FC2ブログ

XOSSのケイデンスセンサーを導入してチェーンステイがすっきり

s-IMG_7344.jpg

実は結構前に買ってあったのを、
時間が出来てようやっと開封して付けた。
これまではGARMIN純正品を使っていたが、
いつの間にか中華パーツにもこんなセンサーが出て来た。
これがまた評判はそこそこ良いのだからあなどれない。


s-IMG_7345.jpg

中身は、本体と留めるゴム大小、説明書には中国語と英語のみ。日本語無し。

s-IMG_7346.jpg

電池はおなじみのCR2032だが、謎のメーカー品が付属していた。
絶縁シートを抜いて通電。
そのうち日本製の電池に変えた方がいいかな。

s-IMG_7347.jpg

自転車に取り付けるのは、
ケイデンスセンサーならクランク用のゴムスペーサー。
本体は1個なのでスピードセンサーならハブ軸へ。

s-IMG_7348.jpg

今までのずんぐりむっくりなGARMINのセンサー、
とりあえず使えるのは疑っていたので、
両方付けたままで試してみた。

s-IMG_7351.jpg

ローラー上で、
GARMINとペアリングして問題無く感知した。
14722って言うのがこのXOSSのセンサーね。
後で名前をXOSSに変更しておいた。

s-IMG_7355.jpg

動作確認出来たので、
古いGARMINセンサーはさようなら。
この赤青タイラップも今回までか。

s-IMG_7356.jpg

そしてこんな時に気づいた、
先端折れてやがる。
そう言うタイミングだったのだな。

s-IMG_7358.jpg

そして、
スピードセンサーはもう1個買えばハブ軸測定出来るが、
もうそこまでの精度は必要性を感じないので、
GARMINのGPS計測のみとする。
だからマグネットも不要。

s-IMG_7361.jpg

ここのネオジム磁石も不要だな。
これには随分お世話になったものだ。

s-IMG_7363.jpg

レビューを見ると先端付近より根本(BBに近い)方のが良いらしいので、
この位置に変更した。
ほぼほぼBBの周囲を周回しているだけの状態。

それで先日実際に走行してみたが、
問題無く計測された。
確かに加速度センサーだから走って即は反映されない。
それでも低ケイデンス30rpmくらいから計測された。
普通に走る分には十分の性能だ。

そんなわけで外付けセンサーはこれ1個のみでフレーム周りはスッキリしたのだった。
eTapもだけれど楽な時代になったものだ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ




   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター