FC2ブログ

デジタルカメラにおける電源スイッチの位置はまちまちで

IMG_4665_2019021209090771f.jpg

デジカメの電源スイッチの位置、
気になりません?

デジカメ、デジタル一眼カメラを買うに当たって、
実はかなり重要視したのがこのスイッチの位置。
これがメーカーで統一されているのかと思いきや、
メーカー内のモデル違いでもころころ変わる、
モデルが変わる度に位置が形状までもが変わるのがデジカメの世界。
カメラを持ったら一番触る部分なのにね。

中馬のおひなさんを見に行った時期からデジカメ選びを考え始めたので、
ふと思い出して書いてみる。

IMG_4453.jpg

試してみたデジカメの中から抜粋。
LUMIXのミラーレスで古い機種、
GF5、
写真が無くて分かりにくいけれど軍艦の上部右側、
左右にスライドするスイッチ。
突起があるのでグローブ付けててもまあまあ入り切りしやすい部類。
及第点。

IMG_4574.jpg

OLYMPUS PEN E-PL7
OLYMPUSもころころスイッチ位置が変わる。
PENのこれは何とコンデジと同じ沈胴の丸スイッチ。
軍艦上部の右側部分。
これは素手ならまあ押せるけど、他ボタンとかと間違いやすい。
ブラインドで分かりにくい。
当然冬にグローブ付けてると押しにくい。

最新のE-PL9になっても同じだね。
コンデジっぽくてちょっとらしくない。
PEN-Fになると、
軍艦左上に移動して、円柱回転式に変わってるし。
沈胴ボタンよりはいいけど左側…

IMG_4586.jpg

それで、
E-M5の初代。
あれスイッチどこ?
軍艦上部には無い。

IMG_4585.jpg

ここ。
裏側の右下。
さー撮るぞー、グリップ握って構えて、スイッチ…スイッチ……
手の平内側にスイッチが来ると言う。
これ最悪や。

だからか、
E-M5 Mark IIになってスイッチは裏側の中央右よりに移動した。
これならグリップ握って親指置きからでちょい移動でよっとスイッチ入れられる。
及第点か。
E-M5 Mark II 製品外観
しかしOM-D E-M1 Mark IIになると左上の軍艦に移動している。
ダイヤルの周囲でこれ押しにくそう。

IMG_4653.jpg

またPanasonicのLUMIXに戻って、
GF7

右上の軍艦、
シャッター円柱の周りのスライドスイッチ。
はい、最高。
これが理想。
さっと構えて同時に人差し指で引っかかりのある円柱スライド、
そのままシャッターに指が移動出来る。

グローブを付けてても当然入り切りしやすいしブラインドでも分かる。
LUMIXは割とこれが多い。
分かってるよなあ。

そして、
最終的に選択して今使っているGX8に戻る。
GX8も軍艦上部の右側で、
引っかかりのあるスライドスイッチ。
シャッター周りでは無いから多少指移動があるが、
まあ合格点。

今のところのLUMIX最上位機種でG9があるが、
これを見ると、
一眼カメラ DC-G9 各部名称

軍艦上部、
と言うかグリップの先のシャッター周りのスライドスイッチ。
分かってる。
これが理想。

実はG8も検討したけれど、
G8はなぜかシャッター周りスイッチじゃない。
モードダイヤルの周囲にある。
何でそんな押しにくいところに。
それで辞めた。

当時に選択肢として安く軽いマイクロフォーサーズに絞って見ていたので、
PanasonicとOLYMPUSの比較が多いけれど、
今記事を書いていて気づいた。
SONYである。
SONYは一貫して最高~合格点のスイッチ位置と形状なのだ。
デザインに拘る?SONYらしい一貫性。
これは他社も見習って欲しい。

SONY デジタル一眼カメラ α(アルファ)

ここまで書いてなぜ、
電源スイッチの位置と形状に拘るのか。
それは自転車で持って行ってスナップするから。
歩きでカメラ撮影ならどこにあっても、まあ我慢出来るだろう。
でも、
自転車に乗っていて、止まって、構えてさっと撮ってまた走り出す。
この一連の動作でデジカメを構えて電源入れて撮影までが、
片手でできないのはストレスなのだ。

左手はハンドルを、自転車を押さえている必要がある場合が多い。
先日も、
ロードバイクを押し歩きながらの撮影だったが、
左手で自転車のハンドルかステムを押さえててカメラを片手で構えて撮影しているシーンが多かった。

この拘り、
分かる人には分かるんじゃないかなあ。
新しく買うにしても、
これがあるのでスイッチの位置はまず最初にチェックする項目である。

G9欲しいなあ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター