモスの自販機が可動していた時代。

s-P1160290.jpg

在原寺、
黒板にもかきつばたと短歌が書かれている。

かきつばた
衣に摺り付け
大夫の着襲ひ猟する
月は来にけり

大伴家持

s-P1160291.jpg

根上りの松は健在。
来迎寺の方にもあるけれど、
根っこが顕になっていると寿命が短くなるが、
良く保存されている。


s-P1160296.jpg

そして逢妻川を渡った先に大流住宅街の中にある、
かきつ姫公園の中にある一本松。

s-P1160297.jpg

落田中の一松
在原業平がかきつばたの歌を歌ったのは、
実際にはここら辺らしいと言う。
八橋の無量寿寺にあるかきつばたは、
お寺の境内とともに後から植樹整備されたと言う事だろうか。

s-P1160302.jpg

帰りも逢妻川沿いを走って、
また元の県道へ戻る様に走って来た。
この川でも入って良く遊んだ場所だ。
田植えの季節か工事のせいか今日は濁っているね。


s-IMG_7452.jpg

最後に両親から拝借した写真を一枚。
思い出は綺麗で、いつも輝いている。

本日29km






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ




   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター