BRM226名古屋200kmブルベの参加記

IMG_2308.jpg

先日参加した、
BRM226名古屋200kmブルベの参加記録をどうぞ。

DSC08743_201702271004382e5.jpg

まずは、
今回のスタート地点である豊田市のつどいの丘研修施設まで自走。
いつもの柳川瀬公園であれば、15分で着くところを、
1時間15分かかる。
そのためにいつもより1時間早起き。
5時に家を出て予定通り6時15分到着。

寒いのもあって、
かなり消耗した。
この場所が微妙に上っておりしかも向かい風基調。
これはゴール手前でやられる奴だ。

DSC08741_20170227100437996.jpg

私の機材をチェック中の謎の生き物(熊だ)くまさんだ。
今回も目立つ格好での参加で素晴らしい。

DSC08744_20170227100440ce5.jpg

逆にチェックさせて貰ったダブルステムのくまさん機材。
ライトましましでこれもまた光害だ!
その後久しぶりの面々に挨拶しつつしばらくダベっていた。

DSC08746.jpg

スタート前補給で、
持って来た薄皮ピーナッツパンをもぐもぐしながら、
ブリーフィング時間。
そこそこある駐車場も満車で200kmは参加者が多いのが伺える。

DSC08748_20170227101010db2.jpg

その後車検を無難に済ませて、
スタートに備える。
この時点で気温はマイナス2℃程度。
この時期のブルベはやはり冷える。
受付近くに居たフォロワーのまぁさんにも挨拶して同じくらいでスタート。

DSC08749_20170227101156865.jpg

スタート直後からしばらく追い風にプラスして下り基調なので、
隊列も順調に速度を維持したまま、
平成記念橋を渡る。
橋の上は凍結が心配される気温だが、
乾燥しておりそこまででも無い。
遠くの山脈は霞んでおり恵那山までは見えなかった。

DSC08750.jpg

いつも大渋滞になる岡崎市内を抜ける。
そこまでも結構渋滞気味になりかけたが、
あえて先頭ペースが抑えられており少しだけ分散されたかな?
なんせ東公園過ぎて1時間アベレージが21km/h台と超スローペースだった。
自走で自分が来た時よりもスローペースだ。

市内を抜けたところから少しずとペースを戻す。

DSC08752_201702271015375cc.jpg

東名高速の側道に入るとちょっとしたアップダウン区間。
ここで後方から追いついて来た、金属好さんによる鬼引き?
アップダウンはあるもののダウンヒルの度合いが多いこちら側では、
丁度良いくらいにペースアップになった。

ここから新城バイパスまでもアップダウンの連続。
道路端が轍になっていて走りにくい。
数人の集団で先を急いてPC1を目指す。
何せトイレに行きたくてペースアップしてるからね。我慢ならん。

DSC08753.jpg
PC1、9:43

PC1に到着。
懸念していたトイレ渋滞は無くて良かった。
すぐにトイレに向かったのは言うまでも無い。
補給はおにぎり1個。
そして持参品のバランスパワーとブラックサンダーをもぐもぐ。
ここで長居はする気が無かったので、すぐ単独でスタート。
ウィンドブレーカーを脱いで次の山岳に備える。

DSC08754_201702271019531c8.jpg

最初の峠、
宇利峠を北側から上る。
こちらから上るのは初めてだった。
なぜか入り口でねずみ取りしてて前方を走っていた二輪車が捕まっていたが…
南側よりはかなり楽に通過。
こちらのが上り区間短いのかな。

DSC08756.jpg

さーと下って三ヶ日辺りまで来ると、
スタートで先に行かれたまぁさんの追いつく。
結構先に行っているかと思ったがそこまでの差はまだ無かった様だ。
ここから三ヶ日、気賀を抜けて行くルートは快適だった。
丁度方向が東向きで追い風基調、そして下り。
右手に浜名湖のロケーションは最高である。

DSC08757_20170227101956b18.jpg

ちょっと交通量が多いなと感じたのは、
もちろんあの場所だから。
そう、大河ドラマの「おんな城主 直虎」のロケ値もあるところだから。
井伊谷の地域周辺は今が盛りの観光スポットだ。
特設のセンターも出来ておりちょっとここだけ渋滞スローダウン。

DSC08758.jpg
通過チェック:11:01

割りとすぐに通過チェックに到着。
この手前でさわやかがあるのだが、
横目に見た風景はもう既に満車外まで待ちの状態で無理な感じだった。
さわやか含めると厳しいな。誰か食べたのだろうか?

次の区間までは極わずかなので、
ここではウィダー補給のみですぐリスタート。

DSC08759_2017022710295949c.jpg

方向転換して、
いきなり速度が出ない。
強烈な向かい風を感じる。
そうか今までの調子の良さはまさに追い風アシスト。
ここまで風がきついとは。
単独スタートしていたが、ここでもまぁさんが来てくれたおかげで、
かなりの区間をひいてもらった。
向かい風区間は単独じゃ厳しいからね。

舘山寺からぱるぱるを抜けてここら辺はいつものルートだ。
途中風に抗って走っていたところをりょうさんに激写されていた。
正直風きつ過ぎて全く気が付かなかった。

IMG_2311.jpg
PC2:11:53

PC2の弁天島到着。
おなじみのサークルKがファミマに鞍替え新店オープンしたところ。
まだオープンして2週間経っておらず新しい。
そんな中でレジ行列が。
何かトラブってあたふたしていた。
新しいお店だし仕方ないか。
(コーヒーベンダーが故障していたらしい)

DSC08760_20170227103000188.jpg

今回のコースは、
PCがここで終わり。
ここから100km近くはもうゴールまで無いのでちゃんと補給が必要。
早速ブルベ名物カップラーメン補給。
時間かけずに効率よく出来るのが毎度このカップラーメンなのよ。
ここでむかい風でひいてもらったまぁさんと離脱。
先に行かれた。
向かい風で追いつくよと言われたけれど結局最後まで追いつかなかったわけだ。

DSC08761_201702271038156ed.jpg

弁天島から新居駅へ。
さすがに浜名湖界隈は風が強い。
普段の矢作川堤防辺りと比較しても強い。
海風ってのは強烈だなと痛感した。
そしてここから単独なのでなおしんどい。

DSC08762.jpg

新居関所を横目にちょいちょい上りがある。
以前までのルートでは、
ここから静岡最西端のさわやかから宇利峠を超えるルートだったが、
今回は手前の多米峠を超えて豊橋へ抜けるルート。

DSC08763_20170227103818a47.jpg

向かい風と寒さもあってか、
かなり消耗しての峠攻略。
こっちからはそこそこ上るね。
距離は実際そんなに無かったけれど結構疲れた。

そして抜け道になっているのは宇利峠と同じで、
そこそこ交通量があるのでプレッシャーがある。
トンネル抜ければ豊橋まで一直線。

ここから今回の耐え区間。
市電と並走するルートなのだが、
毎回の如く信号でひっかかる。
そして左端の白線があるところが全部突起のある物が埋め込まれている。
ナニコレ。
浜松の国道にある凸凹白線みたいに嫌な感じ。

市電と分かれてからも車線の多い豊橋市内の道路は落ち着かない。
本当に自転車に優しくない場所だ。
豊橋から離脱する大きな交差点はどう見ても自転車を排除したつくり。
左折レーンが2レーン続いて無理なもの。
歩道橋で右折方向に舵を切る。

DSC08765_201702271043112fc.jpg

やっと信号地獄を抜けたら、
豊川を渡って小坂井からの旧道ルート。
ルートの迷いは無くいつものルートだが、
ここも消耗する区間。
路面の悪さと微妙な上り、そして今回は向かい風がきつい。

もう兎に角一番きついのがいつもここ。
全く走れる気が起きない。

DSC08766_20170227104313d34.jpg

段々手がしびれてくるので、
僅かな路面の段差による振動が気になる。
御油の松並木で車道を狭めるポールが立っているところを、
凸凹が無い歩道へ毎回避けるのは皆分かるよな。

DSC08768.jpg

国道1号に合流するとなぜか速度アップ。
路面のきれいさを実感するから国道1号って実は走りやすい。
ここまでが微妙に下りに転じているのもある。

IMG_2314.jpg

さああと少し。
いつもチャージする本宿のコンビニはやはりサークルKからファミマになっていた。
オレンジジュースにするか、
オランジーナにするか迷って距離がまだあるのでコーラを投入。
コーラが美味しい。つまりそれだけ消耗している証拠である。

DSC08769.jpg

市内を通過して行く途中でスーパーの駐車場入りと、
ガソリンスタンドの入り口で車両の渋滞に巻き込まれる。
夕方の市内は混み合ってやはりスローダウン。

やっと川が見えて来て平成記念橋をまた渡る。
もう辛いのでゆっくりの歩道推奨。
ほんとにゆっくり渡った。

そして上りで向かい風の区間。
5km先のつどいの丘ゴールまでの我慢ゾーンに突入。
来る時に感じたのはなるべく頑張らない事か。
無心に走れば5kmなら何とかかんとかたどり着く。

DSC08770.jpg

見えた。
最後の壁。
これを超えねばたどり着かぬ。
ああ難儀な事よ。

IMG_2315.jpg

そんな訳で、
へとへと、室内は暖房効いてて逆に暑く感じた。
無事ゴールの会議室で認定。

先にゴールしていたのはやはりまぁさんだった。
意外だったのはそれの次で二番手だったこと。
思ったより時間かかったからもう少し誰か先に居るかと思っていた。

時間は9時間半ほど。
日の入り前にはゴール出来た。
かなりへばった状態だが、
今日はここで終わりじゃない。
さっさと帰らねば。

帰りは当然来た道をまた戻る。
途中の行き交う参加者にエールを送りつつ。
ルートを外れる直前にめばるくんさん等のパックにぎりぎりですれ違った。

帰りは追い風だったけれどゴール後の余分は、
さらに一層疲労したのだった。
お疲れ様。

本日トータル262km。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター