流行りのタイヤ、ワイド化の流れに乗れず

233280019_org.jpg

ぎりぎりセーフか?
ギリギリアウトか。
これくらいだとタイヤの空気圧を変えるだけで擦るし、
異物を挟むとパンクリスクとなる。
駄目だなこりゃ。

実は今年に入ってからタイヤをかねてから流行の25cにしてみようと考えていた。
そして実際にSCHWALBE ONEの25cを購入して取り付けてみたのだ。
その結果がこれ。

フレーム側に関してはギリギリOKの範囲だったのだが、
ブレーキ側がリヤでアウトと判断した。
このブレーキはSRAM REDの旧世代(10速時代)のもの。
当時はまだそこまでワイドリムもワイドタイヤも流行っていなかったからなあ。

しかしたった2mmでここまで太くなるものだろうか?
ふとタイヤの幅を実測してみて分かった事がある。

DSC07664_20160422100327848.jpg
SCHWALBE ONE 23C(6.2bar):24mm~25mm
(前輪が24mmで後輪は25mm近くあった。)

233136891_org.jpg
SCHWALBE ONE 25C(6.2bar):26mm

つまりカタログ値で言う23cや25cと言うタイヤも、
実際はチューブを入れて空気圧を上げると表記よりも太くなる。
ついでに言えば使えば使う程にタイヤは太くなる。
徐々に干渉もしやすくなる。

最近のフレームはタイヤの幅やリムの幅の拡大化に対応して、
クリアランスを広めに取ったものも増えている。
ディスクブレーキ化されたロードバイクなんか特に気にしないで太いタイヤが履けるしね。
そこへ行くと一昔前のコンポやフレームに乗っていると、
流行りにも乗れない始末。

ブレーキを変えれば何とか使えそうだが、
そこまで投資する程か?
そう思って結局は25cタイヤを諦めてこれまで通り23cを継続利用するに至った。
ワイドタイヤはまたその日のために取っておこう。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター