シン・ゴジラはいいぞ(フィクションです)

IMG_1740.jpg

目撃した、シン・ゴジラ。

事前に評判を耳にしてしまって、
これは期待せざるを得ないフィルターをバンバンに掛けた上で見たシン・ゴジラ。
良かった。評判通りだった。

最近のと書くには今更感があるが、
映画の予告編詐欺的な煽り文句と煽り映像は、
予告見たら本編のいいとこ取りでもう終わってた感がしてならない。
今回のゴジラはそんな煽り文句何一つ無い。
豪華俳優もアイドルもテーマソングもお涙もオモチャコラボも無い。
いわゆるステマ臭が全く無い。
それって興行映画としてどうなのよ?宣伝する側としてすこぶる評判良く無いと言われていた。

ネタバレ無しであれこれ書くのは難しいから、
周辺の評判で上がった話題ばかりだけどツボを押さえた作りの映画なのは確かだ。
この映画を見るにつけ、
何ジャンルの映画と思って見に行くのか?
第一義としてもちろんゴジラ映画であり特撮映画として見に行った。
日本の特撮は本物っぽさを出す特撮じゃなくてミニチュアのそれっぽさを見るものだ。
大型ビル群をバリバリ倒したり、河川を遡上しながら道路を闊歩しながら車が飛ぶ壊れる。
ハリウッド映画だとなるべく重厚感を出すためにオールCGで大音響を演出するんだけど、
シン・ゴジラはミニチュア壊してるんだけどそれっぽいミニチュア壊してるなーを隠さない演出を楽しめる。
それがいい。それでいい。
特撮を見たい人はそれが見たい。

ゴジラがまだ第一形態から最初に登場するシーンの造形とか笑っていいところかな?

もう一つの主題は、
政治家ドラマ。
官邸で総理大臣とその周りが意思決定して行く様がとてもリアル(フィクションです)
それでここが笑いどころであって、実は一番映画の中で多くの時間を構成している。
なんか多くのレビューで現実の政府批判とか扇動的とか小難しく書かれているけれど、
自分はそんな風に思えなくて、シリアスなシーンの連続なんだけどすごく笑いどころと思って楽しめてしまった。
災害としてのゴジラ襲来に対して、緊急時の政府の対応ってあーなんだなあって納得してしまった。(フィクションです)
プロパガンダだとか政治批判だとか映画に対して言ってるけど、
え?映画ですよ。凄いどうでもいい。楽しめれば。

後半のゴジラを倒す作戦は、
もちろんエヴァのあの作戦なイメージなんだけど、
自衛隊の統率が取れた動きと作戦遂行能力に感心しつつ、
あの音楽が流れてワクワクを高めてくれるから最後までダレずに楽しめた。

IMG_1742.jpg

あ、ゴジラだこれ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

シン・ゴジラ音楽集 [ 鷺巣詩郎 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2016/8/5時点)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター