チャンピオンとしての振る舞いか、疑惑のチャンピオン、自転車本読書(映画)

疑惑のチャンピオン [Blu-ray]
疑惑のチャンピオン [Blu-ray]

劇場では見られなかったが、
発売されたのをようやっと見た。

予告編でマスクを付けてハァハァ言わせつつ、
注射器を手に持って笑うフェラーリ医師の表情、
そしてロードレース中に口元にチャックだよってジェスチャーするシーン、
これらが印象的過ぎてすごく期待した作品。

作品?
もう散々言われ続けてこれからも言われ続ける彼の物語を、
これはドキュメンタリー映画では無くストーリー映画として見る事になるとは。

前回は、
パンターニのドキュメンタリー映画を見て、
彼の栄光と苦悩を後から本や映像を見て知った。
彼は死して英雄となった。
今でも生きていたら英雄だろうか。

そしてランス・アームストロング、
彼はかつて英雄だった。
今では?
チャンピオンは死して英雄となる、
死んだ者に対してかつての疑惑を明らかにするのは難しい。
では生きている彼はどうしてしまったのか。

祭り上げられた英雄は英雄とたらしめんために、
演じていた、しなければならなかったのかもしれない。
今回の映画はベン・フォスターが本当にはまり役で、
表情から体型から中々の演者だ。
彼がトレーラーの中で俺の映画が出来るらしい、としゃべっているシーンもちょっと皮肉だ。

後半で、
ちょっとだけ本当のレースシーンが挿入される。
アンディ・シュレックやコンタドールが居た時期の復帰レース。
当時ツールで3位に入賞したランスだが、
映画の中ではコンタドールが悪口めいた事を発したとしている。
(本当かな?)
選手の間でランスがどれくらい憎まれ者で、
7連覇するまで世間的にどれだけ英雄だったか自分は知らない。

しかし、
彼は、彼らの周りは、結局ドーピングに対して吐露してしまった。
そう言う状況に追い込まれたとも言える。
死して英雄、生きて屍、
作られた英雄は壊されるところまで作られた物語だったのかもしれない。

これまでの彼の功績も含めて知っているとより良いだろう物語。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター