FC2ブログ

ホームシアターはじめましたその4、スクリーンを設置する

IMG_6396.jpg

ただの壁紙に投影していたので、
ちゃんとスクリーンを設置して投影しよう。
スクリーンの価格もまちまちでお高いものから激安品まである。
どの程度のものが必要かわからないのでとりあえず激安品から初めてみた。



IMG_6397.jpg

またこのはじめまして、か。
謎のお礼日本語カードが入っている中国メーカー品。
Amazon販売はAV機器も増えて来てほとんどこうなっているな。

購入したのは16:9の100インチ巻きスクリーンタイプ。
いろんなタイプが売っているが、
ロールスクリーンみたいに引き下げるタイプや、引き上げ式、
枠があるものなど。
これは完全に一枚タイプで壁張り式ある。

ダンボール筒の長さがそのままスクリーンの短辺の長さ。
およそ180cmくらいで自分の身長くらいだ。

中身は巻いてあるスクリーンと、バリバリーと付けるマジックテープ。

IMG_6395.jpg

サウンドバーとプロジェクターからの光軸を考えて、
貼り付ける位置に鉛筆でマーキングしておく。

IMG_6398.jpg

スクリーンの端には等間隔で丸穴が空いている。
ここへボルトなどを引っ掛けて張る事も出来る。
テントを広げるのと同じ理屈ね。

IMG_6401.jpg

それで最初はこの穴を利用して、
釘を壁に打って引っ掛けてみた。
画面が広いから結構大変。

IMG_6407_20190216090217ff3.jpg

ところがこれが駄目だった。
どんなにしっかり張ってもしわが出来る。
それもそのはず、
これだけ大きなスクリーン面積なのに、
穴の位置は四隅と真ん中上下の合計六ケ所しか無いのである。
これだけ見ると安かろうで駄目評価されそう。
しわ無しじゃ無いだろうって。
ちなみに最初から巻きシワも真ん中辺りにあったりする。
ちょっとこれもマイナス評価かなあ。

IMG_6402.jpg

それで、
評価を見てみるとホッチキスで留めたとあった。
なるほど、それが出来るか。
ホッチキスを5cm間隔くらいでパチパチしわ取りしながら押していった。

IMG_6403.jpg

そしてさらに黒いマッキーで歯を黒く塗る。
これで目立たない。
徐々に最初のシワは取れて行き良い状態の平面になった。

IMG_6408_201902160908048cb.jpg

全周にホッチキスを押し込んで横から見てみる。
まあまあ妥協点では無いだろうか。
元からあった真ん中付近のシワは取れないが映像投影時には目立たない。

IMG_6410_20190216090805287.jpg

きれいに張れた。
わずかに左下、右上にしわが見えるが、
これも映像投影時には気にならない。
ロールスクリーンタイプでもこれくらいは出るしわなのでこれが妥協点か。

IMG_6405_20190216090807d05.jpg

早速映画を見てみた。
いいんじゃなーい?
ビスタ・サイズ、シネスコサイズな映画だと上下は白帯が残る。
左右にも3cmくらい白帯が残る。
実はこれでパソコン画面で16:9をきっちり投影して位置合わせ出来ている。
上下をはみ出ない様に合わせた状態がこれ。
それで映画を見るとこうなる。

なので、
100インチワイドが少々小さくなって実質88インチくらいなのかな。
色味やコントラストは全く気にならない。
テレビ見ているのと変わらない鮮やかさで十分満足。
安いスクリーンだったが、ホームシアターならこれでも及第点かなと思う。

スクリーンの上下が不要な壁があって壁にホッチキスを打てるならこれはあり。
何より安い。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター