Eye-Fi X2ほかサービス終了のお知らせが来てしまって僕は…写真バックアップどうするか

IMG_1698.jpg

朝から、
”あなたの Eye-Fiカードに関する重要なお知らせ”
と言うメールが来てえ?となった。

何かよく分からんメールの内容でようするに、
あなたが使っているEye-Fiカードは古いのでもう使うな、
いや、使えなくなる的な内容だった。
さて困った。

自分のデジカメ写真の保存方法は、
このEye-Fiカードに保存したデータを帰宅したら即電源オンして放置、
すると無線LANで勝手にPCの保存フォルダに転送されて保存される。
それでここからが肝心で、
Eye-Fiカードを使うにあたってEye-Fi センターと言うデスクトップPC用ソフトを常駐しているのだが、
これがPCにデジカメデータを転送すると同時に、
設定したクラウドサービスにも転送してくれていたのだ。
自分の場合は「フォト蔵」を使っていた。

無料アカウントでは、最大解像度は制限されるけれども、
容量無制限に保存してくれていて便利だ。

つまりほぼ自動的に写真データのバックアップをしてくれていた。
これがEye-Fi センターも使えなくなる事によって出来なくなる。
これが一番痛い。

これまで通りフォト蔵にアップロードする場合、
貼る蔵と言うソフトへドラッグ&ドロップした上でアップロードボタンを押す、
と言うような作業が必要となる。
たかがそれだけと言うが、楽に慣れるとほんの数回の作業が面倒になるのだ。

単純にデジカメデータをPCに無線LANで飛ばすなら東芝が出しているFlashAirで良いのだが、
そこから先のバックアップの自動化をどうしたら良いかがまだ分からない。

フォト蔵へのEye-Fi センター経由での転送も便利だったのは、
自動的に日付でフォルダを区切ってくれた事。
写真整理においてジャンルとか内容で区切るのはやはり面倒で、
一番良いのは結局日付である。
日付で分かれていれば、
何かしら手がかりを持って探せば欲しい写真を探り出せるのだ。
ほとんどが自転車に関連する写真なので、
走行データを保存しているGARMIN Connectを参照すればあそこへ行った時の写真が何月何日で、
あの大会がいつだったかなどで探せる。

フォトストレージであるクラウドサービスも多々ある。
Flickr、AMAZONフォト、Google フォト、めぼしいところがこの辺か。
やりたい事をまとめるとこれ。

・デジカメからPCへの無線LAN転送
・デジカメ(PC)からクラウドへの自動転送(バックアップ)


何か代替案は無いだろうか。
期限は9月16日.。

とりあえずFlashAirか。


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター