削りだしがそそる、SRAM RED XG 1190 カセットスプロケット

DSC07070.jpg

円高が進んでいたので、
ついうっかり買ってしまった。うっかり?

使ってるスプロケットが11-32Tと結構なワイドレシオなんでこれが思いの外重い。
もうちょっと軽くならんかなあと思っていると、
エドコが同じく削りだしのスプロケットを出している。
しかし10速と11速をコンパチで作っているせいか変速調整がシビアらしい。
ならば似たような金額になったSRAM REDでいいか。

DSC07071.jpg

届いたので眺めてみる。
この構造、やばい。
エドコみたいに完全に一体物を削りだしでは無いけど、
8割が削りだし整形されたスプロケット。

DSC07072.jpg

その構成がこんな感じ。
トップ11Tだけ別体で、それにロックリング、
ロー32Tは別部品だけどリベットで結合されている。
そして28-12Tまでの8枚分が一体整形である。

DSC07073_20160211115914034.jpg
SRAM RED XG 1190:実測重量194g

DSC07074.jpg

ここで裏ワザ?
SRAM REDのスプロケットはギヤ間にゴムリングが嵌められている。
なぜかと言うと変速時の音鳴りを静かにするため?
変速性能には全く関係無いところ。

DSC07075.jpg

これを除去。
枚数があるからそこそこの軽量化になる。

DSC07076_20160211120251871.jpg

ゴム除去後の実測重量:186g

8g軽量化。
たったこの程度だけど数値で見ると190g台から180g台になるとちょっと嬉しさが違う。
このワイドギヤでDURAの通常ギヤ比重量と変わらんくらいになるしね。

DSC07092.jpg
参考、Shimano ULTEGRA CS-6800 11-32T:283g

あと一つ、
一体成型のスプロケットに変えた理由があった。
フリーと嵌合する部分がSRAM REDの場合は、
ローギヤとトップギヤの二点ではまる構造。
一枚ずつのギヤで踏み込む構造のアルテギヤと違って、
全体で回転力を伝えるのでよりロス無く力が伝わるのとフリーへの噛みこみが少なくなるかなと予想。

そして最後は何か、ただのじこまんと削り出しと言う造形への浪漫である。

スラム XG 1190 カセットスプロケット 11段

スラム XG 1190 カセットスプロケット 11段
価格:49,248円(税込、送料込)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター