ロングライドの世界

DSC04742.jpg

自転車でどこまでも走ることについて語るときに僕の語ること。

あ、村上春樹のエッセイも面白かったよ。
のぐちやすお、『自転車でどこまでも走る』
何やら和田サイクルの小径車本など自転車本を一気に発売した、
ラピュータの本の一冊。

関東からスタートで日本海へ抜けると言うと、
糸魚川ファストランが有名だが、
この本は千葉から直江津まで走るTRY360だそうだ。(この本で初めて知った)

ブルベでは無くてロングライドするのもあると言うのも知った。
主にロングライドの入門書的な内容で、
本人の経験による補給や走り方などが書かれている。
エッセイよりも実用書だと感じた。

興味のある人は読んでみては?

200km走れて凄い、300km走れて凄い、400km走れて・・・・
距離を走る事についての思うところは、
結局、
高千穂遙の『ヒルクライマー』を読んだ時と同じかなあ。
「登らない奴には永遠に分からない」みたいな、
走るか走らないかの違い。

200km以上走るなんて酔狂な、と思うならそれはそれ。
自分の限界を試してみたいと思い立ったら試してみよう。
それがロングライドの世界だと思う。

何が一番難しいか、それは走ろうと思って実際に走り出す最初の一歩だ。


と、どうでも良い講釈をたれるのはこの辺で、
楽しいから走ってるだけだけどね。


■ロングライダーズ
ブログ一つ紹介。
ロングライダーズが集まって同人誌を作っているそうです。
これは非常に楽しみ。
ぜひ買わせて頂きます。
東京-大阪も一度はやってみたいなあ。

来期のブルベ予定で、

名古屋200km、300km、400km、BRM109静岡200km(7:30スタート)にエントリー済み。

静岡は晴れれば富士山も見える良さそうなコースなので、
200kmと言う距離をチャレンジしたいと思うならぜひ参加してみては如何か?

今確認したら、1月のはもう定員に達している模様。
今年はPBPの年だから前半戦と後半戦がある。
前半戦でSRを獲得しないといけないから前半は埋まるのが早い!

名古屋は現時点でまだOKみたい。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター