今の妥協点であるシューズ、bont vapor

P9070556.jpg

そんなわけで今履いているシューズは、
bont vapor wide fitである。

実はこれを記事に書くのは初めてなのだが、
買ってから既に1年以上経過している。
そしてシューズを買い換えようと思い立ってからは、
既に3年以上経過している。

画像を発掘して来ないと何とも出て来ないけれど、
当初使っていたシマノシューズから数えて、
購入、試着、を含めて渡り歩いたシューズの数はbontで5着目だ。

シマノ→シマノ
→LAKE→Northwave→SIDI→GIRO→BONT

自分の足のデータは大きめ、

シマノサイズで45のワイドフィット。
しかし自転車シューズの難しいところは各メーカーで同サイズ(45)を履いても、
履き心地や実際のサイズや幅が全く違うところ。
だからこそ納得行くまで試すしか無い。
これはサドルの相性と同じで、
試着程度でいいかもと思っても、実際に履いて50km走る、100km走る、300km走る
どこかで駄目だと言う結論が出る。
それがどこで出るか分からない。
駄目だと一度思うと、とことん駄目である。

実のところBONTも完璧フィットとは言いがたい。
しかしながら渡り歩いて来たシューズの中では一番の及第点。
なぜなら、
他には無い特徴のカスタムカーボンソールだからである。

220317303_org.jpg

カーボンソールをオーブンで温めてやると柔らかくなってカスタム出来る。
これは夢の様な物だと思った。
専用オーブンが無いのでオーブンレンジを最低温度200℃で10分余熱して短めで温め。
専門店的には良く無いらしいが…

220337533_org.jpg

すぐに履いて当たる気になるところを広げたり、
余っているところを押さえたり。

220337548_org.jpg

微調整は固い棒と(ドライバーの持ちて等で)
ドライヤーで温めてやる。
特に自分がこれまで渡り歩いて来たシューズで、
毎回顕著に痛みが出ていた親指外側と、小指外側部分、
ここが当たって痛い。そこを重点的に広げる。

それで履いてみてやっとそれなりに履けるシューズが出来上がった。
シューズの旅はまだ道半ば、
とりあえずはBONTについてもうちょっと書いてみよう。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター