寒い夜だから、グローブ新調、パールイズミ1700プレミアムウィンドブレーク グローブ

IMG_2030.jpg

長い間使って来た冬用グローブをやっとこさ新調した。
パールイズミ1700プレミアムウィンドブレーク グローブである。
これまで使っていたものと同じモデルの2016年もの。

冬用グローブって結構難しいもので、
微妙に長過ぎだったりゴワゴワだったりでシフト操作なんかに支障が出たりする。
おたふく手袋のものを買ったりもしたけれど、
あれは蒸れるし指先が余るので操作性が難ありだった。
で、
結局定番のこれに。

IMG_2033.jpg

新旧を比較してみると、
大きく違うのは手首の部分。
紐閉めからベルクロになった。
これについてはちょっとあとで記述。
反射材が追加されている。

IMG_2034.jpg

手のひら側のパッドも変更があった。
面積や厚みはそれ程差は無い印象。
これくらいパッドがあると夏の薄手グローブより冬のがダメージが少ない。
そして親指部分が補強されていた。

パールイズミの冬用グローブで一番耐寒仕様のもので、
対応気温は0℃とある。

”遠赤外線効果で暖かく、伸縮性に優れ動きやすい「ウィンドブレークチタニウム」を採用しました。”
またチタンなんたら?この響きにちょっと期待してしまう。
パールの対応気温はどうだろう?
0℃って言っても運動強度で結構変わる。

IMG_2031.jpg

最初付けて直ぐは暖かく感じ無いのだけど、
自分の手が発汗してくると暖かく感じる。
遠赤外線効果って事かな。
手が冷たいままだと冷たいまま、なので暖めた状態で使い始める必要がある。
その後いかに冷やさないかが快適に保つコツか。

IMG_2032.jpg

付けてみるとこの型になる。
基本的に自転車用なのでハンドルを握る形に整形されている。
そして思ったよりタイトだ。
実は試着してみて古い方はMサイズを使っていたが、
今回はLサイズにした。
それでも着脱はきついと感じた。
パールイズミのグローブに関してだけかもしれないけれど、
MとLのサイズ差は極わずかに思う。

Mだと指先の余裕は全く無くて細かい操作はやりやすいが、
小指から中指までが突っ張る。
Lだと若干余裕がある。
そこまで細かい操作をグローブでしないので余裕がある方を選択した。
それと先に記述の通りいかに冷やさないかが重要なのでインナーグローブを着用する事前提で、
ワンサイズ上の選択はありかと思う。

最後にこれはちょっと、
と思う点は手首のベルクロ締め部分。
ジャージジャケットの袖はグローブ内に入れるのだが、
素手で入れる片方は良い。
しかし片方は当然グローブを付けた状態で袖を入れてベルクロを締めうr事になるが、
これが非常にやりにくい。
前の紐なら引っ張るだけだったからちょっと使いにくい。

ここ以外は総じて使いやすい冬用グローブであるのだけどね。
インナーグローブ併用で0℃~10℃くらいまでは良いと思う。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター