FC2ブログ

折り畳み自転車を再度塗装してロゴ貼り、DAHONカスタム2017その6

DSC00189_20171207131742f24.jpg

前回結局塗装剥離までしてしまって、
一歩進んで二歩下がった。
もうそろそろ飽きて来たこの作業。
ここまで時間がかかった要因は雨が続いたからだった。

塗装と言う作業が外でしか出来ない関係で、
休みと晴れとさらに風が弱い日と言う、とても難しい条件があるので時間がかかる。

さて、
今回は失敗出来ないので容易周到に。
アルミ生地には、食いつきが悪いのでミッチャクロンを使うことにした。

シリコンオフで脱脂、ミッチャクロン、プラサフの順番。
ミッチャクロンとプラサフは順番と要不要がいろいろあるが、
使う方でやってみる。

DSC00191_20171207131744905.jpg

ミッチャクロンでさらっと吹いた後に、
数分後にプラサフスプレー。

DSC00208.jpg

プラサフが乾いたら、
またまたイサムのAFベース色のウレタンスプレー塗装。
(さらっと書いているが、プラサフ吹いてからウレタンスプレーは1日以上置いている)

IMG_3611.jpg

やっとフレームのメインカラー塗装が終わった。
塗装の次の工程に移るのに即出来ない。
下地を乾かして、また次の日となるので非常に時間日数を要する。

IMG_3416.jpg

続いてロゴ。
ロゴはネットに転がっているのでプリントして適当に切り貼り。

IMG_3417.jpg

DAHONのマークロゴは片側をグリーンに。
他はブラック。
ロゴシール作成はリンスキーの時と同じく、
3Mのスコッチカル。

IMG_3640.jpg

当初は、
VITESSEも作ったが曲線多いので難しい。
結局出来に納得できなくて作成を断念。
貼り付ける位置を慎重にマスキングテープで出す。

DSC00241_20171207132741850.jpg

さらにシールが張り付いた数日後、
塗装保護とシール保護の目的で、
つや消しクリアーをウレタン塗装する。

季節は遷り変り寒くなって来た。
お湯で適温で温めてからスプレー缶は吹こう。

IMG_3646.jpg

つや消し塗装の上につや消しクリアーなので見た目何も変わらず。
つや有りクリアーみたいにタレにくいので多少簡単である。

IMG_3664.jpg

ついにフレームが完成。
苦節◯◯ヶ月?
作業時間で一番苦労して時間がかかったのが、
塗装作業であった。
個人でやるには技術も時間も無さ過ぎる。
資金に余裕ある人はプロに頼むべきである。

続く。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
   
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター