FC2ブログ

DAHON boardwalkカスタムでウレタン塗装!DAHONカスタム2018その5

DSC00966_20180706093704779.jpg

前回はフレームの下塗りでプラサフ吹きまで終わった。
さていよいよメインのカラーを吹くところから。
今回もウレタン塗料はイサムのエアーウレタンを使う。
ウレタン塗料ならこれが一番色乗りや塗膜が上部で良い。
色はもちろんブルー。
boardwalkにはソリッドなブルーは無かった気がする。


DSC00957.jpg

まずは塗る前に裏側や細かいところのホコリをはらって、
手の油分などシリコンオフスプレーできれいに拭いておく。

DSC00967.jpg

季節的にはそこまで寒く無いから気にするほどでも無いが、
念の為スプレー缶はぬるま湯で温めておいて二液混合をした。
スプレー塗装を行うにはなかなか条件が良い日を選ぼう。
天気が良くて風が無い日がベスト。

最初は薄めにささっと全体へ吹く。

DSC00968_201807060938516b3.jpg

結構ざらつく状態だが、
最初はこんなもんで十分OKだ。

DSC00969_201807060938520e3.jpg

1回目を吹き終わったら15分おいて、
すぐ2回目を吹く。
最初とひっくり返して今度は裏側向きに。

DSC00970.jpg

細かいところもシューシュー吹いていく。
自転車のフレーム形状のこう言うところが難しい。

IMG_4863.jpg

3回目にはもうテカテカして来た。
この段階ではもう垂れる寸前まで吹くのだが、
これが自家塗装の難しいところ。
細かいところで実は垂らしてしまった。

IMG_4881.jpg

話が少し飛ぶが、
垂れてしまった塗料は触らず乾燥させる。
完全硬化まで待つ必要があるので、
上記のスプレー塗装をした日から3日以上経過後に磨くこと。

IMG_4882.jpg

垂れてしまったところは、
ペーパーで粗目に削り落として整える。
慎重にやらないとプラサフが出てしまうので注意。
実はちょっと剥げてしまったところがあるが。

IMG_4883.jpg

後はこの後のロゴ張りなどの装飾段階に向けて、
ゆず肌になってしまった部分などを修正。
コンパウンドを少し付けて磨く。

IMG_4887.jpg

3回目塗り直後よりテカテカは抑えられるが、
クリアも吹くのでこれで良い。
ここまではまあまあの仕上がり。
次はロゴステッカー張りなどの装飾段階と仕上げクリアー塗装へと続く。

DAHON boardwalkカスタムで塗装剥離!DAHONカスタム2018その4
DAHON boardwalkカスタムでえ?それ取っちゃうの!DAHONカスタム2018その3
DAHON boardwalkカスタムでアレも分解してしまう、DAHONカスタム2018その2
DAHON boardwalkカスタム初めが分解から、DAHONカスタム2018その1



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター