メンテ頻度が上がると、安いクリーナー(ディグリーザー)がいいが違いはあるのか?

DSC07840_20160611101303cdd.jpg

梅雨時なんで、
やたらと雨天走行を強いられる。
おかげで雨後のメンテナンス頻度が上がる。

先日も雨の降る中で帰宅したので、
直ぐにタイヤとリムの汚れ落としとチェーンラインを綺麗にした。
その時に毎回使うクリーナーと言うかディグリーザーは、
時々補充しているホームセンターの安売り品。

DSC07838_20160611101301275.jpg

パーツクリーナーとして販売されている、右側の大きいスプレー缶の方ね。
ホームセンターにも寄るけれど、
だいたい200円台の激安で販売されている。
容量は840ml

そして並べてある左側はと言うと、
AZで販売されているバイク用 チェーンクリーナー パワーゾル スプレー650ml と言うもの。
容量は激安品と比較して2割程度少ない。

チェーンクリーナーの方は実はチェーンオイルを購入した時の試供品で、
タダで貰ったものだ。

650mlのよりもさらに小さい試供品のminiスプレーも貰っていたので、
使わないとと思い使ってみたところ…

なんか汚れ落ちが良い、気がする。
ニトリルグローブ越しだけれど、
揮発による手の冷たさも高い様な、気がする。
買おうと思うと価格にしたら倍の違いがある。
AZ通販では税込み496円。

DSC07839_20160611101302380.jpg

成分表を見て比較してみた。

成分は同じ、石油系溶剤、噴射剤
説明や注意書きもほぼ同じである。
高い方の商品説明を読むと、
”遅乾タイプなので、チェーンの汚れをじっくり分解します。”
とあるので、より汚れが落ちやすい様に調整されているのだろうか。

タダで手に入れたので、
あえて比較する機会があったが、
汚れを落とすだけに洗い流してしまう使い捨て商品なので、
僅かな感覚的な違いなら安い方でもいいやと言う結論だった。

どちらも同じAZの製品なので、
スーパーの食品に良くある、OEM品と言うかPB品の類似性で性能にそこまで差が無いかもしれない。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター