キャメルバックボトルを実は初めて分解洗浄する訳だが

IMG_2355.jpg

ネタにするためにあえて、
分解洗浄しないでおいた(嘘)
実は初めて分解して洗浄する。

細かい事は気にしない性格?と言うより面倒だったから。
遠目に見ても黒ずみが見える、気がする。

IMG_2357.jpg

やり方は散々各ブログやYouTubeで動画も公開している人が居るので、
今更教示する立場には無いが。
一番上のシリコン部分(直接口が触れる部分)をこじって外す。
慣れれば素手で外れるね。

IMG_2358.jpg

そして青い弁のシリコン部分を外す。
最初は無理やり菜ばしで引っ張り出していたけれど、
後で戻す時にここの白い溝の蓋も外す必要があるのを理解した。

IMG_2362.jpg

前後するがはめる時の画像で。
番手の小さいマイナスドライバーで溝と溝の丈夫そうなところを、
内側から上へこじってやれば簡単に外れた。

IMG_2359.jpg

あとは歯ブラシなどでごしごし洗ってやるだけだ。
毎日使っていた方は、
それはそれは黒い何かがこびり着いており、
見せられないよ!状態だった。

IMG_2361.jpg

4本ある全部を洗って乾かしたら後は弁から順番に戻すだけ。
しかしてふと弁を見てみると……

IMG_2363.jpg

あー、
これ破れてるな。
十字の元の広がるところからさらに裂けてしまっている。
これだと開放状態でボトルからちょろちょろ漏れるね。
仕方が無いのでメインで使う分の2本は、
裂けてなさそうな弁を戻しておいた。

4本一気に使うわけじゃないからこれでいいか。
ちなみに現在は蓋のパーツ構成と仕様が一部変わっている模様。
新しいのも基本は同じやり方で掃除は出来る様だ。
弁だけ欲しいが、パーツ単体は蓋ごと買えって事みたいだ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター