ガルパンはいいぞ~、ガールズ&パンツァー劇場版4DXで映画鑑賞

IMG_1547.jpg

ガルパンことガールズ&パンツァー劇場版を、
4DXで見て来た。

4DXとは

やたらと何度もこの映画を見に行く人が居て、
そんなにいいもんかと思っていた矢先、
4DXと言う付加価値を付けた上映形態でやるというので行って来た。

ただでさえ通常料金が高いと感じて最近映画から遠のいているのに、
それプラス1000円を払ってまで体験する4DXとはなんぞやと興味半々で。
アニメ映画のストーリーの感想については、
それらメインのところで語り尽くされているので特に触れないが、
4DXとしての感想をちょろちょろ。

座席が4席ひとユニットで設置されている。
ドリンクホルダーには気になるボタンがあって水が出る演出のオンオフスイッチあり。
前の座席に何やら穴と背もたれの耳元にも何かがある気がする。

上映前にスタッフによる注意事項と安全確認まであった。
ポップコーンとドリンクを持ち込んだ客へ、
足元に置く様指示が。
どんだけだよと思ってしまう徹底ぶりだ。

いくつかのCMを挟んでいよいよ上映開始。
の前に4DXのプロモビデオがスタート。
カーチェイスの映像で道路をジャンプしたりドリフトしたらいきなり椅子が跳ねた。
これには周囲初体験者ばかりだったみたいで皆笑いや驚きの声が漏れる。
これかこれなのか。

そしてガルパン本編スタート。
おさらいが数分あってエキシビジョンマッチだ。
戦車が丘を超えるのに上を向くんだけどそれに合わせて座席がユニットごと上を向く。
そして戦車の走行振動に合わせて振動する。
戦車乗車視点の時は常時振動してる。

この映画の多い視点として砲頭の主観視点が多いのだが、
それに向かって相手側の射撃が戦車をかすめる。
それに合わせて耳元からエアがプシュと出るのがまさにリアル。
あああこれがそうなのか。
射撃されて軽く車体に連打されると座席背中にボコボコ突き出す、マッサージチェアみたいに。

対戦中は常に座席がグラングラン揺れるもんだから、
これはポップコーン何か食ってられんわ。
ついでにドリンクも無理である。ダージリン様みたいには行かない。

若干ネタバレ、この背中をボコボコする演出はボコのためかなと。
自分が鼻づまり気味だからか匂いについてはそれほど感じず。
何か良く分からん匂いが終始していたかな程度。

ミストや煙幕は最前列の左右から正面スクリーンをちょっと塞いでしまった感じだけど雰囲気作りにはありかな。
シャボン玉は謎だが。
そしてカチューシャの雨のシーンは本当に雨降り出した。
ちょっと小雨程度で濡れるけれどそこまで気にする程では無いくらいの雨。
タオル持参だっと意気込んだけれどそこまでじゃなかったか。

総じて4DXはこの映画に関してはとても自然で、
戦車と愛称が良いのが分かった。
と言うか最初からこの4DXありきで作った映画じゃないだろうかと思ったくらいだ。
戦車の挙動は振動、凹凸を超える時の前後に浮くところ、
弾がかすめる、当たる衝撃がまさにこの演出向きと感じた。
耳元でシュッと空気圧を出すのは弾道だ!ってなる。
後半の大学選抜との対戦はあの大型戦車、600mmm砲の着弾何かうおおおってなるから。
最終決戦では本当に全身力が入ってまさに手に汗握ると言えよう。


他のラインナップを見ると今は、
スターウォーズにオデッセイ、マッドマックスなどあったが洋画はどうだろう。
ガルパンは戦車シーンが全体の6割から7割を占めており、
4DX演出を感じ尽くすには最適だと思った。

通常価格プラス1000円は高いと最初は思っていたが、
見終わって見てこれは映画単体と思わず遊園地のアトラクションの一つと思って見れば
割にあった新しい映画の楽しみ方であると実感したのだった。
少なくとも3Dを初めて見た時よりも数倍感動した。

お金持ちだったらホーム4DXを作りたいぞ。
ホームシアターやオーディオの世界を知ってるとやりそうな人は居そうだ。

ガルパンはいいぞ~
未体験の方はぜひ。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター