亀はいかにして急勾配を超えたのか?矢作川ロング

DSC08020_201606301705422a2.jpg

亀が堤防道路の中腹に居た。
なぜか?
水場は遥かに下にある。
30度程度の堤防傾斜を亀は登れると言う事だろうか?
亀だけれどクライマーだ。

DSC08015.jpg

お天気が微妙だったけれど晴れ間も見えたので外を走る事にした。
さて出ようと思うと若干風がある。
それでいて蒸し暑さが感じられて非常にべっとり身体にまとわり付く。
梅雨らしい梅雨のこの季節走れるのは基調なので我慢するしか無いか。

DSC08019_2016063017054050f.jpg

定点観測いつもの。
非常に曇っている。
と言うか湿度が高いからか。
手前で一人ローディーが居て熱心に写真を撮っていた。
余りに熱心なので特に邪魔する事無くスルー。

DSC08016.jpg

どんよりの先っちょ。
このいかにもあちらで雨が降っていそうな季節はココロもどんよりする。

DSC08017.jpg

うーん全く先端が見えない。
下に猫が居るかふと見ると釣り人一人。

DSC08018_2016063017052986a.jpg

この解像度じゃ何か分からんだろう。
分からん方がいい。
いわゆるフナムシ、ゲジゲジ。
釣りやる人にはお馴染みだけど、受け付けない人には蕁麻疹出るかも。
これ見るとヨコハマ買い出し紀行を思い出すんだよね。
めるひぇんって奴?

実は表題の亀はもう一匹居た。
二匹も甲羅干しか。
良く登って来たものだ。

DSC08022_20160630170547a4c.jpg

kiriと言えばチーズだけど、
これ美味しかったなあ。リピートだ。

本日51km。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター